注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

車選びでピンク色に乗るのに年齢は関係ないという意見は多い

車の購入を考えている場合に気になるのが、車種の他に車の色も気になるところではないでしょうか。
ホワイトやブラックやグレーは人気のカラーですが、女性ならピンクの車もかわいいですね。

ですが「ピンクの車ってどうなの?」と心配する声もありますし、年齢を気にする声があるようです。

そこでピンクの車に乗っている女性をどう思うのかという意見を紹介します。

年齢に関係なくピンクの車を選ぶ女性は多いようです。

色よりもこんな女性の車は彼女にしたくないという男性の意見がありましたので参考にしてください。

また女性が運転している車の色のイメージについてもご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

日本にはどんな魅力があるのでしょうか海外の反応は?

日本には独特な魅力がある観光地が数多くあります。 その中には日本人はそれほど行かないのに、海外の人...

浄化槽を撤去する際の費用や手順について紹介します!

浄化槽を撤去するには、費用がかかります。 そもそも浄化槽とは何?と思っている人もいるのではないでし...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

女子らしい部屋の収納でスッキリ可愛く見せるコツやポイントとは

女子の一人暮らしの部屋は、狭くて収納スペースがあまりないと困りますよね。 では、女子らしく可愛...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

寝る時の音楽の癒し効果とは?寝つきが悪い人はぜひお試しを

寝る時の音楽には癒し効果があるという噂。 寝る時は無音の方がいいのでは?音楽を聴きながらなんて逆に...

靴の消臭グッズを簡単に手作り!リーズナブルで効果的な消臭剤

暑い季節になってくると、どうしても靴の臭いが気になりますよね。特に子供の靴の臭いに悩んでいるという方...

大学の入学手続きは親に頼まずに自分でするべき理由とメリット

大学の入学手続きは親に頼めば失敗しないし安心だと思っていませんか? しかし、受験をしたのはあなたで...

男性が苦手で怖いという人が苦手意識を克服する方法

男性が苦手で接するのが怖い…という女性はいます。 特に中高と女子校育ちで、同じ年頃の男性と接する機...

シーリングファンの効果が知りたい!夏の使い方を紹介!

シーリングファンが天井にあると、それだけでオシャレな雰囲気が楽しめますね。 またシーリングファ...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか? ...

革のバッグを雨の日に使って濡れてしまった時の手入れ方法

お気に入りの革のバッグを持って出かけていたら、急な雨で大事なバッグが濡れてしまった!そんな時はちゃん...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

スポンサーリンク

20代の女性の年齢でピンクの車はどう思う?意見を紹介

車選びには、洋服以上にその人の個性が現れます。どんな車種を選ぶかもそうですが、どんな色の車に乗っているかで、その人の人となりが現れているようにも感じます。

ホワイトやブラックやシルバーといった、いわゆる定番の色を選ぶ人も多い中、あえてピンクの車を選ぶ人に対しては、人々はどのような印象を受けるものでしょうか?

若い時は比較的派手な色の車を選んでいたのに、年齢を重ねるうちにだんだんと落ち着いた色の車を好むようになったという人も少なくありませんが、その反面、「服装は地味になってきたけど、車くらいは目立つ色に乗りたい!」と、50代・60代の方が赤やピンクを選ぶケースも珍しくはないようです。

私の話で恐縮ですが、私は10代で運転免許を取得した以降、20年以上に渡って、一貫して黒い車に乗り続けてきました。実際、汚れが目立つうえに夏場は太陽光を吸収して車内の温度も高くなるなど、デメリットも多いのですが、それでも毎回ブラックを選び続けている理由はただひとつ、「黒い車が好きだから」です。
時には他の色にしてもいいかなと思うこともありましたが、やはり一番カッコイイと思えるのはブラックでした。

年齢や性別に関わらず、カラフルな色の車に乗っている方はたくさんいます。そして、誰がどんな色の車に乗っていようとも、他人はそこまで気にしないものです。他人の目など気にせず、自分の好きな色の車に堂々と乗りましょう!

ピンクの車はおかしいですか?年齢を考えろと言われました。

街中でも、かわいらしいピンクの車をよく見かけます。ピンクと言えば、若い女性が乗っているイメージが強いかもしれませんが、実際には年配の女性や、男性が乗っているケースもたくさんありますよね。

もしも、車を購入する際に「年齢を考えてピンクはやめたほうがいい」などと言われて迷っている方に、声を大にして言いたいことは、とにかく「自分が好きな色の車に乗ってください!」ということです。
車を購入するということは、この先何年も同じ車に乗ることになります。周囲に反対されて妥協して色を選んだ車に、実際に乗るのは誰ですか?

せっかく乗るのでしたら、自分が好きな色の車に乗ったほうが、より愛着も湧いて大事に乗りたいと思いますよね。年齢を考えて、無難な色を選んでしまうと、たしかに周囲から浮いてしまう心配はありませんが、よその車との見分けが付きづらく、広い駐車場では自分の車が見つけにくいというデメリットもあるのです。

実際に私も、駐車場で同じ列に停まっている、車種も色も同じ車と、自分の車を間違えたことが数多くあります。ちなみに、同じく40代の夫ですが、現在は赤い車に乗っているおかげで、駐車場などでもひと目で自分の車が探せると、大変気に入っているようです。

ピンクや赤や青。車の色による年齢などの女性のイメージ

世間では、カラフルな色の車に乗っている女性に対して、どのようなイメージがあるのでしょうか?

赤い車を選ぶ女性は、気が強くて派手好きなイメージがあるようです。真っ赤な車は周囲の目にも入りやすいため、赤が好きだというよりも、よりお気に入りの車を目立たせたいということで、赤を選ぶ女性も多いのではないでしょうか?

  • ピンク

同じピンクの車でも、かわいらしいサクラ色から、パール調のピンク色、反対にビビッドなショッキングピンクまでさまざまです。色のイメージから、若い女性が乗っていることも多いですが、年齢に限らず身なりに気を使ったオシャレな女性であれば、ステキに乗りこなすことができる色でしょう。

  • 青・紺

あまり派手な車には乗りたくないけれど、ちょっと人とは違った色にしたいという女性が選ぶのが、青や紺といったクールな色のようです。そのクールなイメージから、なんとなく知的で品のある女性といった印象を与えることも多いのだとか。

彼女にしたくないと感じる女性の車の特徴

男性から見て、車の色以上に気になるのが、車内の様子です。普段、どんな風に車に乗っているかで、その人の性格が現れてしまうことがあります。いくら見た目が好みな女性でも、とくに車内がこんな状態だと、彼女にはしたくないと感じてしまうようです。若い女性はもちろんのこと、とくに気を付けたいのが、結婚を視野に入れて男性とお付き合いをしたいという年齢にさしかかった、アラサー世代の女性たちです。

  • 車内が散らかりすぎている
  • ガラスや内装が汚れている
  • やたらファンシーすぎる
  • BGMが男性アイドルグループ

後部座席には物が散乱し、いちいち片付けないと人を乗せられないような状態になっている方は、今すぐに片付けましょう。狭い車内すら片付けられないと、片付け下手というイメージがついて、だらしない印象を与えてしまう可能性もあります。

普段はあまり人を乗せることがないからと油断して、車内の掃除を疎かにしていると、ホコリは溜まった車内を見て幻滅されることも。

若い女性ならかわいらしいで済みますが、ある程度の年齢を超えた女性の車の中が、あまりにファンシーすぎるのも、男性にとってはマイナスポイントでしょう。大きなぬいぐるみやダッシュボードに置かれたふわふわのファーは、正直痛々しくもあるようです。

車内でどんな音楽を聞こうと自由ですが、自分の趣味を押し付けすぎるのはNGです。とくに、気になる男性を乗せる際には、なるべく男性アイドルグループの曲を流し続けるのは避けたほうが良さそうです。

人気が高い車の色とその理由を紹介

人気の車は「シルバー」「ブラック」「ホワイト」

これらの色の車はやはり根強い人気があるようです。他にもネイビーやブルーといった青っぽい車も人気がです。ダントツの一番人気であるシルバーは、見た目のかっこよさよりも、汚れが目立たないというお手入れのしやすさを考慮して購入される方が多いようです。

たぶん選ばないという色としてはピンクをあげる人が多いようですが、年齢や性別に左右されずに、自分の好きな色の車を選んで、長く大切に乗っていきたいですね。