注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

バレーのサーブの中でもドライブサーブをマスターしよう

バレーの数あるサーブの種類の中でも、ドライブサーブは中級レベルになります。そのため習得するためにはより効果的な練習が必要となるでしょう。

ドライブサーブの打ち方のコツは?どんな練習をすればいいのでしょうか?

ドライブサーブはパワーのある人に向いています。ドライブサーブを習得するための練習方法とコツを教えます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

走るときの吐き気対策とは?気持ち悪くなる原因と予防方法

走ると吐き気がしてくるのはどんなことが原因なのでしょうか?気をつけていても、吐き気があるときにはこん...

パンチ力アップのために鍛える筋肉はどこ?徹底解説!

ボクシングや格闘技をしている人にとって大切な『パンチ力』。その強化のために筋トレを行っている人も多い...

【少年野球の指導方法】低学年は野球を楽しませることが大切です

少年野球の指導者にとって、低学年の子供たちに飽きないように野球を教えるのは大変なこと。 どんな...

夜のジム通い。夜ご飯を摂るタイミングと食べるものについて

夜、仕事帰りにジムへ通う時、夜ご飯はどのタイミングで食べたらいいんだ?と悩んでしまいますよね? ...

バレーボールのジャンプサーブの練習法で大切なことはトスです!

バレーボールにはいろいろなサーブの種類がありますが、中でも一番習得するのが難しいものがジャンプサーブ...

スノーボードのターン練習のコツやポイントについて

スノーボードのターンが怖くてなかなかできない。どんな練習方法でターンに慣れていけばいいのでしょうか?...

バドミントンの初心者に役立つおすすめの練習法はコレだ!

バドミントンの初心者に必要な練習法とはいったいどんなものなのでしょうか? バドミントンが上達...

ハンドボールのコツが知りたい! ディフェンスの場合!

ハンドボールの競技人口は野球やサッカーに比べるとまだまだ少ないですが、バスケなどとは違った迫力や面白...

テニスを上手になって欲しい!子供に合う上達法とは

テニスは、とてもむずかしいスポーツです。 子供を週に一回のテニススクールに通わせても、なかなか...

水泳長距離の泳ぎ方のコツや練習のポイント

運動やダイエット目的で水泳を始める方も多いでしょう。 有酸素運動をする場合は最低でも30分以上...

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

子供へのスキーの教え方は?ポイントややってはいけないこと

子供に初めてスキーを教えるときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 子供にスキーを教え...

モンゴル人が相撲に強いのはなぜ?強さの秘密を解説!

大相撲には外国人力士が多数存在しますが、中でもモンゴル人の強さは別格と言えるのではないでしょうか。 ...

バドミントン初心者必見!上達するための練習方法を教えます

バドミントンを始めたばかりの初心者は、まずは試合に出れるレベルになるのが目標ですよね。そのためにはど...

テニスをやっている子供の練習はこうしよう!テニスが好きに

お子さんがテニスをやっていますか?それともこれから始めてみようとお考えですか? またなかなか上...

スポンサーリンク

バレーのドライブサーブの打ち方を理解しよう!

ドライブサーブは、ボールを打つ瞬間、手首を巻き込むようにスナップを効かせてボールに強力な回転をかけることが特徴です。回転が速いとボールが落ちるのが早くなり、強く打っても飛びすぎてアウトになる確率を下げることができます。

理想はスピードのあるボールを、エンドラインのギリギリ内側に打ち込むことです。

バレーのドライブサーブの打ち方

  1. ネットに対し直角の体勢に構える
  2. トスは真上に、少し高めの位置に上げる
  3. 右手を大きく後ろに引き下げ、体を右にひねる
  4. 左足に体重を移動させながら、体を左に回転するようにスイングする
  5. 全体重をボールに乗せるイメージで、ボールにヒットする瞬間、手首は強くスナップさせる

この時、肘が曲がらないように注意しましょう。肘が曲がってしまうとサーブが真っ直ぐ飛ばず、打点が低くなりボールに力を伝えにくくなります。

打った直後は手の先が下を向いているくらいに強いスナップを聞かせると、強いドライブ回転がかかったサーブになります。

バレー初心者でもドライブサーブは練習すればうまくなる

トップ選手の試合を見ていると、いとも簡単に打つように見えるドライブサーブ。しかし、実際にはレベルの高いテクニックが必要です。

頭ではイメージできても、実際にできるかどうかは別問題。

ただ勢いを付けて強く打つだけではドライブ(回転)はかかりません。ベストなタイミングでスナップを効かせ、ドライブ回転をかけて打つ必要があるからです。

どのくらいのスナップでどれくらいの回転がかかるのか、力加減はどの程度かというバランスが重要です。

相手が拾えない、良いバスにならないアウトラインギリギリにサーブを落とすことができるように、繰り返しドライブサーブの練習をしましょう。

打つときの角度や力加減、タイミングなどは人によってさまざまです。誰かに教えられたからといって、すぐにできるものでもありません。

地道に毎日練習を積み重ねることで、自分なりの感覚を体に覚えさせていくことが必要になります。

バレーのドライブサーブの習得に必要な練習方法は?

ドライブサーブはパワーが必要なサーブではありますが、コツをつかめば少々パワー不足でも打つことはできます。

コートを正面にして右足を前に出し、ボールにドライブ回転をかけながらトスを上げましょう。このとき、左足を前に出し自分の頭上にボールが落ちるようにトスを上げるのがポイント。

腰を背後に反るように、放物線をイメージして、やや上方に向けボールを打ちます。打つ瞬間は手首のスナップを使うことが重要で、きっちり手が振りぬければボールにスピードがつきます。

とにかく練習して動作や力加減、タイミングなどを体に覚えさえることが必要です。逆に言えば初心者でも毎日練習を続けることで、グンと上達する可能性もあるということ。

自分なりの加減やタイミングがつかめるよう、地道に練習することがレベルアップに繋がります。

ドライブサーブで大切なのは【トス】!

ドライブサーブを打つためには、確実なトスを上げることも必要です。

必要な回転がかかったトスを打つためには、上げる高さも必要になります。高めのトスを毎回同じように安定して上げるというのは地味だけど難しいことでもあります。

上手に上げられるようになるまで、トスだけを徹底的に練習する時間も作りましょう。

落ちてくる位置を決めておき、何度上げても同じ場所に落ちるようなトスを上げられることが理想です。

もちろん、トスは打つためのものですからサーブを打つ高さにまで上げて、正確な位置に落ちるということです。膝を使って高いトスをあげ、なおかつ落ちる位置は正確に。

そのボールに必要な回転がかけられるようなら、ドライブサーブは8割方成功ともいえます。

ドライブサーブに挑戦しようと考えるなら、とにかく正確なトスから始めましょう。

ドライブサーブのメリットとデメリットとは?

バレーボールのトップ選手では、ジャンプサーブやフローターサーブを使う場面が多くなっていますが、中にはドライブサーブを打つ場合もあります。

通常はオーバーハンドで打つドライブサーブですが、まれにアンダーで打つドライブサーブが見られることがあります。

アンダーのドライブサーブは、軽く手前に上げたボールを下から跳ね上げるように打ちます。直後は低く、後から跳躍するようなイメージになります。

【ドライブサーブのメリット】

昔ながらのドライブサーブは威力があるのが特徴です。アンダーのドライブは慣れないと位置取りが難しいようです。

【ドライブサーブのデメリット】

正しいフォームができていないと肩に負担がかかってしまいます。威力があり強烈なサーブで得点力がある反面、安定に欠く傾向があるためミスに繋がることも多いのは事実です。

アンダーでのドライブサーブは、肉体的な負荷大きいためか女性には不向きだといわれています。