注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

雨の日でも前髪は崩れない!そんな最強の方法を教えます

雨の日は、せっかくセットした前髪もぺた~となってしまいますよね。しかも梅雨の時期だと毎日のように雨が降る日本。
なんとか崩れない方法はないのでしょうか?

髪の毛は湿気に弱いというけど、雨の日でも前髪をキープする方法は?ブローが鍵?

前髪に悩む女子必見!雨の日でも前髪が崩れないようにする秘訣を教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

タイツに靴下?それとも靴下にパンプス?組み合わせのコツ

タイツにパンプスを合わせるのではなく、靴下にパンプスを合わせるコーデも流行っていますよね。 ま...

下地とパウダーだけでキレイが作れるポイントと仕上げるコツ

メイクをするときには、化粧下地の上にファンデーションをのせるという人が多いかもしれません。 し...

太ももが太いとお悩みの方へ!着やせコーディネートレッスン

女性に体型コンプレックスをたずねたら、必ず上位にくる「太ももが太い」というお悩み。 下半身にボリュ...

イヤリングの片耳だけなくす女性は多かった!活用方法を紹介

イヤリングはピアスと違って外れやすい場合があるので、気がついたら片方なくなっていたという悲しい経験は...

校則が厳しいけどおしゃれをする!髪型やメイクについて

校則ってキビシイですよね! だから、校則なんだけど、ポイントメイクや束ねただけの髪型で、学校に行く...

パンプスの中でストッキングがすべる原因と対処法~不快を解消

パンプスを履くときにはストッキングやタイツを履くという場合が多いと思います。 しかし、ストッキ...

薄着する女性について。隠されたその心理とは

薄着の女性っていますよね? 季節を問わず、薄着かつ露出度が高い洋服を着る女性の心理について考えてみ...

クマを消す方法がある!メイクで目元スッキリ美人に!

昨夜眠れなかった、仕事が忙しい、疲れている。そんな時に鏡をみると目の下にくっきりとしたクマが! ...

おしゃれやダサいファッションをしている女性の特徴とは

ダサいよりも、やっぱりおしゃれなファッションの女性の方が魅力的だと感じますよね。おしゃれな女性が心が...

グレー?それともキャメル?コートの色で迷ったら

コートが恋しくなる冬。店頭には様々な色のコートが並んでおり、何を選んでいいのか色選びに迷ってしまいま...

女性の肩幅が狭いお悩みにはこのファッションコーデがおすすめ

女性の肩幅が狭いのは、男子が守りたくなるような可愛らしいイメージですが実際はコンプレックスの人も多い...

メイクのアイシャドウの基本とは?やり方やポイントをご紹介

メイクの初心者さんが悩むアイシャドウのやり方、いったいどんなことに気をつけたらいいのでしょうか?アイ...

女子で私服がダサいと感じる人の特徴!おしゃれ女子になる基本

なんだか私服がいまいち似合ってない、なぜかいつもしっくりこない、そんなふうに感じている人はいませんか...

BBクリームとリキッドファンデを重ねるメリットとは

BBクリームやリキッドファンデなど、毛穴といった肌の悩みをカバーしてくれる化粧品がありますが、どちら...

爪スカルプとは?ジェルネイルやネイルチップとの違いをご紹介

爪スカルプって耳にしますが、ジェルネイルやネイルチップとはどこが違うのでしょうか? 気になるそ...

スポンサーリンク

雨の日でも崩れない前髪にするためには、ブローが重要!

雨の日は髪型を朝セットしたままの状態でキープするのが大変ですよね。特に前髪は顔の印象を左右する重要な部分!崩れないようにするためにはどうしたらよいのでしょうか。

美容室にいった日は髪型が崩れずに、いつまでも良い状態をキープしていますよね。

それはブローにポイントがあるからなのです。

そこで雨の日はいつも以上に前髪のブローに力を入れて、崩れないようにキープさせましょう。ブローをするときは乾いた髪よりも半乾きが癖がつきやすいので、お風呂から上がった後タオルドライをしてブローをします。

また朝起きたときに癖がついてしまっているときも、一度水に濡らしてからブローをしてください。

最後の仕上げはスプレーを使います。このスプレーの使い方も間違うと、おかしく固まってしまうので注意が必要です。スプレーの使い方については次にご紹介していきます。

キープ力のあるスプレーを使って、雨の日でも前髪が崩れないようにしよう

上記したようにまずは水で濡らして癖を取り除くことです。

そしてブローをしていきます。

ブローの仕方

まずは手ぐしで根元から、毛先に向かって伸ばしながら乾かして流したい方向にもって行きます。

軽く乾いたら次はロールブラシを使って、こちらも根元からある程度力を入れて伸ばしましょう。

自分の思い通りの前髪が完成したら、ここでスプレーの登場です。

ある程度髪から距離をとってスプレーをかけていきます。この時の距離感が重要です。

近すぎると噴射されるスプレーで髪の毛がぬれてしまい、束になって固まってしまいます。

こうなると前髪を洗って、最初からやり直しです。毛束にならないように注意をしながらスプレーをしていって、後は手を加えずに乾いて固まるまで待ったら出来上がりです。

スプレーで固めた髪は崩れないので、雨の日のスタイリングに大活躍ですよ。

雨の日でも前髪が崩れないようにするなら、アレンジするという手段も

雨の日でも前髪が崩れないブローやスプレーの使い方についてご紹介しましたが、コツをつかむまでは、難しいところが難点です。

そこで雨の日には前髪を手間いらずにアレンジしてしまう方法もあります。

いつもとは違った髪形になってしまいますが、それもイメージが変わってたまには良いですよね。

前髪に分け目ができてしまう方は、分け目が気にならないようにまとめてしまいましょう。

片方に全てを流して前髪自体を横の髪と一緒にしてしまう方法や、編みこみにする方法もあります。

また普段から前髪をなくしてしまう方法も!長くする、短くする、両極端にすることで前髪の分け目の癖も気にならなくなりますよ。

分け目が気になるけど、スタイリングに時間をかけるのも面倒という方にオススメの方法です!

雨の日に前髪が割れる。それを防ぐためには?

雨の日の前髪のスタイリングで一番最強なのはキープ力の高いスプレーを使う方法です。
スプレーの使い方については先ほどご紹介しましたが、なぜスプレーが雨の日に効果的なのかについてもお話しますね。

雨の日に髪型が決まらないのは、髪に水分が含まれてしまうためです。

どんなにブローをして髪型を決めても、髪の毛に水分が含まれてしまえばリセットされてしまいます。

それは湿気でも同じです。なので雨にぬれなくても、湿気がひどい梅雨時期などは髪型を朝のまま維持することは大変なのです。特にクセ毛の方にとっては、本当に水分は大敵ですよね。

しかし水分が関係しているということは、髪の毛に水分が含まれなければ髪型をキープする事ができるということにもなります。

そこでスプレーの出番です。スプレーをすることによって髪の毛に膜を作る事が出来ます。

まんべんなく薄く膜を作ることで、髪の毛に水分を入り込むことを防いでくれます。

そうすることでセットした髪型を保つ事ができるのです。固めるよりも、膜を作るコーティングといった気持ちでスプレーをしてみてくださいね。

雨の日にはこんな前髪アレンジもおすすめです!

先ほども前髪アレンジの方法について少しご紹介しましたね。前髪にうねりが出たり、しっかりと分け目が出てしまうような前髪は、しっかりとスタイリングをしたつもりでも外出先ではクセが出てしまう事があります。

そのため、前髪をクセが出ないほど短くするか、横の髪と同じくらい長くするかを提案しました。

また普段はスタイリングができるのに、雨の日だけはダメ!と言う方なら、雨の日だけ前髪をアレンジしてみる方法もあります。

ヘアピンを使って留めたり、ヘアバンドを使ったりすると、いつもと感じが違って雨の日の気分転換にもなります。

久しぶりにヘアピンなどの小物を探しに行くと、今までになかったオシャレなものが見つかったり、今流行のものが分かるのも楽しいですよ!

雨の日はチョット髪の毛が決まらなくて、憂鬱な気分になりやすいものですが、アレンジ一つで気分を変える事ができますよ!