注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

耳垢は耳鼻科でごっそり取る?耳掃除の方法や耳垢の働きとは!

耳垢を耳鼻科でごっそりと取ってもらったなんて経験がある人はいませんか?
たくさん取れると気持ちいいかもしれませんね。
まずは自宅でする耳掃除の方法について紹介しますよ!

また、耳の中がかゆい原因、耳垢が多くなる原因についてもお伝えします。

耳かきはした方がいいのかや、耳垢の働きについてもまとめてみました。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

結婚は女性にとって負担?その原因と対処方法について

結婚したくない、もしくは結婚をしなくてもいいという女性が増えている?結婚は女性にとってどのような負担...

女性のネックレスの長さは色んなタイプがある!ベストサイズとは

首元を華やかに演出してくれる女性のネックレス。 プリンセスタイプ・マチネタイプ・オペラタイプな...

運動会の持ち物【保育園編】定番以外であると嬉しい便利グッズ

待ちに待った保育園の運動会!前日までにあらゆる持ち物を準備します。 運動会の持ち物リストはある...

うさぎの種類で飼いやすいのは?ウサギを選ぶポイント

あまり鳴くことがなく、飼いやすいと言われているうさぎですがそのうさぎの種類はなんと50種類にものぼる...

親に感謝の気持ちを伝える手紙の書き方。卒業式なら

親に感謝の気持ちがあったとしても、面と向かって言葉にして伝えるというのはちょっと照れくさいですよね。...

自転車のサビ取りの方法や保管方法、サビの防止について

いつの間にか自転車にサビが発生してしまっていたという経験をしたことのある人は多いのではないでしょうか...

昭和の女性の服装の移り変わり。女性のファッションの歴史

激動の時代と呼ばれる「昭和」。 女性の服装は時代の移り変わりと共に、どのような変化をしてきたのでし...

コンサートとライブの違い!リサイタルとフェスの違いも解説!

「コンサートに行く」・「ライブに行く」という言葉を使う、耳にすることもありますよね。 何気なく使っ...

靴下の洗濯は裏返して洗濯すると長持ちします

靴下を買い換える頻度は多くありませんか?穴があく、生地が薄くなる、履いている途中でずり落ちてくる、毛...

クワガタやカブトムシの捕まえ方は?バナナトラップの作り方

夏になると、クワガタやカブトムシを捕まえたいというお子さんもいますよね!ひと夏の思い出として、親子で...

男性がネックレスをつけるのには隠された心理が関係していた!

最近男性でもネックレスをオシャレとして身に付けている人を見かけます。実はただのオシャレではなく、そこ...

ココアとコーヒーの違いはなに?共通点もご紹介!

ココアやコーヒーにはどんな違いがあるのかご存知でしょうか?ココアには甘いイメージを持っていて、コーヒ...

海で浮き輪があっても流される『離岸流』に遭わないために

夏と言えば海!毎年海水浴へ行くことが楽しみという人も多いでしょう。 しかし、海には危険がつきも...

舞台俳優へのプレゼントにオススメなものと贈る場所とは

好きな俳優さんの舞台に行く人や通う人は多いと思います。 何か差し入れをしたいと思っても、実際に...

お盆は電車も空いてるし電話も鳴らない!ベストな仕事環境だった

「お盆の時に仕事なんてかわいそうに」と思っていませんか? いえいえ、そんなことはありません。 ...

スポンサーリンク

耳垢は耳鼻科でごっそり取ってもらう?耳掃除の方法について!

耳掃除の方法について紹介します。

健康な人は、耳垢はもともと自然に外に排出される性質を持っているので、ほとんど耳掃除の必要はないでしょう。

むやみに耳掃除をすると、キズをつけてしまったり、逆に耳垢を奥に押し込んでしまう事にもなります。

しかし、代謝の早い子供や、外耳道が狭い人などは耳垢が溜まりやすいので、定期的な耳掃除が必要になってきます。

自分で耳掃除する時は、入り口付近をそっと綿棒でぬぐうだけにしてください。
耳の奥は触らないようにしましょうね!
耳掃除をしてもらう時も、よく見える場所だけですよ!

耳掃除は心地よいかもしれませんが、やりすぎると外耳道にキズをつけ、外耳炎を発症してしまうことがあるので気をつけてください。

耳掃除は1カ月に1~2回で十分です。

お子さんやお年寄りなど耳垢が溜まりやすい方には、2~3カ月に1度、クリニックで耳掃除をしてもらうとよいでしょう。

耳垢を耳鼻科でごっそり取ってもらいました!

耳垢を耳鼻科で取ってもらった人の経験談を紹介します。

「私は、耳掃除をよくしていたのでそんなに耳垢は溜まっていないだろうと自信があったのですが・・・。耳鼻科の先生には「これは酷い!」と言われてしまいました。

耳掃除は、機械で吸引しながら、ピンセットでつまみ出していくようにします。

私はあっさりと終わると思っていたのですが、先生はなかなか私の耳垢に苦戦しているようで・・・。

鼓膜付近に耳垢が固まってしまっているのを、ピンセットでつまみだそうとしているみたいですが、これが痛い!!!
耳ごと取れてしまう感じがするのです。

先生もこのままでは取れないと思ったらしく、耳垢をやわらかくする薬を入れる事になって、私はベッドで15分ほど寝ていました。

そしてふやけた耳垢をピンセットで取ると、たくさん取れました。
どんどん耳垢が取れていく感覚がわかります。

その後、耳の違和感もなくなり、急に聞こえがよくなりました!」

耳鼻科でごっそり取りたい耳垢!耳の中がかゆい・耳垢が多い原因とは

耳の中がかゆくて、よく耳掃除をしている人はいませんか?
耳がかゆくなる原因は、耳垢が溜まっているのではなく、触りすぎかもしれませんよ!

耳垢は、皮膚を保護する役割もあります。
乾燥しないようにしていたり、外部からの刺激からも守ってくれているのです。

しかし、耳の中がかゆいからと耳の中をかきむしってしまうと、必要な耳垢がとられてしまい、そして、皮膚もキズつけて炎症を起こして余計にかゆくなってしまいますよ!

だからと言って、耳掃除をしないと耳垢で詰まってしまうのではないかと心配になってしまう人もいるでしょう。

耳掃除をすると、たくさん耳垢がとれるのは、耳かきをしたときに傷つけた皮膚の残骸かもしれませんよ。耳垢は自然に外に排出する役割がありますが、耳かきで外耳道をキズつけて炎症を起こし、その炎症を治すためにできたかさぶたなどで耳垢が増えるているのかもしれません。

耳かきはした方がいいの?聞いてみました!

「ネパールの山村で難聴の訴えている子供を受診しました。
耳は耳垢で詰まっています。耳垢水でも柔らかくはならず、ピンセットで引き抜くと、コルク栓のようにスポンと出てきました!
ほとんどの子供達がこのような状況で、耳垢を取ると、よく聞こえるようになりました。耳垢も溜まりすぎるとこんなすごい状態になるという事がわかりました。」

「耳垢がたまりすぎると良くないので、適度に耳掃除をしましょう。
その時は、耳を傷つけないようにしてください。
やわらかい綿棒で、あまり奥に入れないように。
子供が近くにいる時に耳掃除をすると、危険な場合もあるので注意してください。」

「私はめん棒で耳掃除をしています。でも、やりすぎればキズができてしまう事もあるので、入浴後に行うとか、綿棒自体を少し湿らせて耳掃除をするとよいと思います。」

耳を守っている!耳垢の働きについて!

耳垢の働きについて紹介します。

耳垢は不要な物だと思っているかもしれませんが、実は、あなたの耳を守っているかもしれませんよ!

耳垢は

  • 外から入ってきたゴミを吸着
  • 耳の中の乾燥防止
  • 細菌の繁殖を抑制
  • 防虫効果

と、このような働きがあるのです。

耳の中に異物が入ってきたら大変な事になってしまいますよね?
耳の穴にある耳垢腺から出てくる分泌物がゴミを吸着して侵入を防いでいます。

また、この耳垢腺から出てくる分泌物は、脂肪成分が含まれているので、水分が蒸発していく事を防いでいます。

そして、耳垢は汚いイメージがあるかもしれませんが、抗菌の働きもあるので細菌の繁殖を抑制しているのです。

耳の中で分泌される汗には苦みと臭気があり、防虫効果もありますよ!