注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

講習会の服装は夏の時期何を着ていくべきなのか

講習会に参加する場合、「服装は自由です」と言われることがあります。
自由だからといって普段着で行こうとしてはいけません。そこはやはりTPOをわきまえるべきです。

では、講習会の服装は夏の時期何を着ていくべきなのでしょうか。

男性、女性それぞれの服装についてまとめました。

特に女性は夏の時期は薄着になりますので、露出は控えるようにしましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

学会の服装、冬に参加する場合の注意点とポイントを解説!

学会に参加すると決まったら、次に考えるのは「服装」のことではないでしょうか? スーツが無難だと...

プロ野球選手を引退!不安が拭えないその後の人生

プロ野球選手になれる確率は、どのくらいだか知っていますか? 一説では0.03%の確率とも言われてい...

就活の第一志望に落ちたら何をしたらいい?対処方法について

就活で第一志望に落ちたらいったい何を目指せばいいのでしょうか?誰もが第一志望に受かるわけではありませ...

絹と木綿のどちらが麻婆豆腐に向いている?その違いについて

麻婆豆腐を作ろうとレシピを検索してみると豆腐の種類がそのレシピによって「絹」だったり「木綿」だったり...

イギリスの文化・歴史を徹底調査!国名の由来について

紳士的な国といったイメージが強い「イギリス」。イギリスにはどんな文化や歴史があるのか、なんだか興味を...

女性公務員の服装は基本的には自由!ただし注意点があります

女性公務員としてこれから働く時、どんな服装にすべきかでまず悩みます。 最初はスーツを着ていくべきか...

解散するバンドの主な理由とは?解散するにはワケがある!

好きなバンドが解散してしまうのはとても悲しいものです。 そもそも一緒に音楽をやっていこうと頑張...

合宿がある部活が辛いと感じる前に経験は宝物!乗り切る方法も

体育会系でも文化系でも部活をやっていると、合宿がありますね。 そんな部活の合宿は、辛いと感じて...

夫婦のベッドは別々が常識?質の良い睡眠をとろう

夫婦はベッドが別々のほうが上手くいく?年齢とともにベッドが別々になってくる夫婦が多いようです。 ...

カジュアルなスタイルで会社へ通勤するときの服装について

会社によっては、ドレスコードや服装規定がなくカジュアルな服装での出勤が許されているところもありますね...

先生の服装〔女性編〕日常から修学旅行時などの服装ポイント

春から先生として教壇に立つ人はたくさんいますが、意外と悩んでしまうのが、学校に行く時どんな服装で行く...

スカートを履かない女性の心理や性格、デートの時の本音とは

スカートを履かない女性の心理を知りたくありませんか? 職場で気になる女性がスカートを履かないでいつ...

免許の取得日の調べ方を資格免許から運転免許まで詳しく解説!

免許の取得日がわからず、調べ方について困っていませんか? 履歴書に免許の資格取得日を記入しなくては...

就活にネクタイピンは必要?就活でつける場合のポイントと注意点

男性が就活をしている時、ネクタイピンは必要なのか悩むこともありますよね。就活で有利になるのであればネ...

スポンサーリンク

講習会の服装は夏の時期男性は何を着ていくべき?

入社してすぐに始まる研修や、平日にやっている講習会などに比較すれば、土日にやっている講習会などはスーツよりもカジュアルよりな人が多くなってくる事が多いです。

その会社にもよりますが、研修やセミナー、講習会などに参加する人はカジュアルな私服で受ける人がいて、講師となる人はスーツの場合が多いようです。
私服といっても、きちんと講習会を受ける事を考えたファッションで参加しましょう。

スーツじゃなくても、ジャケットを羽織ったり、インナーを襟がついているものにしたり、シャツを身につけたり、カジュアルすぎないオフィスカジュアルを意識しましょう。

  • ラフ過ぎないように気をつける
    普段の私服がカジュアルなものなら、あまりラフにならないものにしましょう。
    ネルシャツやパーカー、デニムなどはカジュアルになりすぎてしまうのでお勧めできません。
  • 数人で行くなら、みんなで服装を先に確認し合いましょう
    他にも何人か参加するならば、先にどんな服装でいくのかを聞いて話合いましょう。

女性が夏の時期の講習会に参加するときは?

女性もスーツじゃなくてもオフィスカジュアルを考えて服装を選びましょう。
セットアップだとスーツのようなかっちりしたイメージが出すぎてしまう可能性が多いので、別々に、上品な服装を意識してコーディネートしましょう。

ブラウスやカーデ、ジャケットで、スーツに合わせられるようなものの組み合わせがお勧めです。
スカートはその会社を考えた範囲内であれば、タイトスカートやプリーツが入ったものなど形は大丈夫でしょう。
ストレッチパンツのスタイルであれば、敏速な動きもしやすいのでお勧めです。
黒や紺、グレーやベージュなどのベーシックなカラーがおすすめです。
ワンポイントカラーで入れるなら、淡いイエローやピンクなどが柔らかく優しいイメージになるでしょう。

無難でマナー違反と1番思われにくいのは、やはりスーツになってきます。
激しい動きが必要になったり、避難訓練だったり、姿勢が変わるようなことがする事がないようであれば、スカートでもパンツでも大丈夫ですが、派手すぎではないかなど、社会人としてのフォーマルスタイルといえるスーツなので、どのような服装で行ったらいいのか分からない場合でしたら、男女共にスーツを選ぶ事が多いでしょう。

夏に限らず講習会に参加するときの服装のポイントは?

夏にスーツは暑かったりするし、講習会に行く時に夏は特に迷ってしまう人が多いようです。

講習会はオフィスカジュアルで参加する

オフィスカジュアルはスーツをちょっとだけラフにしたような服装です。
スーツまではカチッとしていないけど、仕事をしていても違和感が感じられない服装の事をオフィスカジュアルといいます。

カジュアルという言葉が入っていますが仕事をする服装の事です。
会社によってもだいぶ違ってきますので、その会社の雰囲気や周りの人を見て考えましょう。

ある程度の個性を出す方がいいような職業であれば別ですが、そうでなければあまり着崩さない事になるでしょう。

講習会に行く時に、もしも私服と言われているのであれば、オフィスカジュアルを取り入れてみましょう。

基本はスーツを考えてカラーなどを上下を別々にしてみたり、違う素材のものにしてみたりしましょう。

講習会の服装で注意すること

  • 露出を控える
  • 派手さを控える
  • スカートの丈を気をつける
  • ラインが出やすい服は着ない

「講習会の服装は自由です」と言われたらやっぱりスーツが無難

服装は自由ですと言われてしまうと何を着たらいいのか迷ってしまいがちです。
しかし会社の雰囲気にも職業にもよりますが、基本的はスーツが無難です。
「どんな服装でもかまいません」という事は、もちろんスーツでも大丈夫です。

参加してくる学生はスーツで来ることが多いようです。
なのでとりあえず浮くことはなくなると言えるようです。
そして、いくつかの会社に行くと重なっていたりする事も多いので、他の会社に行く時の事を考えてもスーツがいいでしょう。

スーツじゃなくても、ジャケットをはおったり、パンツをちゃんとしたものだったりしていれば大丈夫だったりします。

派手すぎたりして目立ってしまえば悪印象を与えてしまい悪い意味で名前を覚えられてしまう事もあるかもしれません。

仕事をする服装という事を考えて選びましょう。

服装以外で講習会には不適切な装いとは?

私服で来てくださいという会社で、周りの人もみんな私服だという会社なら、私服でも大丈夫ですが、やはりラフになりすぎてしまうような服装はお勧めできません。

講習会で避けた方がいいもの

  • サンダル
  • スリッパ
  • 短パン
  • Tシャツ
  • 派手な色のもの
  • 派手なアクセサリー
  • 派手な髪色
  • 長すぎな髪
  • 派手なメイク
  • イラストなどが入っているもの

これらは仕事をする場所と考えるとお勧めできなく、悪いイメージを与えてしまいます。
倉庫など、見学などがある場合もあるのですが、サンダルやTシャツのようなものだとケガをしてしまう可能性もあります。
そのような可能性から判断して、断られてしまう事もあります。
私服で大丈夫といっても、最低限のマナーなどは守りましょう。