注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもっていると、何か異常があるのではないかと心配になってしまうものですが、そのまま使い続けても問題はないのでしょうか。

充電器などのコンセントが熱くなってしまうのはどうして?使い続けても良い場合とダメな場合を教えて!

そこで今回は、充電器のコンセントが熱い時の原因と、使い続ける事の危険度についてお伝えします。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ...

鉄鍋の手入れは意外と簡単だった!その方法をご紹介します

鉄鍋や鉄のフライパンを使っていますか? 鉄製品はお手入れが面倒なイメージがありますが、意外と簡...

本棚をきれいに見せる収納アイデアをご紹介!グッズを活用しよう

リビングに本棚があると、なんでも入れて収納してしまうのでぐちゃぐちゃになってしまっていませんか。 ...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

ホテルの当日予約は電話がオススメな理由とお得になるタイミング

ホテルの当日予約には、電話予約をするのがオススメです。 また、ホテルを当日に予約したいときは、...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか? ...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

スノボウェアは洗濯表示を確認してから洗濯機で洗いましょう

滑り終わった後のスノボウェア。天気が良い日だと汗をかくこともあるでしょう。 そこで気になるのが...

男性が苦手で怖いという人が苦手意識を克服する方法

男性が苦手で接するのが怖い…という女性はいます。 特に中高と女子校育ちで、同じ年頃の男性と接する機...

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまった...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

願い事が叶う方法。信じて疑わず、自分を許すあなたなら叶います

願い事が叶う方法。 願っている内容、心の底から願っていますか? 『どうせ』という気持ちが...

塩でお清め、それが浸透した理由とは?その効果について

葬儀などに参列すると帰宅時にお清めの塩が配られる事がありますよね。この時に配られる塩は自宅に入る前に...

スポンサーリンク

スマホの充電器のコンセントが熱い!大丈夫?

スマホやタブレットなどで、充電している時に、ふと気がついたら、その充電器がとても熱くなっていて、ビックリした経験がないでしょうか?

慌ててコンセントから外しても、いつまでも熱いままだと、火事になったりする事がとても心配ですし、使用しすぎたのか、壊れているのかと気になります。

もしも壊れた可能性があるまま、負担がかかっているものをそのまま使用して、本当に火事になってしまえば怖いですよね。

しかし、充電しているという事は、電気を送っているという事です。

なので、どうしてもその電気で充電器が熱くなってしまうのです。

ドライヤーやコテなど、大きな電気を消費するものを使用している時は、そのコンセントの辺りが熱くなってしまいやすいです。

充電が終わったり、コンセントから抜いてしばらく置いておけば、通常はそのうち冷めてくると思います。

充電器が熱で溶けているとか変形していたり、煙が出たなら別ですが、そうではないなら、過熱しないようにするなどする位で、通常の使い道をしている分には大丈夫かと思います。

また、ケーブルは熱くなっていないか、コンセントが熱くなっていないかなどをチェックして下さい。

充電中に充電器のコンセントが熱いのは異常なことではない

充電をしている時に、熱くなりやすい充電器ですが、コンセントや充電器が熱で溶けているとか煙が出たとかではなく、充電が終わってコンセントを抜いて、そのまま冷めているようなら、普通の事だといえます。

充電器にも容量があり、また、充電している時のスマホの電池の残りの量など、様々な事で、温度が上がる条件が変わってきます。

なので、以前使用していた充電器は大丈夫だったけど、新しく買い替えたものだと熱くなるという事も出てきます。

そして、室温よりも30度くらい高いくらいなら正常な範囲内だと言われています。

充電器の内部の充電池にも、基本的には温度を測定して、充電をコントロールしながらしているとされています。

また、壊れている可能性がある場合ですが、正常範囲内よりも熱く安全にも影響を与えるような状態になった時には、充電が出来ないようにされています。

なので、充電器の上にビニールや布などで空気が通りにくくしてしまう事や、ストーブの近くなど熱くなるような場所に置くなどせずに、正常な使い方をしていれば大丈夫です。

iPhoneは熱を持ちやすい!充電器のコンセントが熱い原理

充電している時間が少なくても済むように、短時間で充電できるようにつくられているものは、比較的熱くなりやすくなってしまいます。

普通の充電器に比べて、短時間でも充電可能としてつくられているものは、その分、1度に流れる電流の量も多く必要になるわけです。

なので、熱いと思っていても、異常がないかをチェックして、大丈夫そうなら、そのまま正常な使い方をしている分には問題ないかと思います。

充電器が熱くなっていると付いたときのチェックするところ

  • ケーブルが熱くなっていないかをチェックしましょう。
  • 充電器が溶けてきているところがないかチェックしましょう。
  • 変形をしているところがないか見てみましょう。
  • 何かを被せたりしていないか、正常な使用方法をしていないか考えてみましょう。
  • 充電自体はしっかりされているかチェックしてみましょう。
  • コンセントが熱くなっていないかチェックしましょう。

充電器のコンセントに異常がある時は使用を中止して

コンセントの方に異常があれば、すぐにコンセントを買い替えましょう。

充電器は、基本的にコントロールしてくれる機能が付いていますが、コンセントが異常があれば、火事になってしまう原因にもなりますので、必ず異常がないかしっかりとチェックして、異常だと思ったら、使用する事を即やめた方がいいでしょう。

電気を使用する量が多く、熱くなりやすいものを使用し続けてしまえば、発熱していまう原因にもなります。

コンセントが熱くなりやすいもの

  • ドライヤー

沢山の電力が使用されるドライヤーは注意が必要になります。

もしも他の家電などと一緒のコンセントで使用していると、コンセントが耐えられなくて発熱してしまいやすくなります。

できるだけ使用する時は、他の家電と一緒ではなく、1つのコンセントから使う事をおすすめします。

  • スマホの充電器

充電がいっぱいになっていても、いつまでも充電しっぱなしにしていないか注意しましょう。

常に電気が流れてしまっている状態では過充電になり、負担がかかってしまいます。

コンセントが熱くなる原因について

通常の正しい使用方法では、あまりコンセントは熱くなる事が少ないです。

しかし、間違えた使用方法や、負担がかかる使用方法をしてしまえば、コンセントが発熱してしまう事があります。

触れてみて、熱くなっていないかチェックしましょう。

もしも「たこ足配線」にしていて、1つのコンセントでたくさんのものの電力を消費しているのなら、工夫して別の方法にした方がいいです。

コンセントにも容量があります。

基本的には、1個のコンセントに使用できるものは15A(1,500W)以内とされています。

コンセントタップや、たこ足配線は、基本的に消費電力が少ないものを、たまに使用する程度として考えられてつくられています。

なので、消費電力の多くなってしまうドライヤーやスマホなどは、できるだけ1つのコンセントからとれるようにしましょう。

もちろん、プラグが変形していたり、グラグラしているものも危ないです。

いつも使用していないようなものはコンセントから抜くなど、電力の負担を控えましょう。