注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

サッカーが上手くなる方法を紹介!しかも短期間で!

少年少女サッカーや、部活や社会人サッカーなど広い年齢層でサッカーに関わっているひとも多いでしょう。

始めたばかりの人は早く上達したい!と思うことでしょう。

サッカーが短期間で上手くなる方法はあるのでしょうか?

ドリブル?パス?リフティング?まずは柔軟をしましょう。

体を柔らかくすることでこんないい事があるんです。

サッカーを楽しむことも大事なんですよ。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

バスケが上手くなる方法と上達のポイント【初心者向け】

バスケを始めたばかりの初心者は、まずボールに慣れることが必要です。 早くカッコよくシュートを決めた...

テニスはシングルスの戦略がわかればポイントは確実に取れる

テレビでテニスのシングルスの試合を見ていると、自分もあんなふうにポイントが取れたらいいなと感じますよ...

水泳【クロール】の息継ぎの仕方。コツやポイントを紹介

水泳のクロールではどのような息継ぎの仕方をすれば沈まないのでしょうか? 息継ぎをするときには、...

ホームとアウェイの違いが知りたい!驚きの事実が!

サッカーを観戦していると、「ホーム」や「アウェイ」って聞きますよね。 選手たちは地元で試合があ...

夜のジム通い。夜ご飯を摂るタイミングと食べるものについて

夜、仕事帰りにジムへ通う時、夜ご飯はどのタイミングで食べたらいいんだ?と悩んでしまいますよね? ...

バドミントン初心者必見!上達するための練習方法を教えます

バドミントンを始めたばかりの初心者は、まずは試合に出れるレベルになるのが目標ですよね。そのためにはど...

空手をやりたい!初心者が40代でも大丈夫な事やメリット

40代でも空手は出来るのでしょうか? 結論から言うと出来ます! 小さい頃に少しやっていたとか...

ハンドボールのコツが知りたい! ディフェンスの場合!

ハンドボールの競技人口は野球やサッカーに比べるとまだまだ少ないですが、バスケなどとは違った迫力や面白...

空手の大会で子供が出る場合、前日の練習や気をつけたい事とは

子供が空手を習っていたら、大会に出場する機会もあるでしょう。 大会前は子供も親も緊張するでしょ...

新体操の柔軟は泣くほど痛い?家でも柔軟をしておこう

新体操の柔軟は泣くほど厳しくしなくてはいけない!というイメージがありますが、なぜそこまで柔軟が重要な...

相撲では食事回数は少ないけど力士の太るワケと食事メニュー

相撲取りの食事回数は、一日何食かご存知でしょうか?あれだけ体が大きいのだから、一日に何回も食べている...

野球の背番号には縫い付ける位置がある、ベストな位置について

高校野球を見ていると背番号の位置がきっちりと揃っていて、きれいな印象があります。コレって決まりがある...

バレーボールのジャンプサーブの練習法で大切なことはトスです!

バレーボールにはいろいろなサーブの種類がありますが、中でも一番習得するのが難しいものがジャンプサーブ...

【少年野球の指導方法】低学年は野球を楽しませることが大切です

少年野球の指導者にとって、低学年の子供たちに飽きないように野球を教えるのは大変なこと。 どんな...

スポンサーリンク

サッカーが短期間で上手くなる方法は柔軟!

サッカーが短期間でうまくなれる方法は、あるのでしょうか。

その答えですが、柔軟にあるようです。
サッカーに限らず、どんなスポーツであっても、レベルアップするには、継続した練習は必要になってきますよね。

なので、短期間で効果を見るのは難しいかもしれません。ただ、柔軟さに関しては話は別になります。

柔軟は体が柔らかくなることで、メリットも存在します。怪我をしにくくなったり、体のラインが綺麗になったり。

なので、体が柔軟になるだけでも、スポーツの面において怪我をしなくなるだけではなく、足を大きく広げられたり、他のメリットもついてきますよ。なので、柔軟も甘くみずに、やっていくことをお勧めします。良い結果が得られると良いですね。

幼児期から小学生の年代は、短期間でサッカーが上手くなる方法はある?

サッカーですが、小学生時代という短い期間で上手になれるのでしょうか。

その時期ですが、サッカーのスキルを磨くには、最善な時期にあたるようです。

サッカーがうまくなるには、まず、楽しむことが必要になってきます。

サッカーをしている本人も「上手になりたい!」と思っていますよね。また、上達するためにも、サッカーを楽しんだほうが良いという考え方もあるようです。

ただ、それだけではないようです。ただ、うまくなりたい、それだけではなく、サッカーが好き、うまくなりたいならサッカーを遊ぶ!

大人から教わるというよりは、子供たちが自由に遊ぶサッカー。そこから自然と勝ち方を学んでいく。その方が効率がよいのかもしれませんね。

サッカーがうまくなりたい近道は、サッカーを遊ぶことなのかもしれません。

サッカーのドリブルが短期間で上手くなる方法はある?

サッカーのドリブルですが、短い時間でも上手になれる方法はあるのでしょうか。

とりあえずですが、とにかく1対1のボールキープになれることにあるようです。

難しいスキルは必要ないようです。大切なのは、自分の体でボールを守るという形を形成していくことです。

その1対1のドリブルに慣れたら、次は、フェイント、ボール、タッチの練習を始めるのが良いと思います。

試合に出ても差し支えがない程度にボールキープになれることだと思います。

そうすると、試合で学んだ技術を生かすことが自然とわかってくると思います。
もともと、試合で使えない技術でしたら、習得しても意味がないですから。

試合に出てみて、自分に与えられている課題をしる、個人的に技術をあげる、試合に出る。この順序が大切なのだと思います。

サッカー が手くなる方法はものまねから!

サッカーが上手になる方法ですが、まねてみることはどうでしょうか。

サッカーだけではなく、他の競技にもいえることですが、スキルを上げていくには、プロ選手の演技をまねることも大切になってきます。

まずはまねてみる、そして、自分には何が足りてないのかを確認する。

そこで失敗しても大丈夫です。実力の差があることを自分自身で知ることで、目標とするレベルまでの道のりが見えてきますから。

また、近づこうとすることで、それに必要な姿勢であったり、ボールの扱い方など、コツをしることになり、イメージトレーニングにも役立ちます。

  • イメージトレーニング

イメージすることによって、自分の体が動いていく、勝手に反応していく状態を作ることになります。

そんなイメージトレーニングをすることによって、本番で勝利を勝ち取ることができるのかもしれません。

子供のサッカーチームの見極め方

子供のサッカーですが、サッカーをする目的をみていった方が良いのかもしれません。

自分の子供が、そのチームに合っているのかどうかを調べてみる。その方法を探ってみる。

サッカーにも色々ありますが、その指導方針も色々あります。
サッカーを楽しんでいくのか、それとも技術を学んでいくのか。

子供の将来にも関わってきますよね。どちらの方向に進んでいくのか。先生にハッキリと質問して、答えてもらうのも良いのかもしれません。

一つの意見としてですが、後者、技術を学ばすのは、幼い小学生には、少し焦点が間違っているのかなと言う気もします。

その頃の子供ですが、サッカーを楽しむ、そちらに焦点を当てたほうがよいような気もします。また、そうやって好きになる姿勢がないと、「より高いレベルに行きたい」という気持ちも起きてこないのではないでしょうか。

どんなプロの選手であったとしても、最初は楽しんでスポーツを始めていると思います。そのスポーツに楽しさを感じないのであれば、向上はしないのではないでしょうか。

楽しさを教えてくれる。そんなサッカーを小学生の頃はしていればよいのかなとも思います。