注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あなたが今着ているその服も帽子も、ポリエステル生地からできたものかもしれません。
では、ポリエステル生地にはどのような特徴があるのでしょうか。
ポリエステルの生地は、毛玉ができやすいのが難点でもあります。
ポリエステルの洗濯方法も併せてご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

神棚の掃除の頻度は少なくても半年に1回!失礼のない作法とは

神聖な神棚の掃除はしていますか? どのくらいの頻度で掃除はするものなのでしょうか? できれば...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。 ホワ...

掃除や片付けが苦手な人へ 掃除や片付けを楽にこなそう

掃除や片付けが苦手な人は多いのではないでしょうか?私自身も掃除や片付け苦手です。 掃除や片付け...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

服を買うことが苦手な人のための洋服の買い方を教えます!

少しでもおしゃれな服を着たいと思っていはいるものの、服を買うことが苦手という女性もたくさんいると言わ...

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。 以外に盲点なのが玄関ドアです。 特に...

チェックイン時間に遅れる時の対処法!ホテルへの連絡を忘れずに

宿泊の予約をしていたホテルのチェックイン時間に遅れそうな時は、前もって宿泊先のホテルに連絡を入れるこ...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

赤ちゃんには母乳?それとも粉ミルク?選択方法について

赤ちゃんを育てるのには母乳?それとも粉ミルク?どちらにするか悩んでいるのなら、先のことを見越して決め...

スカートの裏地が静電気でくっつく時の対処法と溜めない方法

静電気が原因でスカートの裏地がくっつくことってありますよね。歩く時に邪魔になるし、何よりも見た目もよ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもってい...

ネットで安い服を購入する場合に気をつけたいこと

ネット通販を見ると、驚くくらい安い値段の服がたくさんあります。 ついその安さにつられてポチっと...

鉄鍋の手入れは意外と簡単だった!その方法をご紹介します

鉄鍋や鉄のフライパンを使っていますか? 鉄製品はお手入れが面倒なイメージがありますが、意外と簡...

スポンサーリンク

ポリエステル生地の一番の特徴は、軽くて丈夫なこと

ポリエステルは化学繊維の中でも一番よく使われているため、手にする機会も多く身近な素材でもあります。丈夫でシワになりにくく扱いが簡単なので、日常着にもよく使われています。

ポリエステルの特徴

  • 丈夫で強い
  • 化学繊維の中では熱に強い方
  • シワになりにくい
  • 洗濯で縮む心配がない
  • 乾きが速い
  • 触り心地が滑らかで美しい光沢がある

ポリエステルは丈夫な素材で洗濯にも強く、低価格でもあるため日常着に向いている素材でもあります。生地がやわらかく、ポリエステル製の衣類は着心地も良いのが特徴です。ただし、ポリエステルは化学繊維のため肌が弱い人だと肌への負担が大きい場合があり、荒れを起こしてしまう可能性もあります。また、静電気が起きやすく、色落ちがしやすいという面もあります。

ポリエステル100%の生地は汗をかいても乾きが早いが、静電気が溜まりやすく毛玉ができやすい特徴がある

ポリエステルの特徴を紹介します。

ポリエステルは吸湿性が低いため濡れても乾くのが早い

汗をかいてもすぐに乾いてさらっとなります。シワになりにくく型崩れもしにくいので着崩れの心配もありません。洗濯にも強く、化学繊維の中では熱に強い方なのでアイロンを使うことができます。
劣化がしにくく扱いがとても簡単な素材なので、衣類などにも多く使われています。

ポリエステルは静電気が溜まりやすいという面がある

静電気が溜まりやすいと毛玉ができやすくなってしまい、丈夫な素材ですが毛玉のため見た目が悪くなってしまいます。ポリエステルを洗濯するときは柔軟剤を使うと静電気を抑えることができます。柔軟剤には滑りをよくして静電気を抑える働きがありますので、毛玉ができるのも防ぐことに繋がります。
柔らかく滑らかな生地ではありますが、肌が繊細な人に中にはチクチクして苦手という人もいます。

ポリエステルは化学繊維、天然繊維とは違って肌への負担が大きくなる

肌が弱い人はポリエステル製の衣類を直接肌に着ることは避けた方が良いでしょう。

ポリエステル生地の特徴を活かした生活用品は主婦の味方

ポリエステルはその特徴を活かして、衣類だけでなく生活用品でも様々な形で使われてしいます。乾きやすく型崩れもしにくいため、特に衣類に多く使われている素材です。
速乾性があり、伸縮性もあるため身体の動きに合わせて伸びるのでスポーツウェアにもよく使われています。シワになりにくいので洗濯の後もアイロンをかける必要がないため、主婦にとってはとてもラクな素材です。

最近では着物にも使われています。着物は衣類の中でも扱いが面倒なもののひとつで、保管にも汚れにも気を使います。ポリエステル100%の着物はクリーニングをすることができますので、敬遠されがちだった着物も身近なものになってきました。

他にも帽子やバッグ、リュックなどもポリエステルのものが多くあります。吸湿性が低いので汗や雨でもすぐに乾き、耐久性の高さも日常使いの帽子やバックには向いています。
毛布などの寝具、カーテンやカーペットなどにもポリエステルが多く使われています。ポリエステルは滑らかな生地も特徴なので、カーテンに使うとドレープや光沢が美しく、耐久性に優れているので丈夫で長持ちがします。

ポリエステル生地を洗濯する場合の注意点

ポリエステルは丈夫な素材で扱いも簡単ではありますが、洗濯をするときに気をつけておきたい点もあります。

ポリエステルは色落ちをチェックする

ポリエステルは色落ちがしやすいという面があります。普通に洗濯をすると色落ちを起こして色が薄くなったり、一緒に洗濯をした他の衣類に色が移ってしまう場合があります、洗濯をする前に色落ちを確認してください。

ポリエステルの衣類の目立たない部分に洗剤の原液を少しだけつけます。5分ほどおいてから白い布で洗剤をつけた部分をおさえてみます。布に色が移っている場合は色落ちがしてしまいます。

生地の洗濯表示を確認する

自宅で水洗いができるかどうか、洗濯表示を確認してください。衣類のタグに洗濯表示があります。洗濯機のマークか桶のマークがある場合は自宅で洗濯をすることができます。桶のマークにバツ印がある場合は水洗いをすることができません。その場合はクリーニングに出してください。

ポリエステル生地を洗濯機で洗う場合の方法

ポリエステル生地を自宅で水洗いできることがわかったら、次に洗濯の方法をご紹介します。
ポリエステルは静電気が起こりやすいため、洗濯のときに柔軟剤を使います。洗濯洗剤は通常の洗濯で使用しているもので十分です。

  1. 洗濯物を洗濯機の中に入れます。大切な衣類は洗濯ネットを使うと良いでしょう。
  2. 洗剤をセットしてください。このとき、柔軟剤もセットします。
  3. 通常コースで洗濯をします。大切な衣類の場合はドライコースや手洗いコースなどやさしく洗うコースを選んでください。
  4. 脱水まで終わったらすぐに取り出し、陰干しをします。

洗濯表示が桶に手があるマーク、または桶に手洗イという文字がある場合は、洗濯機は使わないで手洗いをしてください。

ポリエステルを手洗いする方法

  1. 洗濯桶に水を入れたら洗剤を溶かして洗濯液を作ります。洗剤は中性洗剤を使うことをおすすめします。洗濯用の中性洗剤はおしゃれ着洗い用の洗剤として販売されているもので、エマールやアクロンなどがあります。
  2. 洗濯する衣類を軽くたたんだら洗濯液の中に入れます。手のひらで押したり離したりして押し洗いをしてください。このとき、強く力を入れたり揉んだりはしないようにしてください。
  3. キレイな水にかえて、すすいでください。押し洗いと同じ容量で押したり離したりしながら洗剤を流していきます。すすぎの最後に柔軟剤を使ってください。
  4. 洗濯ネットに入れてから洗濯機で脱水をします。脱水は10~30秒くらいで短めにしてください。

ポリエステルはとても身近によく使われている素材です。その特徴をおさえておくことで、衣類や生活用品も上手に使い分けることができます。