注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

男性が苦手な原因と克服するための方法!慣れるためのステップ

女性の中には男性が苦手という方も少なくありません。でも男性が苦手だと、彼氏がなかなかできないというだけでなく、普段のコミュニケーションでも困ることがあるかもしれません。
その苦手だと感じる原因はどこにあるのでしょうか?

そこで、男性が苦手になる原因と、苦手を克服するための方法をご紹介します。

男性も女性と同じ人間です。必要以上に苦手意識を持たずに接してみましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。 ...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGと...

契約駐車場の無断駐車の対処法と無断駐車させないための予防法

契約駐車場に無断駐車をされたとき、契約している人の車を駐車することが出来ずに困ることになります。何か...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

ガソリンの燃費向上のためには本当に満タンNGなのか検証!

ガソリンの価格が上がると、少しでも車の燃費を良くしたいと思いますよね。 また値上がりするかもし...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか? 長く使っていると...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

天中殺の過ごし方とは?仕事ではこのように立ち回ろう

天中殺はどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか?これから仕事を始める、転職を考えている、異動を言...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

電車での携帯使用不可の理由と今緩和されつつあるワケ

電車での携帯通話はマナー違反。定着されているルールだと思っていましたが、なぜ電車で会話をするのはOK...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

スポンサーリンク

男性を苦手に感じてしまう原因、男性との関わりが少なかった

大人になっても男性に対して苦手意識がある方には、さまざまな原因があることが考えられます

過去に男性と関わる機会が少なかった事も原因の一つ

とくに女子校出身の方は、思春期のうちに周囲に男友達がいなかったことで、男性と気軽に話したりすることに慣れていないため、男性特有の考え方や行動パターンが理解できず、一緒にいるだけで気疲れしてしまっている可能性もあるでしょう。

また、一人っ子や姉妹の中だけで育ち、家族の中で男の人がお父さんだけだったというケースもあります。男兄弟がいる場合は、兄弟の友達が遊びに来たり、普段から家族以外の男性と顔を合わせる機会も多いため、たとえ女子校に通っていたとしても自然と男性との接点があることもありますが、女兄弟だけだとなかなかそうもいかないものです。

男兄弟と生活する中で、男性の心理や特徴を理解してきた女性と比べると、やはり男性に対しての苦手意識を克服しづらいというのも納得できます。

男性を苦手に感じるのは過去の恋愛のトラウマの可能性も

過去の恋愛におけるトラウマによって、男性自体が苦手になるケースもあるようです。付き合っていた男性が原因で心に大きな傷を負ってしまった経験がある女性は、そのことが原因で男性に対しての不信感や苦手意識が根強く残ってしまうことも。

結婚を意識していた恋人に浮気されたり、信じていた人に裏切られたり、突然ひどいフラれ方をしたことによって、世の中の男性すべてが同じように見えたり、また傷つけられるのではないかと不安になってしまうのは、仕方がないことなのかもしれません。

どんなに男性からアプローチされても、過去に負ったトラウマが払拭できずに、恋愛自体に臆病になってしまうことで、ますます男性への苦手意識を克服するタイミングを逃してしまうことにもなりかねないでしょう。

苦手を克服するために理想を捨てる

男性が苦手というのと男性嫌いというのは、似ているようで少し違います。男性との距離感がわからずに上手くコミュニケーションが取れないのであれば、単純に男性が苦手なだけで嫌いなのではないので、何らかのきっかけで克服することはできる可能性がありますが、男性全般が嫌い、いわゆる「男嫌い」だという自覚がある場合は、男性への意識を変えることはたやすいことではありません。

中には、マンガやアニメなどの二次元の世界の男性は恋愛対象として見られるのに対して、現実の男性は苦手だという方も数多くいます。彼女たちは、自分の求める理想像が高すぎるあまり、周囲の男性に対しての見る目も自然と厳しくなってしまうことにより、結果的に男性を遠ざけることにつながるのでしょう。

理想はあくまでも理想として、それを基準にされてしまう男性の方もかわいそうですよね。

男性への苦手意識を克服するために

一度自分の中の理想を捨てて、男性自身の良い部分にも目を向けるように心がけることも大切だと思います。

男性が苦手を克服するために複数で話す

男性と話すのが苦手で、1対1だとどうしても緊張して上手く話せなかったりする場合は、まずは男性を含んだグループとして話してみることから始めてみましょう。そのような機会をもつためには、英会話スクールなどに通ったり、男性も参加していそうな趣味のサークルに参加したりするのもオススメです。最初はなかなか上手く話せなくても、頻繁に顔を合わせているうちに、自然と男性だということをあまり意識せずに話すことができるようになるでしょう。

相手が男性であるというだけで苦手意識を感じてしまう時

相手が男性だということに囚われ過ぎずに、あくまでも一人の人間として接するように心がけることで、あまり苦手意識を感じずに済むでしょう。

男性が苦手だという人の中には、男性全般だけでなく「とくにこのタイプの男性がダメ(怖い)」とか「子供やおじいちゃんはまだ平気だ」という方もいます。たとえ苦手なタイプの男性であっても、少しずつそれ以外の男性との接点を増やしていくことで、苦手なタイプの男性に対しての苦手意識も薄れていく可能性はあります。

苦手を克服するなら草食系の男子から仲良くなる

女性の中では明るく振る舞えるのに、男性に対してだとどうしても萎縮してしまうという方が苦手意識を克服するためには、こんな方法もあります。

男性の中にも、女性的な面を持ち合わせた男性もいます。よく、学生の頃は女性グループの中に一人だけ男性が入っているケースがありましたよね。彼らは自然とそこに溶け込み、とくに男だからとか女だからとか気にせずに、上手に友達関係を築くのが得意なようでした。男性の中にも、女性的な面を持ち合わせた男性もいます。

彼らに共通するのは、女性特有の心理を理解して、優しく接することができるという点です。男性が苦手だという女性の中には、男性のガサツでグイグイとくる感じが苦手だという方も少なくありませんが、全ての男性がそうではありません。

女性の話を聞くのが上手な人や、相手の嫌がることはせずに、こちらのペースに合わせてくれる男性もたくさんいます

男性への苦手意識を払拭するためには、まずはそのような草食系の男性とお近づきになることをオススメします。

何かのきっかけで、男性への苦手感情がなくなることもあります。すべての男性に対して「男とはこんな生き物だ」という固定観念をなくして、フラットな目線で接してみることから始めてみませんか?