注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

FFの雪道対策 雪道を運転するときの注意点やポイント

FFで雪道を運転するときにはどんなことに気をつけたらいいでしょうか?雪道運転の対策とは?FFで雪道を運転するときはこのようなことに注意しましょう。

また、雪道を運転するならやはりFFよりも4WDのほうがいい?スキーやスノーボードに行くのであれば悩んでしまうのが車の駆動方式ですよね。

雪が降ったときのFFの運転方法や雪道対策について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

天中殺の過ごし方、恋愛をしやすい時期だが同棲結婚は焦らずに

天中殺とは、12年に一度だけ巡ってくる2年間のリセット時期。 この天中殺の過ごし方の中でも大きく影...

体の水分量を減らす方法とは?これが正しい情報です!

ダイエットをしている人は、体重を減らすために極力体の水分量を減らすようにしているのではないでしょうか...

馬の置物の風水効果とは?置く場所や顔の向きがポイント

運気を良くしたい!財運をアップさせたい!と思いませんか? 皆さんもよく知っている風水では、馬の置物...

2ヶ月で10キロ痩せることができる?痩せる方法や注意点!

体型が気になっていてダイエットをしたい、またしている人は多いのではないでしょうか? ダイエット...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。 賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができませ...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

ボーナスについて!ボーナスが30万ならその使い道は

ボーナスの時期が近づくと何に使おうか、いくら貰えるのかとワクワクしますね! 皆さんどのくらいボ...

奥行きの収納方法は?洗面所の狭いスペースをスッキリさせる方法

あなたのお家の洗面所はスッキリしてしますか?物でごちゃついていませんか? 洗面所といった限られ...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGと...

ストッキングの穴はこれで応急処置!使えるアイテムと再利用法

職業柄ストッキングの着用が必須だったり、スカートなどの洋服のスタイルによってはストッキングを履くこと...

家族が布団で寝る時の寝方、やっぱり川の字で広い布団で快適に

新婚時代は夫婦でダブルベッドというスタイルが多いでしょう。 子供が出来ると子供はどこに寝かそう...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

スポンサーリンク

FFで雪道を走るときの対策とは?

FFの車で雪道を走る時の注意点を紹介します。FFの車は前輪駆動だからカーブの時にお尻を振りやすいのです。FR車比べると、一度滑るとコントロールが出来なくなるのがFF車の特徴です。

FF車で曲がる時はすべらないようにゆっくり曲がることを意識しましょう。そのためにはカーブのかなり手前で減速をして、ハンドルをいつもよりゆっくり回すようにします。普段の運転でハンドルを早く切ってしまう癖のある人は注意しましょう。滑らないようにゆっくりとした速度でカーブに進入します。アクセルもゆっくり踏みます。勢いよく踏むのはやめましょう。

直線を走るにはFF車でも安心して走ることが出来ますが、曲がるときや雪が積もっている時は注意が必要です。

雪道対策なら4WD?FFでも大丈夫?

雪が多く降る地域では4WDの方がいいとわかっていても、FFの車と悩んだりしたことありませんか?4WDの車は装備が増えるので重量が重くなります。当然燃費も悪くなります。そしてなにより1番悩むのは金額が高いことではないでしょうか。

あまり雪が降らない地域、雪道を走らない人は4WDの車を買う必要はありませんのでFFの車を選ぶ人が多いはずです。

私は冬は毎週スキー場に通っています。普段は除雪されたり、圧雪されているのでFFの車でも楽々です。4WDにする必要はないと感じています。重量も重くなり燃費が悪いうえに金額も高いんですよ。

4WDの車を買う理由の1つは安心を買うことだと思います。雪道で立ち往生してしまい車が進めないなどの悩むこともがなくなります。雪道で頼りになるのは4WDの車が一番安心です。予算に余裕があれば私は4WDの車を購入することをオススメします。

FFの車に乗っていても、大雪の日は外出しないなどできるならFFの車でもいいと思いますよ。

FFやFRの雪道対策はハンドル?一番大切なのは

  • FF車
    車の中で一番多い方式の前輪駆動車は前にエンジンがあって、前のタイヤが動きます。雪道は比較的に走りやすいと言われていますが、カーブでハンドルを切る時に、急に切るとタックインという現象が起こりやすくなります。
  • FR車
    FRの車は雪道には適していないと言われています。フロントにエンジンがあって、後輪が動きます。駆動側が思うほうが車輪と路面の摩擦が強くなるので、進む力が強くなりますが、前にエンジンがあるFR車はパワーを推し進める力が伝わりません。坂を上がる時も後部が左右に揺れるのです。下り坂では前のタイヤが滑りやすくなるので、雪道では不利です。

FRの車では出来るだけ外出をしないようにしましょう。どうしても運転しないと行けない場合は砂の袋を後輪の場所に1つずつ積んで置くと重りの代わりになります。

FF、FR、4WDどれでも自分の車がどんな駆動式で動いているか理解しておくことが大切です。

FFで雪道を走るときの対策ポイント

FFの車は前にエンジンを積んでいます。平地では前輪に重さがかかるようになっていますが、上り坂では重心が後ろになるので、駆動輪の前輪がスリップしやすい状態になります。

雪道で停まってしまうと、アクセルを踏んでも前のタイヤが空回りしてしまい簡単には抜け出すことが出来ません。もしあなたの車が先頭だと大渋滞を起こすこともあります。遅いスピードで走行しているとこのようなことがありません。先に走っている車が何らかの理由で停まっても自分は走られるように車間距離を保つ必要があります。

ほとんどのFF車は構造上車高が低く作られています。積雪が深い道に入ってしまうと雪がボディを押し上げてしまい車輪が浮いた状態になります。そうなると空回りしてしまうのです。積雪で車輪が空回りしてしまったら、車の下やタイヤ周りの雪を取り除き走れるようにしましょう。万が一のために、スコップや手袋などはいつもトランクなどに積んで置くことをオススメします。

雪道を運転するときに注意することとは?

車の上に積もっている雪は出来るだけ落としましょう。そのまま走り出してしまうと、ブレーキを踏んだ時に、フロントガラスに覆いかぶさり前が見えなくなります。信号で停まる時に起こる可能性が高いです。前が見えないと発進できなくなり、後続の車の迷惑になりますので、車を出発させる前には必ず雪を全部下ろしましょう。

又靴の裏についた雪も車に乗る前に落とします。滑ってペダルの操作を間違う可能性もあります。車の中に雪を入れると湿度が上がり、フロントガラスが曇り場合もありますので注意が必要です。

一番大切なことは、雪道を走る時は、いつもよりもゆっくりしたスピードで走ることが大切です。雪道に慣れていない人は「わだち」でハンドルを取られてしまうこともあります。雪が積もると道も混んでいますので、時間に余裕をもって家を出るようにしましょう。特に通勤の時は普段出ている時間より1時間ぐらいは早めに出るようにしましょう。それでも会社に間に合わない場合は、早めに連絡を入れるようにしましょう。