注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ダウンジャケットの洗濯をコインランドリーでする場合の注意点

1シーズン着用した後のダウンジャケットの洗濯は、クリーニング店に頼んだ方が良いことはわかっていても料金が高いからなんとか自分で洗いたいと考えてしまいますよね。

でも、自宅の洗濯機が小さい場合はコインランドリーでも洗うことができるのでしょうか?洗濯する場合に気をつけることは?

ダウンジャケットを自分で洗う場合の注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アメリカではトイレの紙を流してもいい?アメリカのトイレ事情

アメリカのトイレでは紙を流せる?それとも流せない?国によって違うトイレ事情ですが、日本のつもりでトイ...

電子レンジのオーブン機能の使い方や注意点を紹介します

電子レンジのオーブン機能の使い方がわからないから、温める専門として使っている人は多いのではないでしょ...

試してみたい!願いが叶う方法や考え方について

誰しもが「こうなりたい」という願望がありますよね。 その願望がもし努力をして叶うものならば、自分の...

シーリングファンの効果が知りたい!夏の使い方を紹介!

シーリングファンが天井にあると、それだけでオシャレな雰囲気が楽しめますね。 またシーリングファ...

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

掃除や片付けが苦手な人へ 掃除や片付けを楽にこなそう

掃除や片付けが苦手な人は多いのではないでしょうか?私自身も掃除や片付け苦手です。 掃除や片付け...

スマホの充電が遅い原因や対策と充電を長持ちさせる方法

スマホの充電が最近遅いと困っていませんか? なかなか100%にならず、もしかして故障!?と思ってし...

給油口のキャップを紛失したら!重要な対処方法について

最近はガソリンや軽油をセルフで入れられるようになって、給油口のキャップをし忘れてしまう場合も。もし紛...

編み物の棒針は難しい?初心者でも作れる作品やおすすめグッズ

編み物を始めたいと思っている方、棒針だと少し敷居が高いと感じていませんか?編み物には一般的に棒針とか...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

同棲のための部屋探しはいつから?早すぎるのはNGです

大好きな彼氏との同棲が決まると、ウキウキしちゃいますよね。 一番楽しみなのは一緒に住むことにな...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

大学を卒業できない夢を見た!夢の示す意味と隠れている深層心理

大学を卒業できない夢を見てもやもやした目覚めを経験したことがある人もいますよね。実際に自分が大学卒業...

ヤモリは駆除せず、凍らせるスプレーで動きを止めて逃がそう

ヤモリは害虫を食べてくれる家の守り神とは言われているものの、実際に家に現れるとおどろきますよね。 ...

スポンサーリンク

ダウンジャケットの洗濯はコインランドリーでも可能?

まず結論から言えば、ダウンジャケットを自宅の洗濯機やコインランドリーで洗うこと自体は可能です。

衣類の洗濯表示タグを良く見てると、ドライ可またはドライ不可のマークが付いています。ドライクリーニングとは、水の代わりに油性の溶剤を使って衣類を洗う方法のことですが、この洗濯方法ではダウン(羽毛)の油分までもが失われてしまい、ダウン特有のふっくらとしたボリュームがなくなってしまうため、せっかくの保温性までもが低下してしまいます。

そのため、ダウンジャケットを洗う際には、ドライクリーニングではなく水洗いが適しているのです。水洗いが可能だということは、コインランドリーで洗うことも出来ると言えるわけです。

ただし、ダウンジャケットに使われている羽毛は、その空気を逃さないという特性から、水に浸けただけでは浮いてしまいます。そのため従来のタテ型の洗濯機では十分に洗うことが出来ないだけでなく、生地を痛める原因にもなるため、ダウンジャケットを洗濯機で洗う際には、ドラム式洗濯機を使用するようにしましょう。

洗濯機に入れる前に、襟や袖周りなどのとくに汚れやすい部分だけ、あらかじめ予洗いしておくと良いでしょう。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯した後は乾燥も大切です

ダウンジャケットを水洗い出来ることはすでにご紹介しましたが、ここで一番大切なのは、しっかりと乾燥させることです。それも、ただ干して乾くのを待てば良いということではありません。せっかくキレイになったとしても、せっかくのダウンのボリュームが失われてしまっては、「やっぱりクリーニングに出せば良かった!」と後悔する羽目になりかねませんよね。

ダウンジャケットを乾かす際には、中にある羽毛もしっかりと乾かすことを念頭に置く必要があります。乾燥機を使わないのであれば、脱水後にジャケットを手でパンパンと軽く叩き、中の羽毛の偏りをなくすようにします。

せっかくコインランドリーを使用するのであれば、乾燥機も使うとよりしっかりと乾かすことが出来ます。その際はドラム式乾燥機の温度を低温に設定し、じっくりと乾かすことで、よりふっくらと仕上がります。

ダウンジャケットの洗濯と乾燥をコインランドリーでする場合の注意点とは?

ダウンジャケットと一口に言っても、様々なタイプがありますよね。コートのインナーとして使用されることが多い、ボリュームの少ないコンパクトなタイプは、一見すると自分で洗うことも簡単そうですが、このタイプはキルティングが細かいものが多く、ひとつひとつのスペースが狭いため、乾燥させる際にも中の羽毛が広がりにくく、洗濯前のようなボリュームが戻りにくいのです。
自分でお洗濯をされる際には、この点を考慮して納得したうえで行うか、なるべくプロにお任せした方が良いでしょう。

また、コインランドリーで洗濯から乾燥までをすべて行うと、それなりのお値段にはなりますが、それでもクリーニング店に出すことを考えればまだお安いものです。乾燥機代をケチったがために十分に乾燥出来ず、結果的にダウンのボリュームが復活しないといった失敗を考えれば、多少お金はかかっても乾燥機を使って中の羽毛までしっかりと乾かすほうが、賢い選択だと言えるでしょう。

ダウンを洗濯した際に、乾いたあとに異臭がする場合があります。これは、ジャケットに詰められる前にダウンを洗浄・脱臭させる処理が十分に行われていなかったことが原因であり、洗濯したことでそれらに雑菌が繁殖し、嫌なニオイの元となっているのです。

これを防ぐためには、洗う時間を長めにして、洗剤を全体に行き渡らせることと、酸素系漂白剤を使用して除菌をすることが効果的です。

ダウンジャケットをコインランドリーの乾燥機で乾かす時のコツとは?

洗濯したダウンジャケットを乾燥機で乾かす際には、以下の点に注意しましょう。

  • ダウンジャケットを裏返しにし、その際ファスナーやチャックは全て締める
  • 乾燥機を低温設定にする
  • いきなり長時間に設定するのではなく、数分ごとに様子をみる(10分毎)

ダウンジャケットを乾燥機に入れて回す際の裏ワザとしては、一緒に乾燥機用のボール(テニスボールでも可)を2つほど入れてみてください。乾燥機の中でボールがバウンドすることで、ダウンジャケットの表面が軽く叩かれ、中の羽毛が空気を含みやすくなるので、よりふっくらとした仕上がりになりますよ。

ただし、ボールがバウンドするたびに、かなり大きな音が発生しますので、受付に人がいるコインランドリー等では、先に一声かけてから行った方が良いでしょう。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯することに不安がある場合は?

ダウンジャケットの中には、かなり高価な品もあるため、失敗した時のことを考えると、自分で洗濯することを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。いくら注意して洗濯したとしても、元通りに膨らまずにガッカリする可能性も少なくないですよね。

もしも、自宅やコインランドリーでダウンジャケットを洗濯してみるのであれば、一番のお気に入りや高価なモノはなるべく避け、もし洗濯に失敗してしまっても諦めがつくモノで試してみたほうが無難でしょう。

ダウンジャケットは高価なモノが多いですが、毎シーズンごとにキチンとお手入れして正しい保管方法さえ守っていれば、いつまでも愛用できるようにクリーニングに出すことで、結果的に長く使用することが出来ます。

クローゼットの中でかさばって場所を取るのを避けたいのであれば、クリーニングのあとにダウンジャケットを使うシーズンまでそのまま預かってくれるサービスもあるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。