注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ、何を書けばいいのか悩んでしまいますよね。

ただ、詩を書くのではなくテーマや気持ち、体験などを素にしてみましょう。また、小学校高学年だからこそのちょっとした工夫を取り入れると少し大人っぽい詩にすることができます。

もちろん気持ちをストレートにぶつけるのもいいでしょう。小学校高学年ならではの詩の書き方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ネットの情報は鵜呑みせず、参考程度にとどめるのが一番!

ネットの情報を鵜呑みしたばかりに失敗した…こんな経験ないでしょうか。 スマホが普及されてからという...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGと...

一人暮らしのトイレにおすすめのインテリアや簡単DIY

一人暮らしの場合には、トイレもやはり狭いというのが一般的です。 その広くない空間もやはり快適でリラ...

カシミヤのコートの暖かさとは?カシミヤコートの着こなし

カシミヤのコートはどのくらいの暖かささなのでしょうか?コートを買うときに悩むのが、デザインや値段、暖...

クワガタを幼虫から飼育する際のポイントをご紹介します!

クワガタを幼虫から飼育したいと考えている方も多いことでしょう。 まず幼虫を手に入れるためには、...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

ヤモリは駆除せず、凍らせるスプレーで動きを止めて逃がそう

ヤモリは害虫を食べてくれる家の守り神とは言われているものの、実際に家に現れるとおどろきますよね。 ...

女子らしい部屋の収納でスッキリ可愛く見せるコツやポイントとは

女子の一人暮らしの部屋は、狭くて収納スペースがあまりないと困りますよね。 では、女子らしく可愛...

靴のサイズで失敗した場合の対処法と失敗しない上手な靴選びとは

最近はネット通販などで色んなタイプの靴が低価格で手に入り、オシャレの幅も広がりますね! ですが...

電車での携帯使用不可の理由と今緩和されつつあるワケ

電車での携帯通話はマナー違反。定着されているルールだと思っていましたが、なぜ電車で会話をするのはOK...

49日法要の引き出物の表書きについてやマナーについて

49日法要では参列して頂いた方に引き出物を渡します。このときに渡す引き出物には表書きを書くことになる...

団地の玄関の寒さ対策で光熱費も節約!冬を快適に過ごそう

団地の玄関の寒さ対策に悩んでいる人は必見です。 団地の玄関からの冷気を抑えることはできれば、暖...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

スポンサーリンク

小学校高学年は詩の書き方とは

小学校高学年の皆さんの一つの悩みは、学校の宿題でも出される、「詩の書き方」でもあります。

他の科目も十分難しいけれど、詩を書くとなると、どんな風に書けば良いのかもアイディアが無いとわからなくなりますよね?

まずは詩のテーマを決める

詩がうまく書けない、何について書けば良いのかもわからないとう方は、まずは、テーマ決めて下さい。大体の場合は、自然をテーマにする事が多いです。ですので、あなたが空を見たら心が安心するのなら、空をテーマにして詩を書き、それが海でしたら、海をテーマにして詩を書きます。

テーマが決まったら、その単語を使った文章を書く

例えば、悲しい空、いつも水々しい海など、あなたが決めたテーマを使って、文章を書きます。これが、小学校高学年の方が書くテーマの詩の始まりになります。

詩を書きやすくするには、できるだけ多くのテーマを上げることです。できるだけ自然に絞って、あなたが思う事を文章に表して下さい。

小学校高学年は中学生を意識した詩の書き方をするのもアリ

小学校高学年と中学はそれ程年齢にも差がありませんし、詩の書き方についても、「面白いからワンランクアップした書き方をしたい」と好奇心旺盛の小学生もいると思います。
是非中学生が書く様な詩の書き方を学び、上達させて下さい。

よりセンスのある文書の書き方

あくまでも、重点は形容詞にあります。あまり長い文章ではありません。小学校高学年と中学生の違いはそこにあります。

小学校高学年はあくまでも自分がテーマにした事に対して、自分の思いを形容詞として書くのが「詩」です。でもそれよりもう少しステップアップしたやり方は、動詞を付け、より本格的に文章にした形になります。

例えば、「私はまるで悲しい思いをしている空を見上げています」など、テーマだけではなく、それに付随する部分が多く出ます。

あなたの感情をより文章として表現しているのが、中学生の詩だと思います。

詩の書き方は自由!だからこそ小学校高学年は技術を取り入れて

小学校高学年で詩の作成、課題が出るとなると、苦手な方にとっては、頭を抱える問題です。苦手なんだけど、どうやって、この詩の宿題を完了させよう。

でも、大丈夫です。

まずは、「私は詩を書ける」と自信を持って下さい

案外、自分ができると思う事で、物事は前に進みます。そして、あまり考えすぎず、あなたが感じている事をとにかく文字に表す作業をして下さい。

例えば、あなたが猫について書きたいのであれは、「いつも側にいてくれる猫」など、あなたが感じている通りに文字に表して書いて下さい。案外、それでスムーズにあなたの詩の課題は終了します。

あとは、上記の例で言えば、猫を見た時に、お茶を見ている猫など、何か描写できる単語があれば、どんどん使って下さい。それにより文章が長くなり、詩がどんどん完成します。

どんどん書きたい事を文字に表して、あなたの詩を完成させましょう。

詩の書き方で思い浮かばないときのヒント

何かテーマを決めて詩を完成させて下さいと言われても、特に追い込まれている時こそ、何も思いつかない時もあります。周りの方がどんどん詩の宿題を終了させていると、余計プレッシャーですよね?

いつもあなた自身が見ている風景を詩にする

あなたがバス通であれば、バスから見える風景を詩にして表現する、最近、この事で嬉しい事があった、そんな出来事があれば、それを題材にするのも、詩を完成させる材料になります。

テーマは自然に絞る必要はありません。自然から入った方が入りやすいとは思いますが、必修ではありません。

あなたが感動した事、例えば、ニュースで10代の男の子が数人で困っている人を助けた事を詩にしても勿論いいです。あなたが今心に残っている事をまずは文字にして表現する。それが、学校からの課題である、詩を完成するコツだと思います。

ピアノが趣味の方は、ピアノの事について詩にするなど、あなたの趣味を文字にしても詩は完成します。

詩の書き方で大切なのは自分がいいと思うこと

学校の成績を気にしている方は、詩を書くにしても、どんな詩を書けば、成績が上がるのか、ポイントを知りたいと思っていますよね?実を言うと、詩を書く上で一番大切なのは、自信がなさげに書く、読むのではなく、自信を持って「これは私、僕のベストです」と言える物を提出する事です。

その感覚は個人によって違うので、なかなか難しいと思います。自分がこれは傑作だと思っても、別の人の感覚では「ちょっと違うのでは?」と思われるかもしれません。でも、それでも、学校であなたの詩を発表する時に自信を持って読むのが鍵になります。

自信を持って読むのか読まないのかでも大夫差は出ます。それで、周りに与える印象も違います。とりあえずテーマを決めて、それについて形容詞をつけたり、文章にして、後は自信を持って学校で発表する、これが学校で好成績をとるコツになります。

自信を持つことは詩に限らず、他の科目でも大切にはなります。ただ、勉強を疎かにしてはいけません。詩について何か学校からルールが出ているのなら、それについても従いましょう。

詩の書き方について悩んでいる方のため、書き方について、上記で説明しました。あなたが「これで、自信を持って、詩を書けれる」と読んでいて思えるものでしたか?あなたの興味のあるテーマを決めて書き、後は自信を持って発表しましょう。