注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

イギリスの文化・歴史を徹底調査!国名の由来について

紳士的な国といったイメージが強い「イギリス」。イギリスにはどんな文化や歴史があるのか、なんだか興味を持ってしまいます。

イギリスの国名の由来や王室、そしてスポーツや茶文化、食文化まで、あらゆる視点からイギリスの文化や歴史について調べてみました。

あなたの知らなかったイギリス文化や歴史が知れるかも!?ぜひご覧ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

絹と木綿のどちらが麻婆豆腐に向いている?その違いについて

麻婆豆腐を作ろうとレシピを検索してみると豆腐の種類がそのレシピによって「絹」だったり「木綿」だったり...

学会の服装、冬に参加する場合の注意点とポイントを解説!

学会に参加すると決まったら、次に考えるのは「服装」のことではないでしょうか? スーツが無難だと...

先生の服装〔女性編〕日常から修学旅行時などの服装ポイント

春から先生として教壇に立つ人はたくさんいますが、意外と悩んでしまうのが、学校に行く時どんな服装で行く...

解散するバンドの主な理由とは?解散するにはワケがある!

好きなバンドが解散してしまうのはとても悲しいものです。 そもそも一緒に音楽をやっていこうと頑張...

プロ野球選手を引退!不安が拭えないその後の人生

プロ野球選手になれる確率は、どのくらいだか知っていますか? 一説では0.03%の確率とも言われてい...

スカートを履かない女性の心理や性格、デートの時の本音とは

スカートを履かない女性の心理を知りたくありませんか? 職場で気になる女性がスカートを履かないでいつ...

夫婦のベッドは別々が常識?質の良い睡眠をとろう

夫婦はベッドが別々のほうが上手くいく?年齢とともにベッドが別々になってくる夫婦が多いようです。 ...

免許の取得日の調べ方を資格免許から運転免許まで詳しく解説!

免許の取得日がわからず、調べ方について困っていませんか? 履歴書に免許の資格取得日を記入しなくては...

女性公務員の服装は基本的には自由!ただし注意点があります

女性公務員としてこれから働く時、どんな服装にすべきかでまず悩みます。 最初はスーツを着ていくべきか...

カジュアルなスタイルで会社へ通勤するときの服装について

会社によっては、ドレスコードや服装規定がなくカジュアルな服装での出勤が許されているところもありますね...

講習会の服装は夏の時期何を着ていくべきなのか

講習会に参加する場合、「服装は自由です」と言われることがあります。 自由だからといって普段着で行こ...

就活の第一志望に落ちたら何をしたらいい?対処方法について

就活で第一志望に落ちたらいったい何を目指せばいいのでしょうか?誰もが第一志望に受かるわけではありませ...

就活にネクタイピンは必要?就活でつける場合のポイントと注意点

男性が就活をしている時、ネクタイピンは必要なのか悩むこともありますよね。就活で有利になるのであればネ...

合宿がある部活が辛いと感じる前に経験は宝物!乗り切る方法も

体育会系でも文化系でも部活をやっていると、合宿がありますね。 そんな部活の合宿は、辛いと感じて...

スポンサーリンク

イギリス文化と歴史、国名・国旗の由来について

イギリスという国の名前の由来

日本ではイギリスと呼んでいます。
しかし正式とされているイギリスの国名は違うようです。

  • 「グレート・ブリテン」
  • 「北アイルランド連合王国」

この二つが正式国名で、略すと「UK」となります。

  • イングランド
  • スコットランド
  • ウェールズ
  • 北アイルランド

これら全てを含む呼び方となるそうです。

イギリスの国旗

イギリスの国旗といえば「ユニオン・ジャック」です。

イギリス本土の島(グレート・ブリテン島)

  • イングランド
  • スコットランド
  • ウェールズ

これらの国は1つの国ですが、元々は別の文化と歴史を持っている国だったそうです。
これらの国と、北アイルランドの国の国旗を合わせている連合国旗がユニオン・ジャックらしいです。
(ウェールズの国旗のレッド・ドラゴンは含まれていないそうです)

イギリスってどんな国?王室やスポーツからみる文化・歴史とは

イギリス王室

イギリスの元首である女王、エリザベス2世の場合は、立憲君主制とし、国を統治していません。

イギリスの王室は女王と、その家族で構成されています。
イギリス王室は国民から注目されている存在といえます。

イギリスは右ハンドルで左側通行

国際運転免許証と取った人もいるかと思います。
交通ルールもハンドルの位置も日本とは違うので慣れるまでは大変だと思います。
しかしイギリスの場合は、日本と同じくハンドルは右側で通行も左とされているので違和感がないでしょう。

イギリスで人気のスポーツ

  • サッカー
  • テニス
  • クリケット
  • 競馬や乗馬

イギリスで特に人気のあるスポーツは、サッカーやテニスです。
サッカーの母国とも言われているイングランドには有名なサッカーチームがいくつかあります。

テニスにしても世界で有名な大会などを行っています。

昔から人気のあるクリケットもイギリスから始まった伝統あるスポーツです。
競馬や乗馬も人気があるようです。

イギリスの茶文化と歴史について

イギリスといえばアフタヌーンティー

イギリスのお茶の文化、アフタヌーンティーは有名です。

  • ケーキ
  • スコーン
  • サンドウィッチ

紅茶と一緒にこれらを楽しみます。
アフタヌーンティーは、元々貴族の社交として始まりました。
なので作法やマナーがたくさんあるそうです。

ティーカップの持ち方や、食べる順番などの礼儀作法を大切にしたり、室内の装飾や食器にこだわって大切にしたりしているようです。

最近では現代風にアレンジされてアフタヌーンティーを楽しめるお店も増えてきているそうです。
日本ですとカジュアルなカフェなどのメニューにあったりします。

イギリスでは、アフタヌーンティー以外にはティータイムがたくさんあるそうです。

アーリーモーニングティー

朝、目が覚めてすぐにベッドの中やベッドサイドで紅茶を飲む風習です。

ブレックファストティー

朝の食事の際に紅茶を楽しむ時間です。

その他にも「イレブンシス」「ハイティー」「アフターディナーティー」などがあります。

文化と歴史が混ざり合う国、それがイギリス!

イギリスは沢山の魅力がある街がたくさんあります。

イギリスの首都ロンドン

ロンドンはイギリスの首都です。
都市圏に1200万人ほどの人口がいると言われていて、外国人も多い国際都市といえます。
音楽や芸術、スポーツも盛んで、中心地として世界へ次々と情報を発信しています。
グルメとしても有名です

主なロンドンの観光地

  • ビッグベン時計台
  • ロンドン塔
  • セントポール大聖堂
  • グローブ座

オックスフォード

ケンブリッジもそうですが、イギリスにある最も古くからある伝統ある大学街です。
アッシュモリアン博物館があり、街から近いところに川辺、森林公園などがあります。
バスでの交通も便利です。

ケンブリッジ

オックスフォードのように、共に有名な大学都市です。
ケム川沿いにあり、小さくてキレイな街です。
劇場や美術館などがたくさんあるので、観光地としても人気があります。
ケンブリッジ大学の景観は、とてもキレイです。

イギリスの食文化!イギリス人が日常食べる物とは

イギリスの人は普段、どのようなものを食べているのでしょうか。
80年代のイギリスの家庭では、主にベーシックな伝統家庭料理だったそうです。

イギリスの朝食

  • トースト
  • シリアル
  • ポリッジというイギリスの麦でできたお粥
  • ヨーグルトやフルーツ

イギリスの人はお昼に何を食べる?

  • サンドイッチ
  • ヨーグルト
  • フルーツ
  • スープ

イギリスの夕食といえば

  • シチュー
  • チキンパイやフィッシュパイ
  • お肉料理
  • 野菜料理
  • パスタ類

このような家庭料理が多かったようです。

最近のミドルクラスの家庭になると、グルメ志向な家庭も多いようで、家庭料理として作られている料理は、イギリス料理だけではなく、イタリアや中国、インドの料理などを作られていたりします。

国際的なイギリスなので、いろいろな街でアジア系のスーパーがあったり、フランチャイズの普通のスーパーでも世界中の国の食材が販売されています。