注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

バスケが上手くなる方法と上達のポイント【初心者向け】

バスケを始めたばかりの初心者は、まずボールに慣れることが必要です。
早くカッコよくシュートを決めたいと思う方も多いと思いますが、まずは基本から練習しましょう。
上達するために、何に注意して練習をすれば良いのか、常に意識しておくことが大切です。

初心者におすすめのドリブルの練習方法や、上手くなる方法、練習のコツなどご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

持久走のコツを教えて!疲れないで走る方法と意識したいポイント

持久走をする時、疲れないで走るコツがあれば知りたいですよね。疲れてしまうと長い距離を走るのが大変にな...

テニスを上手になって欲しい!子供に合う上達法とは

テニスは、とてもむずかしいスポーツです。 子供を週に一回のテニススクールに通わせても、なかなか...

相撲では食事回数は少ないけど力士の太るワケと食事メニュー

相撲取りの食事回数は、一日何食かご存知でしょうか?あれだけ体が大きいのだから、一日に何回も食べている...

空手をやりたい!初心者が40代でも大丈夫な事やメリット

40代でも空手は出来るのでしょうか? 結論から言うと出来ます! 小さい頃に少しやっていたとか...

【少年野球の指導方法】低学年は野球を楽しませることが大切です

少年野球の指導者にとって、低学年の子供たちに飽きないように野球を教えるのは大変なこと。 どんな...

水泳をすると肩幅が広くなる?女子が気になる実際の水泳効果

適度な運動をしたい!泳げるようになりたい!と大人になってから水泳を始める方も、いらっしゃいますよね。...

新体操の柔軟は泣くほど痛い?家でも柔軟をしておこう

新体操の柔軟は泣くほど厳しくしなくてはいけない!というイメージがありますが、なぜそこまで柔軟が重要な...

テニスをやっている子供の練習はこうしよう!テニスが好きに

お子さんがテニスをやっていますか?それともこれから始めてみようとお考えですか? またなかなか上...

スキー場のリフトが怖いと感じる時の対処法『初心者向け』

スキーやスノーボードを始めるとコースの上に行くためには、リフトに乗る必要があります。 しかし、初心...

フィギュア選手を引退後プロに転向する選手は一握り!

フィギュア選手として結果を残した後、引退を発表しプロに転向する選手をニュースで見ますが、これは選手と...

逆立ちの練習を壁でするときのコツとは?逆立ちの練習方法

壁を使って逆立ちの練習をするときには、どのようなことに注意して行えばいいのでしょうか? 逆立ち...

プロ野球選手になりたい!入団テストの条件や受験方法について

プロ野球になりたい! プロ野球選手といえば『ドラフト』のイメージですが、入団テストにより入団す...

陸上部ならスパイクピンの本数や素材にもこだわろう!

陸上部にとって大切なスパイク。 スパイクと同様、実はスパイクのピンもとても大切で、合うものを選ばな...

ハンドボールのコツが知りたい! ディフェンスの場合!

ハンドボールの競技人口は野球やサッカーに比べるとまだまだ少ないですが、バスケなどとは違った迫力や面白...

バドミントンのスマッシュを速くする方法とは?練習のポイント

バドミントンのスマッシュを速く打つにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バドミントン...

スポンサーリンク

バスケ初心者が上手くなる方法!まずは基本姿勢が大切

バスケの初心者が上手くなる方法として、一番始めに行うことは「基本姿勢を覚えるこ」です。

どんなスポーツでも同じですが、「基本」が出来なくてはその先の上達は望めません。
ボールを手にするとすぐにドリブルしたり投げたくなってしまうかもしれませんが、まずは基本姿勢をしっかり習得することから始めましょう。

バスケの基本姿勢は、足を肩幅程度に開いて膝を曲げ状態です。
バスケットボールポジション、パワーポジションと呼ばれます。

この体勢が大事なのは、あらゆる動作に素早く対応できる姿勢だからです。
バスケットでは前後左右はもちろん、斜めや上下の動きがあります。
それらの動きを素早く行う為には、基本姿勢が重要になってくるのです。

基本姿勢はあくまでも基本です。
意識するべきは「次の動きに素早く対応できる姿勢」です。

シュート・ドリブル・パス、走ってからのストップやジャンプの後など、あらゆる場面で素早く基本姿勢をとり、次の動きに対応できるように、いろいろなシチュエーションでたくさん反復練習を行ないましょう。

バスケが上手くなる方法…。初心者がボールに慣れるために

バスケ初心者が上手くなる方法で大切なのは基本姿勢です。
次に大事になってくるのはボールになれることです。

ボールを上手に扱える事はバスケにとってとても有利ですよね。
そのためにおすすめなのはボールハンドリングです。

ボールが手に馴染んで、ボールと一体になる事ができれば、パスやシュート、ドリブルといったこともスムーズに行えます。
とにかくボールに触れることが大事です。

足を開き、股の下でボールを8の字に回してみましょう。
基本姿勢をとり、前で両手で持ったボールを話して、股の後ろ側でキャッチしたり、ボールを頭上にあげて背中側でキャッチなども試してみましょう。
頭や腰、膝などの体回りでボールを回転させてみるのもよいです。

ボールを使ってたくさん遊び、ボールになれて一体となりましょう。

バスケのドリブルが上手くなる方法!初心者向け正しいドリブルの仕方

バスケ初心者が上手くなる方法、つぎはドリブルです。
ドリブルは切っても切り離せません。
これを上手に出来るかどうかは、バスケが上達する上ではとても重要です。

ドリブルをするときには、「強く速く」を心がけます。

ただし、手首でついてはいけません。
手首を傷める原因になりますし、正しい方法でドリブルできません。

手首ではなく、肩でボールをつくようにイメージしましょう。
また、手は開いて指でボールをコントロールします。

ドリブルのもう1つのポイントは、ドリブルをする場所です。
敵の目の前でドリブルしていては取られてしまいますよね。
ですから、とられない場所でドリブルする事が大切になります。

とられない為には、片手で相手をガードしながら、相手から最も遠い位置でドリブルしましょう。
低い位置でする事も効果的です。

どのような位置でも強く速くは変えずにドリブルしましょう。

慣れてきたらボールを見ずにドリブル

バスケ初心者はボールを見ながらドリブルしますよね。
初めのうちは仕方がありません。
しかし、ある程度慣れてきたら、ボールを見ずに行えるように練習しましょう。

顔を上げてドリブルするようにします。
ドリブルの練習の時には常に顔を上げるようにします。
そうすることで、視野を広げることができます。
周りの人動きを確認することは、実際のゲームでも必要になってきます。

他にも、鏡を見ながら練習してみるのもよいでしょう。
コーンをつかってドリブルするのも効果的です。

バスケを楽しむためのパスとシュート

バスケ初心者が避けてしまうのが「パス」ではありませんか?

パスはカットされてしまう可能性が多いですよね。
近くの人に渡すのは簡単でも、遠くの人にはなかなか届きません。

初心者のパスがカットされてしまうのは、優しいからです。
思いっきり投げてみたら、意外にパスが通ったりします。
鋭いパスの方がカットされにくいですよね。

バスケを楽しむ為には、ドリブルはもちろんですが、パスやシュートも練習しましょう。
その中でもシュートは最も楽しく練習が出来るのではないでしょうか?
シュートが入った時は気分が良いですから、その分楽しく感じますよね。

シュートもパスもドリブルも、練習すれば必ず上手にできるようになります。
どの練習も基本を意識して、反復練習するのが、もっとも着実に上達する方法ではないでしょうか?