注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

窓の防音対策。賃貸でできる範囲の対策や方法について

窓の防音対策のおすすめを紹介します。
賃貸物件なら、自分の好きなように防音対策をすることができません。
できることをできる範囲でやってみましょう。

外から聞こえる車の音や、人の話し声、更には飛行機の音まで、不快な音は室内に入り込んできます。

そこで今回は、室内に聞きたくない音を入れない工夫とその方法についてご覧ください。
もちろん、アイディア程度の提案です。
無音の室内を作ることは不可能ですので、ご了承ください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ラインのやりとりで検証!長続きカップルを目指すには

カップル同士のラインのやりとりによって、そのカップルが長続きするかすぐに別れるかがわかるそうです。 ...

ガラステーブルは汚れやすい?キレイに掃除して保つには

ガラステーブルってかっこよく、部屋がおしゃれに見えますよね。 でも、ほこりや手垢などがつきやす...

小学校の教室で盛り上がるゲームや遊び方を紹介!

クラスのみんなと関わることが出来る小学校の教室内で出来るゲームはたくさんあります! 定番の「フ...

ステンレスのコップが臭い原因と臭いをとる色々な方法を紹介

ステンレスのコップが臭いと感じたことはありませんか? 買ったばかりなのにどうして臭うのでしょう...

ウェットスーツの洗い方のコツと使用する洗剤を徹底解説!

サーフィンを始めたものの、ウェットスーツの洗い方がわからないと悩んでいませんか? 「海の中で着てい...

玄関ドアの防音対策!手軽な防音対策からリフォームまでご紹介

マンションやアパートでしばしば問題となるのが騒音問題。 以外に盲点なのが玄関ドアです。 特に...

庭の草取りにはコツがある!少しでも負担を減らすために

庭の草取りって面倒ですよね。特に草が長く伸びてしまった時や外の気温が高い時などはやりたくなくなってし...

赤ちゃんが母親になつかないのはなぜ?接し方を変えてみましょう

赤ちゃんが生まれて毎日忙しい新米ママ。しかし、母親である自分になつかないと感じるママも多いといいます...

高校生活への不安や怖い気持ち。引きずらずに自分らしくいる方法

高校生活への不安や怖いと感じる気持ち、とってもよくわかります。 未知の世界を想像すると恐怖や不安を...

写真立てを可愛くアレンジ!手作りで温もりのあるフレーム作り

お子様の写ったお気に入りの写真は、いつでも見られるように写真立てに飾っている方も多いと思います。そん...

体の水分量を減らす方法とは?これが正しい情報です!

ダイエットをしている人は、体重を減らすために極力体の水分量を減らすようにしているのではないでしょうか...

ポリエステルは静電気が起きやすい!タイツや洋服に出来る対策

寒い時期になると、タイツの出番が多くなりますね。 タイツを履くと、スカートやズボンが足にピッタ...

キャンバス生地の洗い方を知ってスニーカーはキレイなまま履こう

キャンバス生地のスニーカーやトートバッグは、最近流行っていますね。 白いスニーカーはオシャレで...

服にハンガーの跡が付いてしまった時の対処法!跡をつけない為に

ニットやセーターやTシャツなどをハンガーにかけて干したり、長い時間置いておくことで肩の部分にハンガー...

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

スポンサーリンク

窓の防音対策。賃貸で手軽にできるのは『防音カーテン』

転勤族は社宅を提供されることが多いですよね。自分たちで物件を選ぶ事ができないので、引っ越しをしてみないと立地や間取りがわかならないことも多いです。

車の通りが多い場所や人通りの多い場所だと音が気になることも多いですよね。賃貸物件で窓の防音対策を手軽にする方法を紹介します。

防音カーテンを取り付ける

一般的なカーテンでも多少の防音効果はあります。それは布に音を吸収する性質があるためです。防音カーテンは生地の織り方の工夫や、生地を複層にしているので音の吸収がよく、ウレタン樹脂や金属をコーテングしたり、布に織り込むことで遮音効果はあります。
音が気になる場合は、防音性能のある厚地布のカーテンにしてみましょう。使用してみて気になる場合は、防音レースのカーテンも使用することをおすすめします。

カーテンの取り付け方が悪いと効果がありません

サイズも長さも幅も窓のサイズより長めを選ぶようにします。窓をすっぽりと覆うようにカーテンをつけます。壁とカーテンとの間に隙間が出来てしまうと、その部分から音が漏れてしまいます。そのためカーテンの上部はカーテンレールよりも上になるように、ギャザーはぴったりするように取り付けましょう。

他にも窓用の断熱シートを貼ると少し効果があります。断熱効果や保冷効果が期待出来るので電気代の節約になります。

窓の防音対策。手持ちのカーテンに裏地を付けてみる

引越し先の物件が幹線道路が近かったり、近所にお店があると車の音や人の話し声が家の中まで聞こえてきてしまうことがあります。新しくカーテンを買い替えるには勿体無いと思うこともありますよね。

そんな時は持っているカーテンに裏地をつけることをおすすめします。裏地には遮光性や暖房効果があるもの、防音性に優れているものなど色々あるので目的にあった裏地を選びましょう。

価格もお手頃なものが多く、長さも自由自在なのでオーダーメイドのカーテンにもおすすめです。フックで簡単に取り付ける事が出来るので女性1人でも簡単に取り付けることが可能です。

取り付けからは使っているカーテンに引っ掛けるだけです。カーテンの裏側にライナーを重ね、ライナーにカーテンフックを引っ掛け、そのままカーテンにフックを戻します。その後カーテンを吊るすだけで窓の防音対策が簡単にできます。

【賃貸】窓ガラスに防音シートを張って防音対策をしてみる

賃貸の物件に住んでいると車の音がうるさいと感じることありますよね。騒音は壁や屋根などからも伝わりますが、ほとんどの音は窓から入ってきます。外の音が気になる場合は窓の防音対策をしましょう。

窓に貼る透明な防音シート

防音シートは重量があるので、窓から伝わる騒音をある程度緩和してくれます。透明なので遮光や窓からの眺めも気になりません。

性能がいい防音シートは比較的高額

安い飛散防止フィルムや緩衝材のプチプチシートを窓に貼っている人もいますが、これらは重さがないので、防音効果は期待できません。プチプチシートは紫外線でボロボロになってしまいます。そして見た目にも問題があります。そのためこまめな交換が必要になります。

賃貸物件での究極の窓の防音対策

窓から入ってくる騒音を何とかしたいと思っている人も多いですよね。賃貸の物件に住んでいてもしっかり防音対策ができるものがあります。それは防音カーテンよりも効果のある窓用ワンタッチ防音ボードになります。

この商品は完全にオーダーで作ってくれます。窓枠の内側に収まるようになっているので、窓枠に傷をつけずに二重サッシと同じような効果があります。届いたその日に使うことができるので、すぐに防音窓になります。窓枠にはめるだけなので傷がつかないのが特徴です。女性でも簡単に取り付けることができます。防音ボードを取り付けてもカーテンは使用する事ができます。

外の車の音や人の声がうるさくて寝付けない、窓から冷たい風が入ってくるのが気になる場合に是非おすすめします。

防音施設のあるマンションを

築年数の古いマンションやアパートは防音性能が低いことが多いです。賃貸物件には色々な人が住んでいます。楽器を弾くことが趣味の人やペットを飼育する人もいます。そのような人は防音がしっかりしている物件を探しましょう。

ペット可や楽器可の物件も多くなりましたが、そのような物件はまだまだ少ないです。そのような物件は同じ趣味の人が多く入居しているので、あまり生活音を気にせず生活することができるのでおすすめです。

しかし楽器可能物件でも防音設備が整ってはいないことが多いです。楽器可能物件だからといって、深夜遅くまで大きな音を出し続けているとご近所トラブルの原因になるので注意が必要です。

防音施設はタワーマンションなどのハイグレードの物件についていることが多いです。そのため家賃も高くなってしまいますが、防音がしっかりされているので時間を気にしないで練習をすることができます。