注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

干支の置物はいつまで置いておく?片付ける時期や片付け方法

お正月になると干支の置物を飾る人もいますよね。ここで気になってくるのが、干支の置物はいつまで飾っておくのが正解なのか?ということではないでしょうか。

お正月に飾った正月飾りなどは飾って置く時期が終われば処分をしますが、干支の置物は一体どうすればよいのでしょう。

そこで今回は、干支の置物を飾って置く時期や片付け方法、お正月飾りを飾る時期や片付ける時期についてお伝えします!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

服が高い。なぜこんなにも値段が違うの?服の値段について

高い服と安い服は何が違うのでしょうか?素材?それとも人件費?なぜ似たような服でもこれほどまでに値段に...

ハムスターの種類や性格について!ハムスターの飼い方をご紹介

ハムスターは種類によって性格も違うものなのでしょうか?飼いやすいハムスターとは? とくに人気の...

古文のコツとは?中学古文を苦手克服するための勉強法

国語の中でも古文が苦手という中学生も多くいるのではないでしょうか? では、中学古文の苦手を克服...

アクリル絵の具は洗濯してもOK!布に描くことが可能なアイテム

アクリル絵の具を使って布に描くとき、「洗濯をしてもアクリル絵の具は落ちない」という話を聞いたことがあ...

ご祝儀を会社から頂いた場合お返しは必要?マナーについて

結婚祝いや出産祝いなどで会社からご祝儀を頂く場合があると思います。そんなときに気になるのがお返しです...

塩でお清め!持ち歩く事で得られる塩の効果!塩は開運アイテム

「塩にはお清めの効果がある」という話を聞いたことがある人もいますよね!街を歩いていると、盛り塩をして...

車の燃費が悪くなった。その原因と改善策をご紹介!

最近車の燃費が悪くなった、急激に燃費が悪くなったと感じていませんか? 単に車が劣化した、部品が...

クリスマスプレゼントにはコレ!3歳のおもちゃ以外のプレゼント

おもちゃ以外のものをプレゼントしたいけど、3歳の子供のクリスマスプレゼントに何を上げたら良いかわから...

男性が太ももを細くするための方法を徹底解説!鍛え方に注意

高校や大学で運動部に所属していた男性の中には、太ももが太くて洋服が似合わないことが悩みだという人も多...

バージンロードを一緒に歩く両親がいない場合の方法

結婚式といえば父親とバージンロードを歩き、新郎の場所まで行きますよね。しかし、両親がいない花嫁さんの...

クワガタやカブトムシの捕まえ方は?バナナトラップの作り方

夏になると、クワガタやカブトムシを捕まえたいというお子さんもいますよね!ひと夏の思い出として、親子で...

写真映えするキュートな花かんむりを手作り!簡単な作り方

幼い頃、シロツメクサで花かんむりを作った。そんな思い出ありませんか?花かんむりは女子の憧れ、花かんむ...

猫の鳴き声で気持ちを知ろう!「クルル」と鳴くときの気持ちを解説

猫が「クルル」と鳴き声を出したとき、まだ上手にコミニュケーションが取れていない飼い主さんは、一体どん...

風船を浮かせる裏技をご紹介!子供の誕生会を盛り上げましょう

子供の誕生会を自宅でする場合、どんな飾りつけにしようかとママとして悩んでしまうのではないでしょうか。...

親に旅行をプレゼントするなら海外?おすすめなスポットをご紹介

親が生きているうちに親孝行したい!いつかしてあげたいと思っているその瞬間にも、親もあなたも年を重ねて...

スポンサーリンク

干支の置物はいつまで置いておくのが正解?

干支の置物などは、神社からいただいた縁起物。正月飾りなどのように、いつからいつまでと明確に区切った期限はありません。

神社で頂くお守りや御札は時期が来ると返納しますが、その必要もありません。

その干支の年の間飾って、干支が変わったら神社に返納してもいいし、手元で保管してもいいんですね。

また、干支を意識する正月の時期だけ飾るのもOKです。ただし、干支の置物は「時の運」を引き寄せると考えれば干支が続くその年の間は、飾っておいてご利益を期待してもいいのではないでしょうか。

その年の干支のものを玄関に置くと「良い機会が訪れる」「良縁がある」というご利益があるのだそう。

ちなみに玄関に置くと運気を下げてしまうと言われているものは、鏡などの光が反射するもの。ドライフラワーやぬいぐるみ。そして意外なことに、傘立ても良くないらしく、濡れた傘は玄関に置きっぱなしにしない方がいいとのことです。

干支の置物はいつまで取っておくもの?処分方法は?

干支の置物は、基本的に神社への返納の必要はありませんが、正月飾りやお守りなどを神社に返納するときに、一緒に納めても大丈夫です。

もちろんお気に入りの干支の置物であれば、大切にしまっておいて12年後に飾ってもかまいません。逆に繰り返し使うことで、より幸運を運んでくるという説もあります。

処分することにした場合は、そのままゴミに捨ててしまうのは気が引けるし、神様に失礼な気がしてしまうのが日本人。

処分の前には、次の手順で処分すればバチが当たることもないでしょう。

  1. 干支の置物は水できれいに洗う。
  2. 「この1年間ありがとうございました」と感謝しましょう。
  3. 清潔なタオルで拭き、白い布や半紙に丁寧に包んでから地自体の処分方法にルールに合わせて処分しましょう。

この方法でも面倒に感じてしまうなら、もっと簡単な方法もお教えしますね。

干支の置物に塩や酒を振りかけて、感謝の気持ちを伝え金槌などで割ってから処分します。

どの場合も、最後まで丁寧に扱って感謝の気持ちを忘れないことが大切です。

干支の置物はいつまででも置いてOK!置く場所によって運気が上がる

  • 干支にもそれぞれ相性がある

十二支の動物には、それぞれに相性があります。

相性が悪いとされる組み合わせは、子と午・丑と未・寅と申・卯と酉・辰と戌・巳と亥があります。

  • 龍(辰)は大切に?

龍は四神の中でも特に高貴な神様で、風水ではとてもパワーがあるとされています。玄関に龍に関する物があると対人運が上昇します。龍は犬(戌)と中が悪く、近くに置かないほうがいいとのこと。

干支の中でも龍を優先して扱うと風水的には運気アップに繋がるそうです。

  • 寅・戌年の置物はリビングに

干支ごとに置物を変える場合、寅年にも龍の機嫌を損ねないよう虎(寅)のものは置かない方がいいので、寅と戌の年は干支の置物はリビングなどに置くようにしましょう。

お正月飾りを飾る時期はいつがいい?

ちなみに期間が気になるのは正月飾り。いつまでに飾り付けることになっているかご存知でしょうか。

もちろん正月飾りとは、読んで字のごとく「正月を迎えるための飾り」です。準備期間としては新暦の12月13~30日と言われています。

ただ、12月29日は語呂合わせて「二重苦」や「苦待つ」となることから縁起が悪いとされます。

12月31日に飾りつけるのも「一夜飾り」という言葉があり、1日で正月を迎えることになるので、年神様を迎えるには敬意が足りないとして避けるべき日とされています。

ということは、12月30日ならギリギリ大丈夫とも言えますが、できればもう少し余裕を持って12月13~28日の間には飾りつけなどをしたいところです。

しかし、現代の家庭の多くは、クリスマスが定着したことで25日まではクリスマスの飾り付けやアイテムがたくさん置いてあることでしょう。

そう考えるとクリスマスが終わった直後の26~28日、30日の4日間が正月飾りの準備に最適な日と言えます。一説では12月28日の飾りつけは縁起が良いとされているようですよ。

正月飾りを片付ける時期は?

では、正月飾りの片付けるのはいつがいいのでしょうか。いつまでも正月気分でいるわけにもいきませんし、気持ちを通常モードに切り替えるためにも、片付ける時期は知っておきたいものです。

飾り始めにも言えることですが、地域によって正月に関する風習にも違いがあります。

また「正月飾り」とひとことで言っても、正月飾りにも種類があるのでそれぞれに違いもあります。

しめ縄、門松、鏡餅など、物によっていつまで飾るかに違いがあるのです。

全国に正月飾りをしておく時期の平均的なイメージとしては「正月飾りは7日」までという場合、「小正月(15日)までは飾っておく」という場合のどちらかが多いようですね。
鏡餅については11日の「鏡開きの日」に食べる風習が一般的なので、それまで飾っておきます。

昔は年末から飾り続けてカチカチになった鏡餅を叩いて割り、料理にするなどしていましたが、今では鏡餅型のプラスチックケースに切り餅のパックが入ったものが多くなっています。