注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。
以外に盲点なのが玄関ドアです。

特にドアが鉄といった全く防音効果がないドアだと、隙間から音が漏れたり、開閉時の音が響いたりなど、住民同士でトラブルになってしまうことがよくあります。

玄関ドアにできる防音対策はどのようなものがあるのでしょうか。
手軽な防音対策からリフォームまでご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。 ホワ...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

デパートで初めて化粧品を買う人必見!買い方のポイントとは

デパートの化粧品売り場には高級そうな化粧品が並んでいて、売り場のお姉さんもきれいな人が多くて、一見さ...

アルミシートの保温性が高いのはどっち側?アルミシートの使い方

アルミシートはどのようにして使うと保温性が高まるのでしょうか?使い方を変えると、一年中使うことができ...

同じ苗字だと結婚ができない?韓国の結婚に関する法律をご紹介

韓国では同じ苗字の方をよく耳にします。それもそのはず日本に比べると韓国の苗字の種類は、とっても少ない...

大学卒業式に親が行くのは過保護?親子で十分話し合うことが大切

子供の大学の卒業式。出席して子供の成長を見守りたい親御さんも多いと思います。 卒業式は入学式よりも...

車のタイヤホイールに傷がつく原因や対処方法について

車のタイヤホイールに傷をつけてしまった・・・。縁石に擦ってしまったり、乗り上げたりしたときにはタイヤ...

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上かかる人のための節約術

一人暮らしをしていても何かとお金はかかりますが、ガス代が8000円以上もかかっているという人も多いと...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

合皮ソファーの劣化を防ぐポイント!長く使えるお手入れ方法

ソファーには布製や、本革、合皮などがありますよね。 本革のソファーよりもリーズナブルで、色もいろい...

こめかみの髪の毛がはねるのをなんとかして!はねの原因と対処法

こめかみ部分の髪の毛だけがはねると、セットも上手くいかず毎朝イライラしてしまうのではないでしょうか。...

電話のセールスがしつこい時の撃退法!毅然とした態度で示そう

普段鳴らない電話に出てみると、勧誘セールスだったといった経験ありませんか? どこから電話番号を調べ...

パンプスの色がストッキングについて黒くなるのを防ぐ方法とは

パンプスを履いたときに色移りしてストッキングが黒くなるのはかっこ悪い!だからといって、素足でパンプス...

スポンサーリンク

手軽にできる玄関ドアの防音対策は?

玄関ドアの防音対策というと、なかなか面倒なものに感じたり、工事が必要なのではと思ってしまいますが、手軽に出来る防音対策もあります。

それは隙間テープ!隙間テープは隙間風だけを防止するものと思っていませんか?隙間を塞ぐことで音漏れも改善する事が出来ます。

隙間テープはホームセンターで購入が可能、また寒い季節になってくると防寒対策としてスーパーやドラックストア、100均などの棚にも並んでいて購入する事が可能です。

手軽に手に入れる事が出来るメリットのほかにも、使用方法もとっても簡単!剥離紙を剥がして粘着面をドアの隙間に沿って一蹴ぐるりと貼り付けるだけでOKです。

また隙間テープには種類があり、一般的なスポンジ製の物のほかにも、ゴムで出来ている物もあり、玄関に合った素材のものを選ぶ事が出来ますよ!

どの場合も粘着部分は両面テープになっていますので、ドアの汚れを取り除いてから貼り付けを行ってください。

汚れがあると剥がれやすくなってしまいますので、ご注意を!

自宅でできる玄関ドアの防音対策は?

手軽に出来る玄関ドアの防音対策に隙間テープをご紹介しましたが、防音シートというものがあるのをご存知ですか?

こちらもとっても手軽に取り付ける事が出来ますよ。

防音シートはその名の通り、シート状になっていてテープで貼り付ける事が可能です。

また防音のためにボードを貼り付ける方法もあります。

どちらも材質は色々とあり、音の吸収率が高い材質を使用すると、外からの音や、中から漏れ出す音を軽減する事が出来ます。

また防音シートやボードは音を吸収するだけではなく、断熱性効果も発揮してくれて冬場には一石二鳥の効果が期待できるのです。

もし、これらの防音対策をしても、まだ音が漏れてしまうというような時には、ドアそのものを変えるという方法もあります。

もちろん費用は高くなってしまいますが、防音性能の高いドアも販売されていますので、リフォームを!と考えている方なら、ドアを防音性能に優れているものに交換するという考え方もありますね。

玄関ドアに防音対策をする効果とは?

自分の部屋の音漏れが気になるという方よりも、外の音が気になるので防音対策をしたいという方も意外と多いですよね。

例えば大きな道路に面して家がある場合には、夜中も交通量があるために車の音が気になってしまいます。

また意外なところでは、人の話し声も気になるものです。

特に集合住宅などは廊下があるために、話し声が思ったよりも響いてしまい、廊下に面した部屋では眠れない事もあります。

そして気になりだすと、音は本当に気になってしまうんですよね。

またこれらの音が外から内に漏れてくるということは、逆に自分の家の中の音も外に漏れているということです。

玄関ドアや窓の防音対策をすることによって、このどちらの音に対しても効果があり、音漏れが軽減されます。

防音対策は必須!?あらゆるドアに隙間があるのはなぜ?

玄関ドアの隙間に関してお話してきましたが、同じお家でも部屋から漏れる音って、やっぱり気になりますよね。

そしてその原因はドアの隙間にあるのでは?と考えられます。

しかも少し隙間があるのではなく、明らかに部屋のドアに関しては下に大きな隙間が空いています。

実はこれは、わざと隙間を作っているのです。

ではなぜ、音漏れなどがあるにもかかわらず、わざと隙間を作るのかが気になるところですよね。

それは家の中の換気を良くするためです。換気は換気扇などで外に排気をするだけではなく換気も必要となります。そして部屋を閉め切っていても、換気がスムーズに行われるように、わざとドアの下に隙間ができるように設計されているのです。

このことによって結露が起こりにくくなったり、室内にストーブの排気が部屋に充満することを防ぐ事が可能になっているのです。

必要だからこその隙間、室内の部屋の隙間を埋めて防音対策を行う時には上記のような点を踏まえて行ってくださいね。換気をする事で過ごしやすい空間になるため、必要です。

玄関ドア以外で賃貸でもできる防音対策は?

音漏れや騒音は賃貸だと玄関ドア以外でも気になるものです。

隣通しの生活音が聞こえてくることもありますよね。そんな時は部屋と部屋との壁に大きな家具を配置して壁代わりにしてしまいましょう。

タンスやクローゼットなどを壁に配置することで、防音対策になります。

また外からの音が気になるなら、窓にも防音対策を施してください。玄関ドアと同じように、隙間テープや防音ボードなどが役立ちます。

その他にもカーテンを厚手のものに変えるなどの工夫をするだけでも、違いがあります。

しかしカーテンを付ける時にはチョットしたポイントがあります。どんなに厚手のカーテンを取り付けたとしても、窓全体を覆っていなければ意味がありません。

特にベランダに面しているような大きな窓に、寸足らずのカーテンでは、音がやはり漏れてしまいます。

カーテンで防音や防寒対策をするなら、窓を覆う大きさのものを取り付けしてくださいね。