注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

スカジャンの洗濯!ポリエステル素材を自宅で手洗いする方法

スカジャンの生地には、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどが使われていますが自宅で洗濯するころは出来るのでしょうか?

まず一番初めに確認したいのは洋服に付いている洗濯表示です。

「洗濯機マーク」や「手洗いマーク」の表示がある場合は自宅で洗うことが出来ます。
ですが、洗濯機で普通に洗ってはいけません。
洗濯ネットに入れて優しく手洗いして下さい。

洗い方や干し方を紹介します。

スカジャンは刺繍が命!刺繍がほつれた時の対処法もみていきましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

サングラスやメガネの曇り止め裏技!レンズの曇り知らずで快適に

サングラスはメガネをかけている時のお悩みといえば、「レンズが曇ってしまう」ことですよね。何か良い曇り...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

白Tシャツがすけない方法と正しいインナーの選び方

夏になると着たくなる白のTシャツ。 クローゼットの中に1枚はありますよね。 ボトムスを選ばずにど...

シーリングファンの効果が知りたい!夏の使い方を紹介!

シーリングファンが天井にあると、それだけでオシャレな雰囲気が楽しめますね。 またシーリングファ...

本にシミができてしまう原因とは?キレイに落とす方法を教えます

読み終わって押入れや本棚に入れたままにしていた本を久しぶりに出してみると、「シミ」がついていることが...

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもってい...

女友達と旅行中にケンカをしないために心がけることとは

女友達との旅行。 気心が知れている友達だからこそ、旅行中に相手への不満が爆発しちゃうことってあるん...

ポリエステル生地の特徴!乾きが早いが毛玉ができやすいのが難点

ポリエステル生地には特徴があるので、その特徴を活かした生活用品が私達の身の回りにたくさんあります。あ...

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか? 長く使っていると...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

心落ち着く場所は身近にあった!あなたに合った場所を探して

毎日の仕事や育児や生活で疲れていませんか? 心がほっと落ち着ちつける場所を探してはいませんか? ...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

天中殺の過ごし方、恋愛をしやすい時期だが同棲結婚は焦らずに

天中殺とは、12年に一度だけ巡ってくる2年間のリセット時期。 この天中殺の過ごし方の中でも大きく影...

ラジオの電波が入りにくい原因と電波を入りやすくする方法を解説

ラジオの電波が入りにくいと、大切な情報を聞くことができずに困ってしまいますよね。特に災害などの時は、...

自転車が趣味の女性が増加!自転車が人気の理由と魅力・効果

自転車が趣味の女性が増えてきているってご存知ですか?自転車に乗るのはファッション性が低いとか、オシャ...

スポンサーリンク

ポリエステルなどのスカジャンの洗濯は難しい!洗濯方法を紹介

スカジャンとは、背中に大きな和風の刺繍が施されたスタジャンに似たジャケットです。スカジャンの生地は、サテンが使われていることが通常です。サテンには、レーヨン、アセテート、ポリエステルなどがあります。

お気に入りのスカジャンであれば愛用しているうちに、汚れてくることもあるはずです。お気に入りであればあるほど、綺麗にして長く着用したいものですよね。

しかし、スカジャンの洗濯は難しいと言われています。その理由は、素材と刺繍です。
先ずは、洗濯表示を確認しましょう。洗濯機の表示が付いていれば、もちろん洗濯機で洗うことが出来ますが、負担は大きくなります。また手洗い表示が付いていた場合は、手洗いなら家庭で洗うことが出来ます。洗濯機で洗うよりは、負担は少ないでしょう。

洗濯表示だけでなく、使用されている素材も確認してください。レーヨンは水に濡れると縮みやすく、一度縮むと元には戻りません。生地にレーヨンが使われていなくても、刺繍糸にシルクやレーヨンが使われていることがあるので注意してください。レーヨンが使用されていて手洗いできる場合は、レーヨン用の洗剤を使用して、手洗いすることをお勧めします。また洗剤は、蛍光増白剤が入っていない中性洗剤を使用しましょう。

スカジャンの洗濯機での洗濯方法

  1. 先ずは、スカジャンのボタンやファスナーを全部閉めてください。裏返してから洗濯ネットに入れましょう。
  2. 中性洗剤で、水流の最も弱いコースを選んで洗濯機を回してください。洗濯後は、裏返したままで風通しの良いところで陰干しします。刺繍糸は引っかかりやすいので、全ての工程を丁寧に行いましょう。
  3. 手洗いする場合は、中性洗剤をとかした水の中に、スカジャンを浸します。優しく押し洗いしましょう。30回程度押し洗いしたら、水を一度捨て新しい水を張ります。同じ様に押し洗いの要領ですすぎを行ってください。汚れが出る都度、水を替え、泡や汚れが無くなるまで繰り返しましょう。
  4. すすぎ後は、脱水です。ドライコースで脱水してください。脱水が終わったら、裏返して風通しの良いところで陰干ししましょう。

ポリエステルのスカジャンは洗濯も大事!干し方も大事!

あなたのスカジャンはどのような素材ですか?もし、ポリエステルであれば、生地自体は水に強い素材と言えます。

ポリエステルは、軽い上、丈夫でシワになりにくいのが特徴です。さらに型崩れしにくいという利点もあります。

ポリエステルは、様々な衣類に用いられています。社会人や学生が毎日着るワイシャツや制服、スーツ、作業服などは、型崩れしにくくシワになりづらいという特徴から、ポリエステルが使用されていることがあります。

ポリエステルは、丈夫でシワになりにくいだけでなく、乾きやすいのも特徴です。だからといって適当に乾かしてよいわけではありません。

シワを伸ばしながら、風通しの良いところで陰干ししましょう。直射日光の当たるような場所で干すと、色あせの原因になります。また、ポリエステルは高温に弱いため、乾燥機で乾かすのは避けましょう。

ポリエステルの衣類を干す前には、上下にシッカリと振って伸ばしてから干すと、綺麗な形を保った状態で乾かすことが出来ます。

万が一シワになってしまったという場合は、アイロンをかけることも出来ます。しかし、直接アイロンをあててしまうとテカリの原因になってしまうので、必ず当て布をして中温でかけましょう。

スカジャン(ポリエステル)は自宅で洗濯する?クリーニングに出した方がいい場合

あなたのスカジャンの洗濯表示や素材を確認してみてください。ポリエステルですか?それとも他の素材ですか?自宅で洗濯できる表示は付いていますか?

スカジャンによっては、洗濯不可のものもありますが、一部のスカジャン以外は、クリーニングすることが出来ます。

スカジャンの素材には、レーヨン、アセテート、ポリエステル、場合によってはシルクが使用されています。レーヨンが使われている場合には、水に濡れると縮みやすく、一度縮むと元には戻らないため、ドライクリーニングすることをお勧めします。

リーズナブルなポリエステル素材のスカジャンであれば、洗濯表示で手洗い可能な場合もありますが、刺繍が多いため、デリケートに扱うことが必要です。

スカジャンにはビンテージのものも多く、そのようなスカジャンはデリケートで色落ちの可能性が高いため、洗濯には適しません。また、ビンテージのレプリカも同様に洗濯には適さないでしょう。

ジャンパーやブルゾンも自宅で洗濯できます

スカジャンだけでなく、ジャンパーやブルゾンなども同様に、自宅で洗濯できるのでしょうか。

先ずは、洗濯表示タグをしっかりと確認してください。洗濯表示タグはジャンパーの内側についています。リバーシブルタイプのジャンパーの場合には、ポケットの中についている事もあるので、確認してみましょう。

ジャンパーやブルゾンの素材は何が使われていますか?洗濯表示と共に表地、裏地、中綿の素材もシッカリと確認してください。それが、洗濯を成功させる秘訣です。
コットンやナイロン、ポリエステルであった場合には、自宅で洗濯できることが多いでしょう。

洗濯表示の位置によっては、切り取ってしまいたいという場合もあるかもしれません。また洗濯するにつれてタグの表示が薄くなったり、ビンテージのジャンパーなどであれば、購入時にすでに薄くて見えなくなっているものもあるでしょう。

商品タグに洗濯表示が付いているものもあるため、切り取って残しておくか、または写真にとっておけば、洗濯の際に困りません。

スカジャンのお手入れや刺繍がほつれたら?

スカジャンを自宅で洗濯した場合、様々なトラブルに悩まされることもあるでしょう。上手く洗濯できずに、刺繍の一部がほつれてしまうなんてことも考えられます。
また、ビンテージのスカジャンであれば、古くなって刺繍が自然にほつれてくることもあるでしょう。

刺繍はスカジャンにおいて一番デリケートな部分です。丁寧に扱わなくてはならず、傷みやすい箇所でもあります。

万が一刺繍がほつれてしまったら、ほつれたり切れたりした糸の先に、布用のボンドをほんの少しだけ塗りましょう。そして、元の場所に貼り付けてください。ボンドは乾くと透明になって目立たなくなります。柄とは関係ない箇所であれば、ボンドをつけて生地の中に潜らせてから乾かしましょう。

スカジャンには、繊細な刺繍が施されているため、出来ればクリーニングに出すことがお勧めです。クリーニングに出せば、色落ちや、手触り、刺繍にも配慮して洗ってもらうことができます。大切なスカジャンであればこそ、お金を惜しむことなくクリーニング専門店に洗濯をお願いするのが賢明でしょう。

クリーニングから戻ってきても、そのままたたんでしまっては、シワの原因になります。防虫剤と一緒に吊るして保管してください。