注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまったかと思ってしまいますよね。

でも、その前に洗濯機やその周辺をチェックしてみましょう。もしかしたら、修理の必要はないかもしれません。

洗濯機の脱水が弱い場合に考えられる原因とその対処法について詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

エアコンの暖房は扇風機の併用で節約に!効率的な使い方を紹介

エアコンで室内を温める時は、扇風機も一緒に使うといいって知っていますか? 扇風機は夏のイメージ...

一歳半の子連れ旅行!みんなご飯ってどうしてる?教えて!

一歳半の子供を連れて旅行へ行く時、みなさんは『ご飯』どうしていますか? まだまだ、大人と同じ味...

一人暮らしの掃除の頻度とは?一人暮らしの掃除のコツ

一人暮らしの掃除の頻度はどのくらいが平均なのでしょうか?働いている人は、やはり掃除をするのはお休みの...

カレーの匂いってなかなか取れない。鍋に染み付いた臭いの取り方

カレーの匂いって残りますよね。 室内にも、服にも食器にも鍋にも… カレーは作りやすい半面、後...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

顔のパーツを中心寄りに見せる『求心顔メイク』で知的美人!

「求心顔」と「遠心顔」という言葉を聞いたことがありますか?最近は、顔のパーツが中心寄りになっている求...

ストッキングの穴はこれで応急処置!使えるアイテムと再利用法

職業柄ストッキングの着用が必須だったり、スカートなどの洋服のスタイルによってはストッキングを履くこと...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

オービスの撮影は必ず気づくの?昼間は気づかない可能性も!

道路上に設置されてあるオービス。 スピードの取締りを行う機械ですが、オービスは皆さんがご存知の通り...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

給油口のキャップを紛失したら!重要な対処方法について

最近はガソリンや軽油をセルフで入れられるようになって、給油口のキャップをし忘れてしまう場合も。もし紛...

スウェットに毛玉ができる原因とは?毛玉対策はコレ

スウェットの毛玉の原因にはどんなものがあるのでしょうか?普段していることが毛玉の原因かもしれません。...

アイデアを募集している企業を利用してアイデアを売り込むコツ

スマホで「アイデア 募集」と検察すると、様々な企業がアイデアを募集しているのがわかります。 これだ...

天中殺の過ごし方、恋愛をしやすい時期だが同棲結婚は焦らずに

天中殺とは、12年に一度だけ巡ってくる2年間のリセット時期。 この天中殺の過ごし方の中でも大きく影...

スノボウェアは洗濯表示を確認してから洗濯機で洗いましょう

滑り終わった後のスノボウェア。天気が良い日だと汗をかくこともあるでしょう。 そこで気になるのが...

スポンサーリンク

洗濯機の脱水が弱い原因は洗濯槽の内側の汚れのせいかも?

洗濯物の脱水がなんだか弱いと感じることありませんか?そんな時は洗濯槽が汚れている場合があります。

洗濯槽をのぞいてみるとあまり汚れていない。しかし洗濯槽の表面はキレイでも、洗濯槽の内側はとても汚れていることが多いです。その汚れのせいで脱水能力が落ちていることもあります。

洗濯機で脱水するということは、水を排水することです。洗濯槽が汚れていると水を排水するための穴が詰まっている場合があり、素早く水が排水されることなく、いつまでも洗濯槽に水が溜まったままで、脱水されている可能性もあるのです。

このようにならないためには、定期的に掃除をする必要があります。洗濯槽を掃除する場合は専用の洗剤があるので、その洗剤を使い掃除をするようにしましょう。他にも重曹や酸素系漂白剤を使用した掃除方法もあります。お湯を使って掃除をすることで汚れが落ちやすくなります。

洗濯機の脱水が弱いのはベルトが原因?自分で直せる?

長年洗濯機を使っていると脱水したはずなのに、しっかり脱水が出来てないような感じがすることがあります。

洗濯機の脱水が弱いのはベルトが原因の時もあるのです。脱水機能を蘇らせる方法を紹介します。まず洗濯機を横に倒します。そして洗濯槽の下にあるベルトの張りを調整します。長い間使用してるうちにベルトが緩むこともあり、緩んでしまうとうまく洗濯槽が回らなくなります。

ベルトは接触してる2つの輪がほんの少し近寄っているだけで、ベルトが緩んでしまいます。指でつまむとすぐにわかります。もしベルトにヒビなどが入っている場合は交換が必要になりますが、緩いんでいる場合は少し引っ張ってあげて調整することで脱水がしっかり出来るようになります。

洗濯機の周辺をチェック!脱水が弱い、うまくいかない原因がわかります

排水が上手くいかないと洗濯槽内に水が残ります。脱水時に残った水を一緒に洗濯槽が回ると重さが片寄り揺れます。洗濯機の排水溝が詰まっていると、排水がしっかり出来なくなります。そんな時は、排水口に差してあるホースを外して、水を流して詰まりがないか確認してみましょう。外したついでに汚れなどを掃除することをオススメします。ホースを本体につける時も注意しましょう。ホースが途中で折れたり曲がってリしていると、排水がうまくいかないこともあります。

長い間使っているうちに傾いてしまうこともあります、洗濯機のは振動しながら動くので、本体が傾いてしまうとうまく脱水ができず、弱いと感じることもあるのです。本体を手で押してみてガタつきがあったり、洗濯機の足が浮いているような時は洗濯機が水平ではありません。そんな時は足の部分に高さを調整するネジがあるので、足がすべて床面につくように調整するようにすることでガタつきがなくなり、脱水がしっかりと出来るようになります。

洗濯機の脱水がとうとうできなくなった?その場合の対処法は?

洗濯機に異常があるとお知らせブザーがなることがあります。その時に液晶画面にはエラコードが表示されます。そのコードをチェックしましょう。説明書を見ることで何が異常なのかわかります。

洗濯機で脱水出来ない場合の対処法はどんなことがあるのでしょうか。まず洗濯物の片寄りをなくします。洗濯物をできるだけで均等になるように広げます。バランスよく広げたつもりでも、水を含んだ洗濯物が一箇所にあるとバランスが悪くなるので、きちんと脱水できるように広げてあげることです。

タオルケットや毛布などの厚手の洗濯物や、洗濯ネットに入れた洗濯物を洗っている場合はバスタオルなどを足すことで、洗濯物の片寄りが起こりにくくなるのです。脱水が弱いと感じることもなくなります。

フタがきちんと閉まっているかなども、しっかり確認するようにしましょう。電源をオフにして少し時間を開けてから、もう一度脱水を行うようにしましょう。

ドラム式洗濯機で脱水できなくなったら、排水ホースの中を見てみよう

洗濯機の脱水が弱かったり、脱水出来なくなったら、もしかして壊れた?と焦ってしまいますよね。洗濯機は小さなお子さんがいる家庭だと、毎日使うアイテムですよね。その洗濯機が使えなくなってしまうとママはとても困ってしまいます。

もし脱水が出来なくなった場合、まず排水ホースを外してホースの中を見ることをオススメします。ホースの中にドロドロしたものが詰まっていたりすると、排水ホースの中に汚れがたまってしまったために、脱水が出来なくなってしまている可能性あります。その汚れを綺麗に取り除いてあげることで、脱水が出来るようになる場合もあるのです。

排水ホースの掃除はホースがすべて取り外せるかで違いが出てきます。簡単に取り外すことが出来ればいいのですが、洗濯機の下にホースがあり取れない場合もあります。そのような場合は見える部分の汚れを使い、古した歯ブラシなどを使い掃除をするようにしましょう。なかなかホースの中まで掃除をする機会はないので、かなりの汚れが溜まっていることが多いのです。

定期的に洗濯槽内とホースと掃除することで、脱水が出来ないなどのトラブルもなくなります。