注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。
賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができません。
できることをできる範囲でやってみましょう。

外から聞こえる車の音や、人の話し声、更には飛行機の音まで、不快な音は室内に入り込んできます。

そこで今回は、室内に聞きたくない音を入れない工夫とその方法についてご覧ください。
もちろん、アイディア程度の提案です。
無音の室内を作ることは不可能ですので、ご了承ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女子らしい部屋の収納でスッキリ可愛く見せるコツやポイントとは

女子の一人暮らしの部屋は、狭くて収納スペースがあまりないと困りますよね。 では、女子らしく可愛...

満員電車ではリュックが迷惑?持ち方や電車のマナーについて

満員電車ではどのように荷物を持てばいいのでしょうか?とくにリュックのような大きなカバンは周りの人にか...

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか? 長く使っていると...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

車で北海道への旅!本州からの色んなルートや運航時間を紹介

本州から北海道旅行する時に、マイカーで行って色んなところを周ってみるという計画もいいですね。 ...

ガラステーブルは汚れやすい?キレイに掃除して保つには

ガラステーブルってかっこよく、部屋がおしゃれに見えますよね。 でも、ほこりや手垢などがつきやす...

編み物の棒針は難しい?初心者でも作れる作品やおすすめグッズ

編み物を始めたいと思っている方、棒針だと少し敷居が高いと感じていませんか?編み物には一般的に棒針とか...

ウエストのゴムを伸ばす簡単な方法と注意点について徹底解説

しばらく履いていなかったスカートやパンツをはこうと思ったら、太ったわけではないのにウエストのゴムがき...

フローリングに敷く布団の寒い底冷え対策とカビ予防

フローリングの床に直接布団を敷くと、寒いと感じることはありませんか? 夏はそれほど感じませんが...

充電器のコンセントが熱いのは危険?異常がなければ大丈夫!

スマホや電化製品を使っている時、充電器のコンセントが熱いことがありますよね。コンセントが熱をもってい...

洗濯機の脱水が弱い原因がわかれば、自分で対処できます!

洗濯機の脱水が弱くなっていて、いつもよりも洗濯物が濡れている。そういう場合、洗濯機が故障してしまった...

父と息子が不仲の場合は?不仲の理由や対処方法について

父と息子が不仲のときには、お母さんはどのように対応したらいいのでしょうか? 男同士だから、その...

塩でお清め、それが浸透した理由とは?その効果について

葬儀などに参列すると帰宅時にお清めの塩が配られる事がありますよね。この時に配られる塩は自宅に入る前に...

大学の入学金が払えないときにやるべき対処法と平均金額

大学の入学金が払えないと悩む受験生もいるでしょう。せっかく厳しい受験を勝ち向いて合格を手にしたのに、...

スマホを充電するタイミングは?バッテリーに負担をかけない方法

スマホを充電するタイミングによっては、バッテリーに負担をかけてしまうこともあるってご存知でしたか?充...

スポンサーリンク

窓の防音対策。賃貸で手軽にできるのは『防音カーテン』

転勤族は社宅を提供されることが多いですよね。自分たちで物件を選ぶ事ができないので、引っ越しをしてみないと立地や間取りがわかならないことも多いです。

車の通りが多い場所や人通りの多い場所だと音が気になることも多いですよね。賃貸物件で窓の防音対策を手軽にする方法を紹介します。

防音カーテンを取り付ける

一般的なカーテンでも多少の防音効果はあります。それは布に音を吸収する性質があるためです。防音カーテンは生地の織り方の工夫や、生地を複層にしているので音の吸収がよく、ウレタン樹脂や金属をコーテングしたり、布に織り込むことで遮音効果はあります。
音が気になる場合は、防音性能のある厚地布のカーテンにしてみましょう。使用してみて気になる場合は、防音レースのカーテンも使用することをおすすめします。

カーテンの取り付け方が悪いと効果がありません

サイズも長さも幅も窓のサイズより長めを選ぶようにします。窓をすっぽりと覆うようにカーテンをつけます。壁とカーテンとの間に隙間が出来てしまうと、その部分から音が漏れてしまいます。そのためカーテンの上部はカーテンレールよりも上になるように、ギャザーはぴったりするように取り付けましょう。

他にも窓用の断熱シートを貼ると少し効果があります。断熱効果や保冷効果が期待出来るので電気代の節約になります。

窓の防音対策。手持ちのカーテンに裏地を付けてみる

引越し先の物件が幹線道路が近かったり、近所にお店があると車の音や人の話し声が家の中まで聞こえてきてしまうことがあります。新しくカーテンを買い替えるには勿体無いと思うこともありますよね。

そんな時は持っているカーテンに裏地をつけることをおすすめします。裏地には遮光性や暖房効果があるもの、防音性に優れているものなど色々あるので目的にあった裏地を選びましょう。

価格もお手頃なものが多く、長さも自由自在なのでオーダーメイドのカーテンにもおすすめです。フックで簡単に取り付ける事が出来るので女性1人でも簡単に取り付けることが可能です。

取り付けからは使っているカーテンに引っ掛けるだけです。カーテンの裏側にライナーを重ね、ライナーにカーテンフックを引っ掛け、そのままカーテンにフックを戻します。その後カーテンを吊るすだけで窓の防音対策が簡単にできます。

【賃貸】窓ガラスに防音シートを張って防音対策をしてみる

賃貸の物件に住んでいると車の音がうるさいと感じることありますよね。騒音は壁や屋根などからも伝わりますが、ほとんどの音は窓から入ってきます。外の音が気になる場合は窓の防音対策をしましょう。

窓に貼る透明な防音シート

防音シートは重量があるので、窓から伝わる騒音をある程度緩和してくれます。透明なので遮光や窓からの眺めも気になりません。

性能がいい防音シートは比較的高額

安い飛散防止フィルムや緩衝材のプチプチシートを窓に貼っている人もいますが、これらは重さがないので、防音効果は期待できません。プチプチシートは紫外線でボロボロになってしまいます。そして見た目にも問題があります。そのためこまめな交換が必要になります。

賃貸物件での究極の窓の防音対策

窓から入ってくる騒音を何とかしたいと思っている人も多いですよね。賃貸の物件に住んでいてもしっかり防音対策ができるものがあります。それは防音カーテンよりも効果のある窓用ワンタッチ防音ボードになります。

この商品は完全にオーダーで作ってくれます。窓枠の内側に収まるようになっているので、窓枠に傷をつけずに二重サッシと同じような効果があります。届いたその日に使うことができるので、すぐに防音窓になります。窓枠にはめるだけなので傷がつかないのが特徴です。女性でも簡単に取り付けることができます。防音ボードを取り付けてもカーテンは使用する事ができます。

外の車の音や人の声がうるさくて寝付けない、窓から冷たい風が入ってくるのが気になる場合に是非おすすめします。

防音施設のあるマンションを

築年数の古いマンションやアパートは防音性能が低いことが多いです。賃貸物件には色々な人が住んでいます。楽器を弾くことが趣味の人やペットを飼育する人もいます。そのような人は防音がしっかりしている物件を探しましょう。

ペット可や楽器可の物件も多くなりましたが、そのような物件はまだまだ少ないです。そのような物件は同じ趣味の人が多く入居しているので、あまり生活音を気にせず生活することができるのでおすすめです。

しかし楽器可能物件でも防音設備が整ってはいないことが多いです。楽器可能物件だからといって、深夜遅くまで大きな音を出し続けているとご近所トラブルの原因になるので注意が必要です。

防音施設はタワーマンションなどのハイグレードの物件についていることが多いです。そのため家賃も高くなってしまいますが、防音がしっかりされているので時間を気にしないで練習をすることができます。