注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

カシミヤのコートの暖かさとは?カシミヤコートの着こなし

カシミヤのコートはどのくらいの暖かささなのでしょうか?コートを買うときに悩むのが、デザインや値段、暖かさではないでしょうか?

カシミヤのコートはどのような特徴があるのでしょうか?高級素材のカシミアコートはそのような着方をすればいいの?また、取り扱い方法とは?

できるだけ長持ちさせたいのならコートを着たまま、アレをしてはいけないそうです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

高校の学校見学の時の服装について。生徒や保護者の場合と注意点

学校見学は子供だけで行く場合、友人何人かで行く場合、保護者も付きそう場合があるでしょう。 子供が通...

本についたシミやカビを諦めない!キレイにする方法とやり方とは

長い期間しまっておいた本を見たら、カビやシミがびっしりついていた!ということはありませんか? ...

駐車場でぶつけらたら?防犯カメラが当て逃げを捕まえる

駐車場で車をぶつけられた経験ありませんか?ドライブレコーダーや防犯カメラに当て逃げした車が写っている...

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そ...

電車のトラブルに巻き込まれたときの対処法や予防方法をご紹介

電車のトラブルに巻き込まれないようにするにはどんな対処法があるのでしょうか? トラブルが起きな...

リビングのエアコンが効かないのはなぜ?その原因を解明します

温暖化の影響なのか、どんどん夏の気温が高くなってきているような気がきますよね。 そんな時にリビ...

絵が上手い子供について。親子で書くことを楽しむには

絵が上手い子供になって欲しいと願うなら、子供に対してどのような声掛けをしながら接すると良いのでしょう...

友達からの遊びを断りたい!無難な断り方とスッキリ断る方法

友達からの遊び。 嬉しいけれど、行けない。 行きたくない。 行こうと思っていたけど、前の日にな...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

スカートの裏地が静電気でくっつく時の対処法と溜めない方法

静電気が原因でスカートの裏地がくっつくことってありますよね。歩く時に邪魔になるし、何よりも見た目もよ...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

スポンサーリンク

カシミヤのコートの暖かさはコートの中では一番?

コートを買う時や、ちょっと寒い日に外に長時間でかける時など、どのコートにしようか迷う事があるかと思います。

たとえば、ウール100パーセントやカシミヤ100パセーントのコートだとしても、その丈や、ブランドの使用している素材の品質によっては暖かさだったり、着心地だったりも違います。

Pコートは防寒性が高かったり、ステンカラーコートは風を防いでくれたりする効果が高かったりなど、コートの種類によってもそれぞれの暖かさを保つ種類や着心地も違いますし、見た目も印象も変わります。

素材によって特徴がありますが、暖かさもその状況にもよりますし、軽さなども品質によっても変わります。

カシミヤの特徴

  • カシミアヤギの毛、それを織った布。

カシミヤは細い毛で密度も高いので暖かいです。
絹のようななめらかな手触りで軽いし光沢もある人気高級素材です。

しかし、デリケートと言われているアンゴラよりも摩擦に弱く擦り切れやすいです。
毛玉もできてしまいやすく、着心地はいいのですが使い勝手はよくありません。
もしもカシミヤのコートを選ぶのであれば、他の素材も入っているものの方がお手入れなどを考えてもお勧めです。

カシミヤのコートは暖かさがあるけれどお手入れが大変?

暖かいといわれている素材

  • カシミヤ
  • アンゴラ
  • ウール
  • ポリエステル

カシミヤはとても暖かいのですが、高級素材であり、お手入れも大変になってきます。
暖かいと言われている素材の中では、お手入れが一番簡単なのはポリエステルが丈夫です。
値段が高ければ高いほど高級な素材を使用しているとは言えず、デザイン料なども入っての値段なので注意が必要です。

高くてカシミヤと書いていても、表示をみたら、気持ち程度に他の素材に入っている位だったりする事もあるので、表示なども確認しましょう。

カシミヤのコートは、ほとんどトレンチコートやチェスターコートのような形です。

これらはダウンコートに比べてしまえば寒さを感じてしまいます。
首元まで閉めれたり、袖も絞られ寒い空気が入らないダウンコートの方が防寒性としては実感できるでしょう。

カシミヤ以外のコートの暖かさは?

●ウール
羊の毛でできているウールも暖かいですよね。
暖かくて保湿性もあり、シワにもなりにくいです。
よくPコートやダッフルコートなどの表地に使用されています。

ウールは暖かいのですが、重みがあります。
そのウールの品質によっては、肌触りがよくない事があります。
かたくて、チクチクと刺さるような感じがあるものもあります。
着膨れもしやすく気になる人や、肌が弱い人などは気をつけましょう。

●アンゴラ
通常のウサギやヤギなどよりフワフワなアンゴラウサギやアンゴラヤギの毛です。
フワフワして可愛いし、肌触りもいいですし、暖かくて軽いのでお勧めです。
ただ、摩擦に弱くて毛が抜けてしまったり他の服に付いてしまいやすいために気をつけましょう。

●ポリエステル
ポリエステルは自然素材ではなく化学繊維です。
丈夫で水に強くて乾きやすくシワにもなりにくくて軽いという特徴があり、使い勝手や加工のしやすさで色々な服に使われています。
ジャケットやウィントブレーカーなどでも使用されていたりします。
値段も手ごろで手入れもしやすいのですが、暖かさや肌触り、着心地のよさでは自然の繊維よりは劣ってしまいます。

カシミヤのコートは長く着たい!長持ちさせるには?

ちゃんと管理して長く使えるようにしましょう。

カシミアのコートは脱ぎ方に気をつけましょう

キレイな状態のコートでいられるように重要なのが脱ぎ方です。

暖房などで暑く感じるような時は脱ぐ

もしもうっすらと汗をかいていても着たままでいると湿度が高くなってしまいます。
そうするとカシミヤの素材が湿気を吸ってしまいます。

その後に再び乾燥している外を着たまま歩いていると、シワが定着してしまったりシルエットが崩れてしまいます。

座る時も脱ぐ

車に乗る時や椅子などに座る時に、コートを着たままでしたら生地が伸びてしまったり摩擦がおきてしまい、毛玉になったり劣化してしまいます。
短い時間でも脱いで大切にしましょう。

ストールやハイネックのセーターなどで首周辺の傷みを防ぐ

首周りのシミや汚れを防ぐために、ストールやタートルのものを合わせて、肌とカシミヤ素材のものが触れないようにしましょう。

カシミヤのコートのお手入れ方法とは?

定期的にクリーニングに出す事はもちろんですが、毎日洗わなくてもブラシをかけましょう。
着た後にブラッシングするだけでも、繊維の奥にたまってしまったホコリを落とす事が可能になります。

カシミアコートのブラシかけ方

こすらないように注意しながらホコリを払い飛ばすイメージでかけましょう。

  • 最初は毛の流れに逆らってブラシを当てる。
    流れと逆にブラッシングする事によってホコリを出してくれる効果があります。
  • 毛の流れに沿ってブラシを当てる
    最後に毛の流れを整えるようにブラッシングしましょう。

ブラッシングする時はその素材に合わせたブラシを使用しましょう。
カシミヤやシルクは、ウールや革用より柔らかめのもので、ナイロンの毛のもの、特にお勧めは天然繊維のもの、豚の毛のものがいいでしょう。