注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

写真立てを可愛くアレンジ!手作りで温もりのあるフレーム作り

お子様の写ったお気に入りの写真は、いつでも見られるように写真立てに飾っている方も多いと思います。そんな思い出の写真は、かわいい手作りの写真立てに飾ってみませんか?
市販の写真立てよりも温もりがあり、お子様の可愛さもより引き立ちます。

それでは、写真立ての手作りアレンジアイデアをご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バッグの持ち手がボロボロになったら簡単にリメイクするコツ

お気に入りのバッグの持ち手は、気がつくとボロボロになっていたりしませんか? では、そんなボロボ...

ガス代が一人暮らしなのに8000円以上かかる人のための節約術

一人暮らしをしていても何かとお金はかかりますが、ガス代が8000円以上もかかっているという人も多いと...

車で北海道への旅!本州からの色んなルートや運航時間を紹介

本州から北海道旅行する時に、マイカーで行って色んなところを周ってみるという計画もいいですね。 ...

こめかみの髪の毛がはねるのをなんとかして!はねの原因と対処法

こめかみ部分の髪の毛だけがはねると、セットも上手くいかず毎朝イライラしてしまうのではないでしょうか。...

中学生【勉強出来ない子】特徴や出来る子になるために大切なこと

中学生で勉強出来ない子の特徴とは共通していることが多いです。どんなに勉強しなさいと親が注意しても、本...

クッションフロアのカビの取り方とは?落とし方や掃除方法を紹介

クッションフロアにカビが生えてしまったときには、どんな方法で掃除をしたらいいのでしょうか? カ...

免許証の写真写りがひどい。全国民共通の悩みを解決しますよ!

免許証の写真写りがひどいことで得するのは、お笑い芸人さんくらいでしょうか? 免許証の写真写りが...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

革のバッグを雨の日に使って濡れてしまった時の手入れ方法

お気に入りの革のバッグを持って出かけていたら、急な雨で大事なバッグが濡れてしまった!そんな時はちゃん...

靴のサイズで失敗した場合の対処法と失敗しない上手な靴選びとは

最近はネット通販などで色んなタイプの靴が低価格で手に入り、オシャレの幅も広がりますね! ですが...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

カシミヤのコートの暖かさとは?カシミヤコートの着こなし

カシミヤのコートはどのくらいの暖かささなのでしょうか?コートを買うときに悩むのが、デザインや値段、暖...

ペットボトルを凍らせるとクーラーの代わりになるの?除湿効果も

暑い夏、クーラーがない部屋で快適に過ごすにはどうしたら良いか、頭を悩ませている人もいますよね。ペット...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

大学の入学式で髪色を明るくしてもいいが、明るすぎるのはNG!

高校までは黒髪でも、大学の入学式前に髪色を明るくしようと考える方もいるのではないでしょうか。 大学...

スポンサーリンク

写真立てをかわいくアレンジ!手作りのデコパージュ

シンプルな写真縦立てを自分好みにアレンジして、お部屋をもっと盛り上げましょう。
まずはお気に入りの柄のペーパーナプキンを使ってアレンジしてみます。

材料

  • アレンジしたい写真立て
  • お気に入りのペーパーナプキン…数枚
  • デコパージュ専用のり
  • デコパージュ専用ニス

デコパージュで簡単アレンジ写真立て

  1. ペーパーナプキンをどんなふうに配置していくか決めて、切り取っていきます。
    少し余裕をもって裏まで届くくらいの大きさで切り取っておきましょう。
  2. 写真立ての枠にベースコートのようにデコパージュ用ののりを縫っていきます。
    隙間なくしっかりと塗りましょう。
  3. ペーパーナプキンを破けないように貼り付けていきます。
    貼り付けたら上からもう一度ベースとして使ったのりを、のりが乾いたらトップコートの要領でニスを塗ります。
  4. ニスまで乾いたら完成です!

簡単にアレンジできてしまったと思います。
ペーパーナプキンさえあればいろいろなものにデコパージュできますので他にもののアレンジにも挑戦してみましょう。

夏の思い出に!空き瓶を使った手作りの写真アレンジ

おしゃれでかわいいからと取っておいたけどあまり使いどころがなくてクローゼットの片隅で眠っている輸入食品の空き瓶を写真立てにアレンジしてみましょう。

材料

  • 空き瓶
  • ゼオライト
  • 貝殻
  • デコレーションに仕えるミニチュアなど

ゼオライトとは園芸用の色が付いたきれいな粒上の土のことです。
土といっても砂浜にあるようなもので、このアレンジではそれを使って浜辺のような場所を瓶の中に作ってしまおうというものです。

材料はすべて百円ショップで揃えられるものなので探してみてください。

アレンジ方法

  1.  空き瓶にゼオライトを入れていきます。
    入れるゼオライトは2色くらいあると層ができてかわいいですし、色によって大きさを変えてもかわいいです。
  2. ゼオライトに写真を立てます。
    少し差し込むようにして写真を立てましょう。
  3. 瓶の中の写真の周りにデコレーションとして、小さな置物や貝殻などを飾って出来上がりです。

ゼオライトの色や飾るデコレーションパーツによってテーマを統一させるとよりおしゃれにアレンジできますよ。

温もりのある手作りの写真立て

思い出の写真を飾るなら写真立てもぬくもりのあるものにしたいですね。
ぬくもりを感じさせるものにするなら布を使ってアレンジしてみてはいかがでしょうか。
着なくなった洋服やあまった布などをベースに写真を貼り付けて写真縦として再利用してみるアイデアです。

写真を一枚飾るくらいの規模のものであれば手縫いでも簡単に作れますし、ミシンをお持ちであればお子さんの成長や旅行で行った先のものなどまとめてアレンジしてしまってもいいですね。

布で写真立て作り

  1. まずどの布をベースに作っていくかを決めます。
    ベースとなる布の大きさに合わせてどれくらい写真を飾りたいか、どの位置に写真を飾るのかを決めていきます。
  2. 写真の位置を決めたら、その周りに写真を止める枠となる布を縫い付けていきます。
    写真の出し入れがしやすいよう、縫う位置は写真の外周より5㎜~1㎝は離しましょう。
  3. 枠を縫い付けたら写真を入れてみてバランスを見てください。
    写真の周りにデコレーションなどが欲しくなったらつけてみましょう。
  4. デコレーションまで納得いくものができたら完成です!

針と糸が必要なので少しハードルが高く感じるかもしれませんが、写真は四角く、縫う部分は直線ばかりなので思ったよりも簡単にできると思います。

おしゃれなインテリアになるモザイクタイルのフレーム

インテリアのアクセントになるモザイクタイルアレンジの写真立てを作ってみませんか?
モザイクタイルには百円ショップでもガラスのものや陶器製に近いものなど種類があり、簡単に作ることができるので、フォトフレームをしっかりアレンジしたいけど、手間のかかる作業はちょっと…という方にもおすすめです。

材料

  • タイル…適量
  • 透明接着剤
    このふたつ。

作り方はとても簡単で、タイルの配列を決めたらそれを透明接着剤で貼り付けていくだけです。
貼るときは接着剤を薄く塗ってからタイルを貼り付けていくと作業が行いやすいです。

タイルの配列などに悩んだら、隣り合う場所にない色を置くようにしていくとバランスよくタイルが貼れると思います。

インテリアと色をあわせてもカッコよく決まりますし、差し色を入れても目を引く写真立てになっておすすめです。

マスキングテープはアルバムの写真もかわいくアレンジ

写真立てにマスキングテープを貼るだけ…ではあるのですが、貼る場所は枠ではありません!!

写真を実際に飾っている内側の部分をアレンジしていきます。

用意するもの

  1. クラフト紙…写真立ての大きさに合うもの一枚
  2. マスキングテープ…数種類

これだけです。

マスキングテープでアレンジ

用意したクラフト紙は台座として使います。
この台座となるクラフト紙に思い切って写真に写っている人物だけを切り取ってレイアウトします。

背景を見せたいものは四角ではない形に切り取ります。

クラフト紙に写真をレイアウトし貼り付けていったら、写真の周囲をマスキングテープを使ってデコレーションしていきましょう。

同じ柄のマスキングテープが隣り合わないようにだけ気を付けながら、写真を端を留めるように使ったりしてみてください。

手作り感をクラフト紙がうまくおしゃれにまとめてくれて、温かみ盛りますがおしゃれな感じにまとまったと思います。

ちょっと貼るだけ、ではありますが、写真立ての中が賑やかになるのでフレームがシンプルでも目を引くものになりますね。

写真立てや写真を飾るアイデアをご紹介しました。
お子さんと一緒に行っても楽しい思い出となると思います。