注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ボレーが上手くなりたい!テニスの練習方法をご紹介します

テニスの試合をする際、特にダブルスの場合はボレー技術が必ず必要になります。ボレーが上達する為には、どのような練習をすれば良いのでしょうか?

初心者の場合、最初はラケットを持たない練習方法から始めましょう!一人だけで出来る練習法などもありますので、ご紹介していきます。

ボレーが上達すれば、シングルスの試合でも優位に立つことが可能です。是非参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

陸上部ならスパイクピンの本数や素材にもこだわろう!

陸上部にとって大切なスパイク。 スパイクと同様、実はスパイクのピンもとても大切で、合うものを選ばな...

モンゴル人が相撲に強いのはなぜ?強さの秘密を解説!

大相撲には外国人力士が多数存在しますが、中でもモンゴル人の強さは別格と言えるのではないでしょうか。 ...

足を筋トレで太くする方法とは?男らしい太ももを手に入れよう

上半身の筋トレだけでなく、足も筋トレで太くすることで男らしい体に近づくことができます。 今回は...

バドミントンラケットのグリップサイズについて理解しよう!

初めてバドミントンラケットを購入する場合、グリップサイズについても理解しておかなくてはいけません。 ...

柔道で強くなるためのトレーニングには【ロープ】が効果的!

柔道をしている人にとって筋力トレーニングは当たり前のことですが、ロープを使ったトレーニングも有効だと...

野球の背番号には縫い付ける位置がある、ベストな位置について

高校野球を見ていると背番号の位置がきっちりと揃っていて、きれいな印象があります。コレって決まりがある...

あなたは大丈夫?キャディバッグのネームプレートの向きやつけ方

キャディバッグぬつけるネームプレートはプレーをする人の表札とも言われるものですが、あなたのネームプレ...

パンチ力アップのために鍛える筋肉はどこ?徹底解説!

ボクシングや格闘技をしている人にとって大切な『パンチ力』。その強化のために筋トレを行っている人も多い...

ロードバイクの選手に向いている体型について徹底解説!

世界的に有名なロードバイクの選手って細身の人が多いような気がしますよね。 自転車競技は体重が軽...

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

フィギュア選手を引退後プロに転向する選手は一握り!

フィギュア選手として結果を残した後、引退を発表しプロに転向する選手をニュースで見ますが、これは選手と...

マラソン翌日の食事で摂るべき栄養素とは?疲労を残さないために

フルマラソンを完走した後はへとへとになっている人がほとんどでしょう。 しかし、その疲労を少しで...

バドミントン初心者必見!上達するための練習方法を教えます

バドミントンを始めたばかりの初心者は、まずは試合に出れるレベルになるのが目標ですよね。そのためにはど...

テニスを上手になって欲しい!子供に合う上達法とは

テニスは、とてもむずかしいスポーツです。 子供を週に一回のテニススクールに通わせても、なかなか...

逆立ちの練習を壁でするときのコツとは?逆立ちの練習方法

壁を使って逆立ちの練習をするときには、どのようなことに注意して行えばいいのでしょうか? 逆立ち...

スポンサーリンク

テニスのダブルスで強くなりたければ、ボレー練習は必須です!

テニスでボレーが苦手な方は意外と結構沢山います。

学生時代からテニスをしていた人でも、ボレーは未だに苦手という社会人の方を沢山見かけます。

テニスの練習ではボレーよりもストロークの練習がメインになっています。
その為、きちんとボレーを習う機会が無かったのではないでしょうか?

テニスをすると一般プレーヤーはダブルスで試合に出る事が多いかと思います。
ダブルスで上手くなりたいと思ったときこそ、ボレーを練習しましょう。

ボレーは相手との距離が近いので、打つまでの時間も少ないので焦ってしまいますよね。
「決めなくちゃ」と力が入りすぎたりもするでしょう。

ストロークの練習に偏りがちですが、ボレーの練習を普段から行なって、本番に備えましょう。

初心者向け!テニスのボレー練習方法

初心者がボレーを難しいと思う原因の一つに、ノーバウンドのボールだという事があげられます。

ノーバウンドのボールにタイミングを合せて、ラケットに当てるのは、距離感などもまだ把握していない初心者にとっては難しいはずです。

なにより始めのうちは恐怖心もありますよね。

なので、始めは距離感から養います。
距離感を養うには目と脳のトレーニングが必要です。

まずはラケットは使わず、キャッチボールで距離感を養いましょう。

このトレーニングは2人1組で行ないます。

パートナーにボールを投げてもらい、右手でキャッチします。
その時、下投げで弧を描くように、高さは胸より上で、体の左右に投げてもらいましょう。

それに慣れたら、次は足をつけます。
左側をキャッチする時には右足を出し、右側をキャッチするときには左足を出します。

こうやってボールにタイミングを合せて足を前に出すことにより、体重移動を覚えましょう。

ボレーはラケットを振るのではなく、体重移動を使ってボールを打ち返す技術です。
その為、この踏み込みの感覚はとても大切になります。

一人でも出来るテニスボレー練習!まずは壁タッチやボールつきから始めよう

ボレーの練習は1人でも出来る

ラケットでボールを下につく

これが上手に出来ないと、ボレーも上手に出来ません。

ラケットでボールを下につくには、ボールを捉える場所と、ボールが当たる瞬間にラケットが静止している事がポイントです。

壁タッチ練習法

ボールもラケットも使いません。

手のひらを壁に向けて、手首は固定して、足を踏み込んで壁にタッチします。

このときの手首と腕の感覚を覚えましょう。

ボレーはあまりラケットは振らず、体重移動を利用して打ち返す技術です。

もし、普段通りのボレーの体勢で、手が痛くなるようであれば、ラケットを振りすぎている可能性があります。

テニスのボレーを安定させる為の練習方法

テニスは対戦相手がいるスポーツですので、最終的な練習は打ち合うのが技術を安定させます。

ボレーの型をしっかりと学んだら、ボレーボレーを行ないましょう。

この練習は2人で行ないます。
お互いにネットをはさんで、サービスラインとネットの間に立ちます。
相手の肩から腰の高さにボールが届くように意識しましょう。
ボールはネットの倍くらいの高さを目安にして、ゆっくりとしたスピードで行ないます。
これをお互いにフォアで、次はお互いにバックで、そして最後にフォアとバックの混合で練習します。

お互いに移動することなく続けるようにしましょう。

ボレーボレーの他にボレーVSストロークも練習しましょう。
上級者もよく取り入れる練習です。

テニスのボレーが上達すれば、ダブルスだけでなくシングルスでも役立ちます!

ダブルスをしているとボレーは欠かせない技術です。
ですが、シングルスの人にも是非習得してほしい技術です。

シングルスの人はストロークやサーブの練習にどうしても偏り勝ちです。
サーブやストロークが強ければ試合に勝つことが出来るでしょう。

しかし、ひたすらラリーを続けてくるスタイルの人に悩まされた事がありませんか?
この手の選手にストロークを続けていてもなかなかポイントは獲れず、体力も消耗するばかりです。

そんな時、アプローチとボレーという選択肢を持っていたら、ラリーの打開策となるでしょう。

サーブが得意な人だったらサーブ+ボレーという組み合わせも良いでしょう。

ボレーを習得して、更に組み合わせることで、もっと楽に試合を進めることが出来るはずです。

角度のあるボレーを生かしたり、前後の動きでエースを狙ったりすることで、自分だけの武器を作ってみましょう。

ボレーはダブルスだけではなく、シングルスプレーヤーにとっても、役立つ技術です。

ボレーを極めれば、テニスがもっと上達することでしょう。