注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上かかる人のための節約術

一人暮らしをしていても何かとお金はかかりますが、ガス代が8000円以上もかかっているという人も多いと言います。

では、その原因は何なのでしょうか?都市ガスとLPガスでも値段は違うのでしょうか?一人暮らしのガス代節約のために簡単にできることは?

ガス代が高い原因は●●だった?その原因と節約術について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

氷が冷蔵庫の製氷室で固まる、そんな場合の解決方法!

水さえ入れれば冷蔵庫の製氷室で簡単に氷を作ることができますが、できた氷が固まってしまって捨ててしまっ...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

服はレンタルもアリかも!結婚式の服で迷わずにすむ方法

結婚式の服は前と同じものは着れないなぁ~と思っている人におすすめなのが服のレンタルです! あま...

窓の隙間を埋めるのが暖房効率アップのコツ!お部屋の冷気対策

寒い季節になると窓際から冷たい風が入っていることはありませんか? 暖房をつけているのに、足元にひん...

一人暮らしが怖い!克服する方法は?住む場所選びも大切です

一人暮らしをするのが怖い、どうにかして克服したい!と思っている人に、どんな風にその気持を克服したら良...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

洗濯機が脱水するとガタガタ揺れる原因と対策について

洗濯機の脱水をするとガタガタと揺れることありませんか? 購入してから年数が経つともう古くなった...

ネットの情報に疲れる!疲れる理由とネットとの上手な付き合い方

ネットには色々な情報が溢れ、私達の生活を左右しています。自分がネットの情報にコントロールされているの...

塩を清めの為に持ち歩く人は増えている!使い方や交換時期を解説

日本人にとっては馴染み深い、盛り塩やお清めの塩。 神棚にお供えしたり、お店の玄関先やトイレなど...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

リビングのエアコンが効かないのはなぜ?その原因を解明します

温暖化の影響なのか、どんどん夏の気温が高くなってきているような気がきますよね。 そんな時にリビ...

スポンサーリンク

一人暮らしのガス代が8000円って高い?それとも普通?

ガス代はプロパンガスと都市ガスかどうかでかなり料は変わってきてしまいます。

プロパンガスの場合だと一人暮らしでもガス代が8000円いく事もありえます。

プロパンガスの使用量の大半は給湯によるものでしょう。

その為、もしガス代を節約したいのであれば、シャワーの使用時間を短くしてみましょう。
そして、シャワーの水圧も高いとその分ガスの使用量も上がってしまうので、バルブを少し占めて水圧を下げる様に工夫してみてください。
節水できるシャワーヘッドもありますので利用するのも良いでしょう。

もし根本的にガスを節約したいのであればガスを解約するのも手です。

慣れるまでは不自由ですが、基本料金もかからないので節約にはなるでしょう。

料理はIHや電子レンジ使用したり、カセットコンロで行えばまかなえます。

お風呂はお風呂バンスで沸かすと良いでしょう。

そもそも、引越しする際には都市ガスの物件に引っ越すのが一番なのかもしれません。

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上だったら乗り換えるという方法も

もし今プロパンガスでガス代の高さに困っているようでしたら契約を乗り換える方法もあります。

都市ガスは公共料金ですが、プロパンガスは自由料金となっています。
その為、今の契約している会社よりも安い契約会社があるかもしれません。

別のプロパンガスの会社に乗り換える

プロパンガスの適正料金は、基本的に1,500円ほどで、1㎡あたり300~400円が相場です。
もし今の契約している会社がこの基準よりも大幅に高い場合はプロパンガス料金消費者センターなどに相談してみると良いでしょう。

都市ガスに乗り換え

地域によっては都市ガスに変更できる場所もあります。

プロパンガスは都市ガスよりも1.5倍~3倍ほどガス代が高いといわれていますのでもし可能であれば都市ガスに乗り換えを検討してみましょう。

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上だったら、こうやって節約しよう!

ガス代を節約するためには、料理の際に使用するガスの使い方も見直しをして見ましょう。

一人暮らしの場合、節約するためにも家で自炊することも多いのではないでしょうか。

ほかのガス機器に比べるとキッチンで使用するガス代はあまり割合は高くありませんが日々の積み重ねが大切ですので以下の節約方法を実行してみてはどうでしょうか。

火が鍋からはみ出さないような火力で料理をする

大きめの鍋を使ったり、中火を使うことを心掛けることで無駄なガスの使用を抑える事ができます。

料理をする際は蓋をつかう

蓋をすることで無駄な熱を逃がさずに具材を煮たり焼く事ができるので蓋は積極的に利用しましょう。

電子レンジを使用して料理する

電子レンジを利用して料理を作る癖付けをするのも良いでしょう。
時短にもなって一石二鳥です。

ガス代を節約したいなら、お風呂の温度にも注意!

ガス代がかかるのは、やはり給湯の場合です。

給湯器はガス代がかなりかかりますので、お風呂の際のガス使用量でガス代は左右されることでしょう。

一人暮らしだと、ガス代がかかるからとお風呂の浴槽にお湯をためずにシャワーのみで済ます事が多いかもしれませ。

しかし、シャワーだけで済ませるのと料金はあまり大差ないようなのです。

なぜなら、特に冬場だとお風呂場が冷えていますから髪の毛を洗っている時などにシャワーを出しっぱなしにしている人は多いのではないでしょうか。

この行為はガス代を無駄にかかる原因となっていますので、なるべくシャワーを出す時間は短くした方が良いでしょう。

そして、お風呂に使うお湯の設定温度も節約につながります。

温度設定を高くすればその分お湯を温めるエネルギーとしてガスの使用量があがります。
あまり熱いお湯はリラックス効果も薄れてしまうようなので、設定温度を低くしても良いでしょう。

季節によってガス代はどう違う?

もちろん、季節によってガス代は変わってきます。

冬はガス代が高い

冬は家の外も中も冷えるためガスの使用量は自然と高くなるでしょう。

お風呂の浴槽に入る回数も増えますし、皿などの洗い物に使うお湯の高さも温かいお湯を使うようになります。

ガスを使用する暖房器具を使うとさらにガス代は高くなってしまうのです。

料理も温かい鍋料理を食べる回数が増えると思いますから、ガスの利用料も上がってしまうのです。

夏はガス代が安い

冬とは反対に、夏はガスの使用量が減ります。

お風呂はシャワーで済ませることが増えたり、皿などの洗い物に使うお湯の高さも温度が低くても大丈夫になります。

冬に使用していた暖房器具も使用することはないのでその分料金がやすくなります。

そして、料理も冷たいものを好んで食べたくなりますので、ガスを使用した料理を作る回数も減るのです。

季節によってもガス代は変動しますので、何にガス代がかかっているのか意識して生活してみると良いでしょう。