注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

服はレンタルもアリかも!結婚式の服で迷わずにすむ方法

結婚式の服は前と同じものは着れないなぁ~と思っている人におすすめなのが服のレンタルです!

あまり着る機会がないけれど、なにかと値が張るドレスや小物・・・。そんな悩みを解決してくれるのがレンタルドレスです。

いつもとは違ったテイストのドレスを選ぶことができますよ。お友達と一緒にレンタルすると割引になったりと嬉しいサービスもあるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

寺や神社のお守りは複数持っていても大丈夫!神様は喧嘩しません

妊娠している時に「安産祈願」のお守りをたくさんもらった場合、これって全部持ち歩いてもいいのかな?と疑...

食後の体重が戻るまでにするべき事・してはいけない事

食後に増えてしまった体重はどうしたら元に戻るのでしょうか? ついつい食べ過ぎてしまったときには...

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を...

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

スマホの充電が遅い原因や対策と充電を長持ちさせる方法

スマホの充電が最近遅いと困っていませんか? なかなか100%にならず、もしかして故障!?と思ってし...

一歳半の子連れ旅行!みんなご飯ってどうしてる?教えて!

一歳半の子供を連れて旅行へ行く時、みなさんは『ご飯』どうしていますか? まだまだ、大人と同じ味...

キャラを動きがある魅力的なポーズにする描き方教えます!

漫画やイラストで必須なのことの1つは、キャラの魅力的なポーズが描けること。いつも棒立ちで同じ向きの動...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

男性が苦手で怖いという人が苦手意識を克服する方法

男性が苦手で接するのが怖い…という女性はいます。 特に中高と女子校育ちで、同じ年頃の男性と接する機...

30分間歩くと距離はどのくらい?ダイエット効果を上げる方法

徒歩30分とはどのくらいの距離を言うのでしょうか?30分歩くというのはけっこうな 距離を歩きますよね...

2ヶ月で10キロ痩せることができる?痩せる方法や注意点!

体型が気になっていてダイエットをしたい、またしている人は多いのではないでしょうか? ダイエット...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

スポンサーリンク

結婚式の服はレンタルがおススメ!その理由とは?

結婚式の招待状が届いたら、まずは日付と場所を確認しますよね。男性であれば手持ちのスーツで対応できますが、女性においては自分が主役でないにも関わらず、着ていく服や髪型をどうしようかと悩んでしまうもの。それが職場や親しい間柄の友人の結婚式ともなれば、やはり毎回同じ服でいくのもちょっと抵抗があるものです。

結婚式に着ていく服は、普段着と違って着まわしができないものが多く、そのわりにはわりと高額で販売されているため、さほど着る機会もないのに高いお金をか払うのはもったいない気もしませんか?こんな時は、衣装のレンタルがおすすめです。

  • 通販で安いドレスを買ったが、その後着る機会もなく眠ったまま
  • 妊娠中や産後まもなくなので、手持ちの服が入らない
  • ドレスのなかにはスパンコールやデリケートな素材で出来ているものも多く、お手入れが大変

こんなお悩みも、使う時だけ衣装をレンタルすることで解決します!

結婚式の服をレンタルするメリットとは?

そう何度も出番のない結婚式用の服のために高いお金をかけるよりも、レンタルする方が良いと考える方は増えています。レンタル用の衣装もその時々の流行を取り入れているため、以前に買ったけど今着るには少し古いかも…と感じる服を仕方なく着るよりも、ずっとオシャレに見えます。また、写真に写る機会が多い結婚式などででは服のレンタルを大いに活用するのは賢い選択と言えるでしょう。

また、結婚式以外でもお子さんのいるご家庭ならば毎回頭を悩ます入学式や卒業式の服、さらには七五三やお宮参りと、お子さんと一緒にレンタルの服を利用すれば自分で買いに出る手間も省けるので、かなりラクになりますね。

レンタル衣装を借りる際には、店頭で選ぶ他にもインターネット上で予約できる所もあります。自宅へ郵送してもらい、使用後は返却も郵送して終わりなので、気軽にレンタルすることが出来ます。自分の生活スタイルに合わせて活用しましょう。

結婚式の服をレンタルするのは賢いかも!

結婚式に関するあるアンケートでは、約9割の方が自前の服で結婚式に出席するそうです。ジャケット・ワンピース・スカートがセットになったタイプであれば、手持ちの服をプラスして何回かは着回すことが出来るので、服選びにかける金額と時間を考えたら、効率は良いかもしれません。

ただ、出席者が同じような顔ぶれの結婚式が続いた場合などは、写真に残ることを考えると、そう何度も同じ服を着ていくのも避けたいもの。また、体型に変化があった場合などは、せっかく買った高価な服も着られなくなってしまいます。

また、実際に結婚式用の服をレンタルしたことがある人では、パーティードレスのレンタルにかかった費用が5,000円~10,000円だったというケースが約4割を占めています。5,000円未満で済んだという人も2割近くいることから、レンタルにかかる費用は5,000円前後であればOKと考える人も多いことがわかります。

また、和装であれば着物のほかにも小物もセットでレンタルすることが多いため、30,000円を超えたという人が約4割も。親族などの特別な間柄の人の結婚式に出席する際に和装を選ぶ方が多いようです。

結婚式の服をレンタルするとこんなメリットも!

結婚式の服をレンタルするうえでのメリット

レンタルならクローゼットを占領しない

パーティードレスやワンピースなどは、畳んでしまっておくこともできないため、ハンガーにつるしてクローゼットに収納することになりますが、普段着ない服に貴重なスペースを占領されがち。レンタル衣装ならば、クローゼットの空きスペースを有効活用出来ます。

体型の変化を気にしなくて済む

女性はある程度の年齢を過ぎると、体重に大きな変化がなくても、徐々に体型が変わってくるものです。また、妊娠や出産によって、手持ちの服が入らない場合なども、レンタルすることによってその都度自分の体型に合った服を選べるので、無駄な出費を省くことが出来ます。

着用後のお手入れが不要

基本的には着用後の服はそのまま返却可能なので、クリーニングやその後の保管にかかる手間が必要ありません。

結婚式に着る服をレンタルするときにはどんな事に気をつけるべき?

いざ結婚式の服をレンタルする際に、気をつけるポイント

なるべく早めに予約する

時期によっては品薄な場合もあるため、結婚式出席することがわかった時点で、なるべく早めに予約してしまいましょう。インターネット予約であれば現在貸し出し中のものでも予約することが出来ますが、サイズをきちんと確認するひつようがあります。
その点、実際に店舗で借りる際には試着が可能ですが、現在借りられていないものに限りますので、試着をすること前提であれば、何度も店舗に足を運ぶ必要が出てきます。

事前のサイズ確認はしっかりと

実店舗で試着した場合を除いては、その服のデザインとともにサイズが重要となってきます。新婦が着るウエディングドレスは着用できるサイズにもある程度の幅を持たせていますが、レンタルのパーティードレスなどは自分に合ったサイズの物を選ばないと、届いて着てみたらサイズが合わなかったという事態になりかねません。

各ブランドによって同じサイズ表記でもサイズ感がまちまちだったりしますので、きちんと実寸サイズも確認するようにしましょう。