注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ダウンジャケットの洗濯をコインランドリーでする場合の注意点

1シーズン着用した後のダウンジャケットの洗濯は、クリーニング店に頼んだ方が良いことはわかっていても料金が高いからなんとか自分で洗いたいと考えてしまいますよね。

でも、自宅の洗濯機が小さい場合はコインランドリーでも洗うことができるのでしょうか?洗濯する場合に気をつけることは?

ダウンジャケットを自分で洗う場合の注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

氷が冷蔵庫の製氷室で固まる、そんな場合の解決方法!

水さえ入れれば冷蔵庫の製氷室で簡単に氷を作ることができますが、できた氷が固まってしまって捨ててしまっ...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

算数ができない子供。どうしたらいいの?算数が好きになる魔法!

算数ができない子供、算数が得意な子ども。 この2つの差ってなんだと思いますか? それは、算数...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

本の内容のまとめ方、本を要約するポイントと書き方のコツ

本を一冊読みその内容をまとめしようとしても、まとめ方がわからないという方も多いでは? 本の内容...

スカートのチャックが壊れたときは?直し方をご紹介!

スカートのチャックが動かなくなってしまったときって焦りますよね。 では、チャックが壊れてしまったと...

パンプスの色がストッキングについて黒くなるのを防ぐ方法とは

パンプスを履いたときに色移りしてストッキングが黒くなるのはかっこ悪い!だからといって、素足でパンプス...

高校生活への不安や怖い気持ち。引きずらずに自分らしくいる方法

高校生活への不安や怖いと感じる気持ち、とってもよくわかります。 未知の世界を想像すると恐怖や不安を...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

アルバムを手作りして仕掛けでサプライズ!簡単なアイデアを紹介

アルバムの手作りや仕掛けのサプライズはプレゼントとしても最適です。 大切な友達や彼氏に喜ばれる仕掛...

奥行きの収納方法は?洗面所の狭いスペースをスッキリさせる方法

あなたのお家の洗面所はスッキリしてしますか?物でごちゃついていませんか? 洗面所といった限られ...

絵が上手くなる方法。まずはどんな顔を描きたいのかを決めよう

絵が上手くなる方法【顔】 顔を描く時に、注意しなければならないいくつかの点があります。 それ...

メールがウイルスだった!?開くだけで感染するメールの実態

「メールを開くだけでウイルスに感染してしまう」こんな噂を耳にしたことありませんか? メールを見ただ...

スポンサーリンク

ダウンジャケットの洗濯はコインランドリーでも可能?

まず結論から言えば、ダウンジャケットを自宅の洗濯機やコインランドリーで洗うこと自体は可能です。

衣類の洗濯表示タグを良く見てると、ドライ可またはドライ不可のマークが付いています。ドライクリーニングとは、水の代わりに油性の溶剤を使って衣類を洗う方法のことですが、この洗濯方法ではダウン(羽毛)の油分までもが失われてしまい、ダウン特有のふっくらとしたボリュームがなくなってしまうため、せっかくの保温性までもが低下してしまいます。

そのため、ダウンジャケットを洗う際には、ドライクリーニングではなく水洗いが適しているのです。水洗いが可能だということは、コインランドリーで洗うことも出来ると言えるわけです。

ただし、ダウンジャケットに使われている羽毛は、その空気を逃さないという特性から、水に浸けただけでは浮いてしまいます。そのため従来のタテ型の洗濯機では十分に洗うことが出来ないだけでなく、生地を痛める原因にもなるため、ダウンジャケットを洗濯機で洗う際には、ドラム式洗濯機を使用するようにしましょう。

洗濯機に入れる前に、襟や袖周りなどのとくに汚れやすい部分だけ、あらかじめ予洗いしておくと良いでしょう。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯した後は乾燥も大切です

ダウンジャケットを水洗い出来ることはすでにご紹介しましたが、ここで一番大切なのは、しっかりと乾燥させることです。それも、ただ干して乾くのを待てば良いということではありません。せっかくキレイになったとしても、せっかくのダウンのボリュームが失われてしまっては、「やっぱりクリーニングに出せば良かった!」と後悔する羽目になりかねませんよね。

ダウンジャケットを乾かす際には、中にある羽毛もしっかりと乾かすことを念頭に置く必要があります。乾燥機を使わないのであれば、脱水後にジャケットを手でパンパンと軽く叩き、中の羽毛の偏りをなくすようにします。

せっかくコインランドリーを使用するのであれば、乾燥機も使うとよりしっかりと乾かすことが出来ます。その際はドラム式乾燥機の温度を低温に設定し、じっくりと乾かすことで、よりふっくらと仕上がります。

ダウンジャケットの洗濯と乾燥をコインランドリーでする場合の注意点とは?

ダウンジャケットと一口に言っても、様々なタイプがありますよね。コートのインナーとして使用されることが多い、ボリュームの少ないコンパクトなタイプは、一見すると自分で洗うことも簡単そうですが、このタイプはキルティングが細かいものが多く、ひとつひとつのスペースが狭いため、乾燥させる際にも中の羽毛が広がりにくく、洗濯前のようなボリュームが戻りにくいのです。
自分でお洗濯をされる際には、この点を考慮して納得したうえで行うか、なるべくプロにお任せした方が良いでしょう。

また、コインランドリーで洗濯から乾燥までをすべて行うと、それなりのお値段にはなりますが、それでもクリーニング店に出すことを考えればまだお安いものです。乾燥機代をケチったがために十分に乾燥出来ず、結果的にダウンのボリュームが復活しないといった失敗を考えれば、多少お金はかかっても乾燥機を使って中の羽毛までしっかりと乾かすほうが、賢い選択だと言えるでしょう。

ダウンを洗濯した際に、乾いたあとに異臭がする場合があります。これは、ジャケットに詰められる前にダウンを洗浄・脱臭させる処理が十分に行われていなかったことが原因であり、洗濯したことでそれらに雑菌が繁殖し、嫌なニオイの元となっているのです。

これを防ぐためには、洗う時間を長めにして、洗剤を全体に行き渡らせることと、酸素系漂白剤を使用して除菌をすることが効果的です。

ダウンジャケットをコインランドリーの乾燥機で乾かす時のコツとは?

洗濯したダウンジャケットを乾燥機で乾かす際には、以下の点に注意しましょう。

  • ダウンジャケットを裏返しにし、その際ファスナーやチャックは全て締める
  • 乾燥機を低温設定にする
  • いきなり長時間に設定するのではなく、数分ごとに様子をみる(10分毎)

ダウンジャケットを乾燥機に入れて回す際の裏ワザとしては、一緒に乾燥機用のボール(テニスボールでも可)を2つほど入れてみてください。乾燥機の中でボールがバウンドすることで、ダウンジャケットの表面が軽く叩かれ、中の羽毛が空気を含みやすくなるので、よりふっくらとした仕上がりになりますよ。

ただし、ボールがバウンドするたびに、かなり大きな音が発生しますので、受付に人がいるコインランドリー等では、先に一声かけてから行った方が良いでしょう。

ダウンジャケットをコインランドリーで洗濯することに不安がある場合は?

ダウンジャケットの中には、かなり高価な品もあるため、失敗した時のことを考えると、自分で洗濯することを躊躇してしまう人も多いのではないでしょうか。いくら注意して洗濯したとしても、元通りに膨らまずにガッカリする可能性も少なくないですよね。

もしも、自宅やコインランドリーでダウンジャケットを洗濯してみるのであれば、一番のお気に入りや高価なモノはなるべく避け、もし洗濯に失敗してしまっても諦めがつくモノで試してみたほうが無難でしょう。

ダウンジャケットは高価なモノが多いですが、毎シーズンごとにキチンとお手入れして正しい保管方法さえ守っていれば、いつまでも愛用できるようにクリーニングに出すことで、結果的に長く使用することが出来ます。

クローゼットの中でかさばって場所を取るのを避けたいのであれば、クリーニングのあとにダウンジャケットを使うシーズンまでそのまま預かってくれるサービスもあるので、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか。