注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

詩の書き方とは?小学校高学年はココを意識して詩を作ろう

小学校高学年はどのようにして詩を書いたらいいのでしょうか?詩の書き方は好きなことを書いていいからこそ、何を書けばいいのか悩んでしまいますよね。

ただ、詩を書くのではなくテーマや気持ち、体験などを素にしてみましょう。また、小学校高学年だからこそのちょっとした工夫を取り入れると少し大人っぽい詩にすることができます。

もちろん気持ちをストレートにぶつけるのもいいでしょう。小学校高学年ならではの詩の書き方について紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

同じ苗字だと結婚ができない?韓国の結婚に関する法律をご紹介

韓国では同じ苗字の方をよく耳にします。それもそのはず日本に比べると韓国の苗字の種類は、とっても少ない...

浄化槽を撤去する際の費用や手順について紹介します!

浄化槽を撤去するには、費用がかかります。 そもそも浄化槽とは何?と思っている人もいるのではないでし...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

ヒールが脱げる時の対処法!簡単にできる応急処置と脱げる原因

せっかく買ったお気に入りのヒールを履いて歩いている時、脱げてしまうこともありますよね。対処法がわかれ...

電車で臭い人の隣に!対策方法・対策グッズ・対処法をご紹介!

電車で臭い人が隣に!しかもちょっとキョウレツ! 迷惑って、自分も絶対に誰かにかけているんですよ...

大学卒業式に親が行くのは過保護?親子で十分話し合うことが大切

子供の大学の卒業式。出席して子供の成長を見守りたい親御さんも多いと思います。 卒業式は入学式よりも...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

本についたシミやカビを諦めない!キレイにする方法とやり方とは

長い期間しまっておいた本を見たら、カビやシミがびっしりついていた!ということはありませんか? ...

旅館の浴衣の着付け方のポイントや上手に美しく着るコツとは

旅館の浴衣の着付け方がよくわからず、自分で着れるのか不安な人もいますよね。 でも、せっかくの温...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

こめかみの髪の毛がはねるのをなんとかして!はねの原因と対処法

こめかみ部分の髪の毛だけがはねると、セットも上手くいかず毎朝イライラしてしまうのではないでしょうか。...

アイロンのスチームが出ないときの原因と対処方法を紹介します

アイロンのスチームが出ない、威力が弱いのはどんなことが原因なのでしょうか?お水を入れているのに…高温...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

スポンサーリンク

小学校高学年は詩の書き方とは

小学校高学年の皆さんの一つの悩みは、学校の宿題でも出される、「詩の書き方」でもあります。

他の科目も十分難しいけれど、詩を書くとなると、どんな風に書けば良いのかもアイディアが無いとわからなくなりますよね?

まずは詩のテーマを決める

詩がうまく書けない、何について書けば良いのかもわからないとう方は、まずは、テーマ決めて下さい。大体の場合は、自然をテーマにする事が多いです。ですので、あなたが空を見たら心が安心するのなら、空をテーマにして詩を書き、それが海でしたら、海をテーマにして詩を書きます。

テーマが決まったら、その単語を使った文章を書く

例えば、悲しい空、いつも水々しい海など、あなたが決めたテーマを使って、文章を書きます。これが、小学校高学年の方が書くテーマの詩の始まりになります。

詩を書きやすくするには、できるだけ多くのテーマを上げることです。できるだけ自然に絞って、あなたが思う事を文章に表して下さい。

小学校高学年は中学生を意識した詩の書き方をするのもアリ

小学校高学年と中学はそれ程年齢にも差がありませんし、詩の書き方についても、「面白いからワンランクアップした書き方をしたい」と好奇心旺盛の小学生もいると思います。
是非中学生が書く様な詩の書き方を学び、上達させて下さい。

よりセンスのある文書の書き方

あくまでも、重点は形容詞にあります。あまり長い文章ではありません。小学校高学年と中学生の違いはそこにあります。

小学校高学年はあくまでも自分がテーマにした事に対して、自分の思いを形容詞として書くのが「詩」です。でもそれよりもう少しステップアップしたやり方は、動詞を付け、より本格的に文章にした形になります。

例えば、「私はまるで悲しい思いをしている空を見上げています」など、テーマだけではなく、それに付随する部分が多く出ます。

あなたの感情をより文章として表現しているのが、中学生の詩だと思います。

詩の書き方は自由!だからこそ小学校高学年は技術を取り入れて

小学校高学年で詩の作成、課題が出るとなると、苦手な方にとっては、頭を抱える問題です。苦手なんだけど、どうやって、この詩の宿題を完了させよう。

でも、大丈夫です。

まずは、「私は詩を書ける」と自信を持って下さい

案外、自分ができると思う事で、物事は前に進みます。そして、あまり考えすぎず、あなたが感じている事をとにかく文字に表す作業をして下さい。

例えば、あなたが猫について書きたいのであれは、「いつも側にいてくれる猫」など、あなたが感じている通りに文字に表して書いて下さい。案外、それでスムーズにあなたの詩の課題は終了します。

あとは、上記の例で言えば、猫を見た時に、お茶を見ている猫など、何か描写できる単語があれば、どんどん使って下さい。それにより文章が長くなり、詩がどんどん完成します。

どんどん書きたい事を文字に表して、あなたの詩を完成させましょう。

詩の書き方で思い浮かばないときのヒント

何かテーマを決めて詩を完成させて下さいと言われても、特に追い込まれている時こそ、何も思いつかない時もあります。周りの方がどんどん詩の宿題を終了させていると、余計プレッシャーですよね?

いつもあなた自身が見ている風景を詩にする

あなたがバス通であれば、バスから見える風景を詩にして表現する、最近、この事で嬉しい事があった、そんな出来事があれば、それを題材にするのも、詩を完成させる材料になります。

テーマは自然に絞る必要はありません。自然から入った方が入りやすいとは思いますが、必修ではありません。

あなたが感動した事、例えば、ニュースで10代の男の子が数人で困っている人を助けた事を詩にしても勿論いいです。あなたが今心に残っている事をまずは文字にして表現する。それが、学校からの課題である、詩を完成するコツだと思います。

ピアノが趣味の方は、ピアノの事について詩にするなど、あなたの趣味を文字にしても詩は完成します。

詩の書き方で大切なのは自分がいいと思うこと

学校の成績を気にしている方は、詩を書くにしても、どんな詩を書けば、成績が上がるのか、ポイントを知りたいと思っていますよね?実を言うと、詩を書く上で一番大切なのは、自信がなさげに書く、読むのではなく、自信を持って「これは私、僕のベストです」と言える物を提出する事です。

その感覚は個人によって違うので、なかなか難しいと思います。自分がこれは傑作だと思っても、別の人の感覚では「ちょっと違うのでは?」と思われるかもしれません。でも、それでも、学校であなたの詩を発表する時に自信を持って読むのが鍵になります。

自信を持って読むのか読まないのかでも大夫差は出ます。それで、周りに与える印象も違います。とりあえずテーマを決めて、それについて形容詞をつけたり、文章にして、後は自信を持って学校で発表する、これが学校で好成績をとるコツになります。

自信を持つことは詩に限らず、他の科目でも大切にはなります。ただ、勉強を疎かにしてはいけません。詩について何か学校からルールが出ているのなら、それについても従いましょう。

詩の書き方について悩んでいる方のため、書き方について、上記で説明しました。あなたが「これで、自信を持って、詩を書けれる」と読んでいて思えるものでしたか?あなたの興味のあるテーマを決めて書き、後は自信を持って発表しましょう。