注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

社交ダンス競技会を目指したい!初心者の方へアドバイス

テレビ番組でもよく見かける「社交ダンス」。 「私もあんなドレスを着て踊って見たい!」と趣味として始めた方も多いのではないでしょうか。

社交ダンスを続けているうちに競技会へ参加してみようかとなりますが、初心者だと振り付けや曲選び、ドレス選びなど分からないことがたくさんあります。

競技会にこれから参加しようかと考えている人必見です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

水泳【クロール】の息継ぎの仕方。コツやポイントを紹介

水泳のクロールではどのような息継ぎの仕方をすれば沈まないのでしょうか? 息継ぎをするときには、...

テニスを上手になって欲しい!子供に合う上達法とは

テニスは、とてもむずかしいスポーツです。 子供を週に一回のテニススクールに通わせても、なかなか...

ホームとアウェイの違いが知りたい!驚きの事実が!

サッカーを観戦していると、「ホーム」や「アウェイ」って聞きますよね。 選手たちは地元で試合があ...

テニスをやっている子供の練習はこうしよう!テニスが好きに

お子さんがテニスをやっていますか?それともこれから始めてみようとお考えですか? またなかなか上...

ソフトテニス初心者におすすめの練習メニューとポイント!

ソフトテニスを中学校から始めたという学生もいるのでは? ソフトテニス初心者だからこそ実践したい練習...

ロードバイクの選手に向いている体型について徹底解説!

世界的に有名なロードバイクの選手って細身の人が多いような気がしますよね。 自転車競技は体重が軽...

グローブの手入れ方法を知って、長持ちさせよう!

少年野球でも、学校の部活でも、社会人でも野球をやっている人はいますね。 野球人にとって、グロー...

陸上部ならスパイクピンの本数や素材にもこだわろう!

陸上部にとって大切なスパイク。 スパイクと同様、実はスパイクのピンもとても大切で、合うものを選ばな...

バドミントン初心者必見!試合で勝つためのポイントを解説します

バドミントンを始めてまだ数ヶ月、そんな初心者でも試合に出たいと思いますよね。 もし試合に出るこ...

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

子供へのスキーの教え方は?ポイントややってはいけないこと

子供に初めてスキーを教えるときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 子供にスキーを教え...

足を筋トレで太くする方法とは?男らしい太ももを手に入れよう

上半身の筋トレだけでなく、足も筋トレで太くすることで男らしい体に近づくことができます。 今回は...

ソフトテニス初心者に打ち方を教える方法とコツ

中学校からソフトテニス部に入部した学生もいると思います。 ソフトテニス初心者には、とにかく練習させ...

マラソン翌日の食事で摂るべき栄養素とは?疲労を残さないために

フルマラソンを完走した後はへとへとになっている人がほとんどでしょう。 しかし、その疲労を少しで...

バスケの試合観戦でオススメな服装やグッズ、マナーやルールも

バスケの試合は体育館で行われますので、着ていく服装でそんなに困ることは無いと思いますが、時期や季節に...

スポンサーリンク

社交ダンスをして初めての競技会!初心者が勝てる振り付けはあるの?

社交ダンスの初心者でも「この振り付けを踊れば勝てる!」という振り付けがあったとしましょう。

では、同じタイミングでダンスを始めた初心者みんなが、その振り付けでダンス競技会に出場したら、結果はどうなるのでしょうか。

  • ルックスのいい人。
  • 使用した音楽がいい人。
  • ムーブメントがいい人。

勝つのはこういった人ではないでしょうか。

つまり、振り付けの良し悪しだけでは結果が大きく左右するということは、ほとんど無いということです。

それでもあえて「振り付け」を強みにできる方法を考えるなら「リズムが明確で、見ていて気持ちが良い」と感じる振り付けでしょうか。

音楽的な特性をうまく表現した振り付けを行うことです。

審査員は、それぞれの種目の音楽に対しての共通のイメージを持っています。それにより近いダンスが「勝てるダンス」と言えるかもしれません。

チャチャチャはカウント1に、サンバなら偶数カウントにアクセントがあるといった基本的なイメージを踏襲するのです。

種目の音楽性を明確に表現できれば、そのダンスは人に気持ちよいと感じられ、審査員たちも思わずチェックしたいと思うようなダンスに見えるでしょう。

競技会を目指したい!社交ダンス初心者の振り付けと曲選びについて

社交ダンスは、ステップがあってこそです。脚は確実にステップのリズムを刻みつつ、回る・飛ぶ・跳ねるといった動作を組み込んでダンスを表現します。

デモンストレーション・競技などの場面で、自分で振り付けしなければいけなくなってしまったら、どんなことが必要でしょうか。

まずできることといえば、経験豊かなダンス講師に相談したり、プロのダンスを参考にして応用することが、短時間で振り付けを考える助けになるでしょう。

ダンス初心者や、まだ経験の少ない人だけで振り付けを考えるのは非常に難易度が高く、困難であると思います。

時間的に余裕があるのなら、動画や実際のダンスをたくさん見て、ダンスのレベルを上げるところから考えることもあるでしょう。

どちらの場合でも、体を動かして練習する時間も十分取らねばなりません

振り付けを考えるプレッシャー、そのダンスを完成させるプレッシャーを感じることでしょう。

しかし、それをやり遂げたときの達成感は、言葉に表せないものがあるはずです。

また、曲選びも大切です。曲とあいまってストーリーが見えるダンスにすることができれば、観客を強く魅了することでしょう。

初心者必見!社交ダンス競技会で着用するドレスの選び方

ダンスの競技会に出場するカップルは「どんなキャラクターをイメージするのか」ということも重要になります。

競技ダンスは、同時に踊るカップルたちの中で相対評価によって順位が決まります。

お手本通りに正しいステップや回転量ができていても、そのキャラクターが明確でない無個性なカップルは上位になることが難しくくなります。

カップルのダンス、ビジュアルにどんな個性と特徴を持たせているかを強く打ち出していきましょう。

  • 大人の色気があるセクシーな雰囲気
  • 明るく元気なアクディブイメージ
  • パワフル&ストロングな強さの象徴
  • やわらかで優美なイメージ

長く続けているカップルには独自のキャラクターが確立されていることもありますが、これらような個性をイメージして、それを効果的に見せて印象付けることが必要です。

また、ダンスだけでなく衣装の選び方も重要になります。

種目や踊る曲、そのルーティン。ダンス全体を通したテーマ。それらのイメージを最大限生かして伝えるために、衣装のデザインや色などもしっかりとこだわる必要があるのです。

初心者でいきなり社交ダンス教室に行くのは危険!?

社交ダンスに興味を持って始めるきっかけは人それぞれです。

競技会で上位に入れるくらいのダンスが踊りたい。きらびやかなドレスに身を包んで華麗に踊ってみたい。

逆に、とくに明確な目的はなく、「なんとなくやってみたいと思った」と教室のドアを叩く人もいるでしょう。

実際に競技会に出場するためには、週4回以上の練習は欠かせません。そして発表会ともなると、1回で何十万も必要になる場合もあります。

本気で競技に参加しようという場合は、その覚悟も必要かもしれません。

しかし、運動不足解消やダイエット目的、ドレスが着てみたいといった気軽な気持ちで行ってみたら、練習はハードでお金もかかって大変…ということになりかねません。

格安のパック料金の設定や、本格的ではなく小規模の発表会を行うなど、初心者に優しい対応があるかどうかなど、下調べや問い合わせをしてから通う教室を決めましょう。

初心者でも大丈夫!趣味で社交ダンスを始めるメリット

社交ダンスの基本は、真っ直ぐで美しい立ち姿から。

普段の生活では、運動不足や長時間のデスクワークなどの影響で「真っ直ぐ立つ」というシンプルなことができないことも少なくありません。

社交ダンスでは、美しく立つ練習が必須ですから姿勢の改善になります。

正しい姿勢は、見た目にもはつらつとした若さを感じさせます。

そして、正しい姿勢で音楽に合わせた動きをすることは、思ったよりもハードです。

体の内側にあるインナーマッスルが鍛えられると、痩せやすい体になりスタイルが格段に良くなったという感想も多く聞かれます。

単調な動きのジムが退屈と感じる人にとっても、ダンスなら楽しんで健康な体を作れるというメリットがあります。

社交ダンスの動きは、男性なら「堂々とした紳士らしさ」。女性なら優美な立ち振る舞いが自然と身につきます。

男性はダンスのルールに従い、音楽に合わせた動きで女性をリードする動きが必要です。

乱暴だったり、自分勝手では美しいダンスを踊ることはできません。

日本では男性が女性に自然に手を差し伸べ、リードする場面はまずありませんよね。

ダンスの立ち振る舞いが身につけば、デートやパーティーといったシーンでも、さりげない気配りができるスマートな男性になれるかもしれませんね。