注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ネットで安い服を購入する場合に気をつけたいこと

ネット通販を見ると、驚くくらい安い値段の服がたくさんあります。

ついその安さにつられてポチっと購入したくなりますが、安いと飛びついたばかりに失敗してしまうこともあります。

ネットで安い服を購入する場合に気をつけたい点、ネット通販で失敗を防ぐ方法がありますのでぜひ参考にしてください。

実店舗が近くにあれば、店舗で試着してからネットで購入する方法もありますよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

おみくじの内容を人に言うのはNG?おみくじの正しい取り扱い方

初詣などで神社に行き、おみくじを引く人もいますよね。この時おみくじに書かれた内容を人に言うのはNGな...

一歳半の子連れ旅行!みんなご飯ってどうしてる?教えて!

一歳半の子供を連れて旅行へ行く時、みなさんは『ご飯』どうしていますか? まだまだ、大人と同じ味...

友達からの遊びを断りたい!無難な断り方とスッキリ断る方法

友達からの遊び。 嬉しいけれど、行けない。 行きたくない。 行こうと思っていたけど、前の日にな...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

願書や証明写真での上手な写り方と髪型などの身だしなみについて

大学の願書やいろいろな証明写真、髪型で気を付けなければいけない点はあるのでしょうか? いつも証...

屋根裏のネズミはすぐに駆除しよう!その方法と注意点を解説

屋根裏から「タタタタ」「ガサガサ」という音が聞こえると不気味ですよね。そして夜も眠れないという人も多...

ネクタイのシワを伸ばすためのケア対策と正しい保管方法

ネクタイにシワがついてしまったときは、普段のネクタイのお手入れだけではなかなか取れませんよね。 ...

高校進学で不安な友達作り。友達になるきっかけとポイント!

希望の高校に合格した喜びもつかの間、今度は友達ができるかどうかで不安になります。特に同じ中学の子が少...

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか? ...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

薄手コートは秋と春兼用でもいいの?コート選びのポイント

薄手のコート一枚が欲しくなる時期。そう秋です。 秋近くになると店頭には様々なタイプの薄手コート...

アメリカの電車や地下鉄の乗り方をマスターして旅行を楽しもう

アメリカを旅行する場合、一都市だけではなく二都市以上滞在するのであれば電車や地下鉄の乗り方を知ってお...

ハンドメイド用のミシンを購入したい!おすすめポイントをご紹介

ハンドメイドの入園・入学グッズなどを見ていると自分も作りたくなりますよね。 昔と違って最近のミ...

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

住宅の階段幅はどうする?意外と重要な階段幅の決め方

注文住宅を決める際、意外と盲点なのが階段幅です。 住宅の階段幅は建築基準法である程度決められて...

スポンサーリンク

ネットは安い服を見つけやすいメリットがあるが素材感で失敗する?

近年ではお店に足を運ぶ手間を防げるネットショップを利用する人が増えています。
また、オンライン上でしかないネットショップも増えていますね。

ネットショップを利用するメリット

  • 検索機能がついているので、探している服が見つかりやすい
  • セールを頻繁にやっている
  • お得な値段で服を買いやすい
  • 家で服を買える
  • トレンド物を安く買える

便利な世の中へとどんどん進化していますが、デメリットもあります。
最も多いのが試着ができず、イメージや質感が想像と異なることじゃないでしょうか。
ネットには素材や着丈、口コミなどが記載されていることもありますが、それを見たからといって質感が想像と実物が明らかに違うこともあるでしょう。

そして、大量生産で作られていることが多く、糸のほつれや臭いなどがついていたりする場合があります。
これは家に届いて初めて気がつきます。

まず、ネットで安く購入する際は、質感など期待を持ちすぎるのは辞めましょう。

ネットで安い服を買う際に失敗を防ぐには?

ネットで買い物するときは雑誌や芸能人のSNSなどをチェックしてみましょう

今や、有名な芸能人でさえネットショップで服を購入しているという情報があります。
格安の服を着て雑誌で紹介していたり、また有名モデルがオンラインショップで格安服のモデルをしていたりしています。

安い服の中でも、このように雑誌で取り上げられている服は質感がしっかりしている可能性が高くなります。
あまりそうでもない服を雑誌などで「高評価」で取り上げられる事は少ないと考えられます。
また芸能人のブログやSNSでもチェックしてみましょう。

レビューや口コミをネットで確認しましょう

実際に買った人の口コミやレビューで色みやサイズ感、質感など確認できますので、必ずチェックしましょう。
その人の身長や体型などでも服の感覚なども変わってきますが、身長と体型を細かく記載してくれている人がいますし、着た感じを写真で投稿してくれている人もいますので、けっこう参考になりますよ。

ネットで安い服を買う時の心構え

ネットで格安で服を購入して失敗、なんてことはよくあります。

  • 写真と実物が違う
  • 色やサイズが異なる
  • 臭い
  • 糸がほつれている
  • 服の色が落ちている

など、実際にこのようなトラブルは多いようです。

「試着も出来ないネットで安く服を買う」ということに期待を持ちすぎるのはやめましょう。
それでも、この値段でこのクオリティーは納得!という場合も多くあるでしょう。

  • この値段でこの質ならあり
  • ネットの写真はプロの技術
  • 長く着ようと思わない

こちらを把握しておくと、物が届いても驚く事はないでしょう。

また、トレンドは1年終ればまた新たなトレンドが出ます。
そのためトレンド品は安く手に入れたい、という理由からネットで購入する人が多くなっているそうです。

ネットではなく実店舗で服を買うメリットは?

実物を見られる

直接見て触る事でだいたいの服にイメージがわかりますよね。
透け感、素材、色身、自分で見ることが一番の保証ともなるのではないのでしょうか。

服を試着できる

デザイン、形、色、が自分にあっているか確かめられます。
パッと見ていいなと思っても実際に着てみると、「なんか違う」という事も多々あります。

店員さんに相談できる

迷った時など店員さんがいると相談できますし、色んなコーディネートを組んでくれたり、自分に合いそうなものを探してくれたり、とても心強いです。

だいたいの人は、実物を見る、試着、相談できる、この3点はなくてはならないものではないでしょうか。

特にインナーより、パッと見えるコートやジャケットなどは実物を見て買うと失敗もないですし、ネットで失敗したものを仕方なく着るよりは安心して着てお出かけが出来るのではないでしょうか。

実店舗で試着してからネットで服を購入する人は意外と多い!

シュールミングとは実際に店舗で試着し、それと同じものをネットで買うこと。

実店舗で同じ服を試着して、いいと思えばネットで買うという行動をとる人が増えているそうです。
二度手間では?と疑問に思う人も多いでしょう。
どうしてこのような行動をとるのでしょうか。

その理由として以下の事があげられます。

  • ポイントが溜まる
  • ネットの方が安く買える
  • 店頭で欲しかった色が欠品していた
  • 本当に必要か考える時間が欲しかった

このようにシュールミングをして少しでも失敗をなくして買う人が多いようです。
また、ポイントが溜め、そのポイントでまた新たな服を買うという、効率の良さも見られます。
トレンド品なんかはそのような賢い買い方がとてもあっているような気がします。

ある調査では、30代がシュールミングをしている人が多くいるそうです。