注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ケーキのワンホール食い!1人でペロリといきますか

1人でケーキをワンホール食べれたら、どんなにいいだろうと想像することはあってもなかなか実際に食べるのは気が引けちゃいますよね。

ケーキのワンホールはいったい何キロカロリーなのでしょうか?また、1人で食べるのにおすすめなケーキとは?

やはり、自分好みのものを食べたい!という人は手作りでオリジナルケーキを作ってみてはどうでしょう?スポンジを買ってきてデコレーションするのもおすすめです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ケーキの食べ方で性格がわかる!おもしろ性格診断をご紹介します

占いや性格診断が好きなあなたに、ケーキの食べ方でわかる性格診断についてご紹介します。 自分で診...

赤ワインは冷蔵庫で保存?常温で保存?ワインを保存する方法

家にワインセラーがない人や普段からあまりワインを飲まない人はワインをどのように保存するのが良いかわか...

エビはどのくらい冷凍保存できる?冷凍の期限の目安とは

新鮮なうちに食べたいエビなどの魚介類ですが、食べきれないときなどは冷凍保存すれば、しばらくは美味しく...

秋の北海道の味覚といえば? おすすめな食べ物をご紹介

美味しい食べ物が多い北海道ですが、秋の味覚でおすすめなものとはどんなものなのでしょうか? 秋の...

冷凍のエビフライは解凍してから揚げるのはNG!上手な揚げ方

エビフライが好きな人も多いですよね! またお弁当にも大人気ですね。 でも毎回つくるのはちょっ...

手作りパンは冷凍出来ます! 美味しい解凍の仕方も紹介します

毎日パンを食べる、手作りパンが趣味という人も多いですね。 自宅で手作りパンを作っていて余りそう...

フレンチのコース料理の気になるカロリーと太らないための食べ方

彼氏と一緒にフレンチのコース料理を食べるとなると、カロリーが気になるもの。特にダイエット中の人は「全...

お昼ご飯にパンは何個食べるか聞いてみた!オススメな食べ方とは

パンが好き!という方は毎日食べても飽きないですね! 甘いパンや惣菜パン、菓子パンやサンドイッチなど...

コロッケを上手に揚げたい!最適な温度と時間について

みんな大好きホクホクのコロッケ。手作りコロッケも美味しいですが、最近は冷凍食品のコロッケも美味しいと...

スーパーの惣菜を冷凍するのはありかなしか。冷凍の方法を紹介

夕方や閉店の時間が近くなると、スーパーでは惣菜が値引きされていますね。 2割引きや3割引き、半...

日本の寿司で外国人に人気のネタは?外国人に人気の日本の料理

日本を訪れている外国人に「日本料理といえば?」という質問をすると「寿司!」という答えが返ってくること...

【刺身を食べる時のマナー】わさびをつけて食べる時の食べ方

刺身を食べる時、薬味としてわさびをつけて食べる人もいますよね!わさびをつけて食べる時にはマナーがある...

停電で冷蔵庫の中の食品はどうなる?卵や牛乳は注意しよう

台風や地震などの災害によって停電が起こることも考えられますよね。そこで心配になるのが冷蔵庫の中に入っ...

目玉焼きを作る時はフライパンの蓋はする?しない?作り方を紹介

あなたは目玉焼きを作る時、フライパンの蓋をしますか?それともしませんか? 蓋をしないで作ると、黄身...

りんごが変色!食べれる?無駄にしない食べ方や予防方法

一年を通して気軽に食べている果物・りんご。みずみずしいサクサクとした食感はもちろん、栄養豊富なのも嬉...

スポンサーリンク

ケーキのワンホールを1人で食べたくなる

「ホールケーキをひとり占め」

甘党の人であれば、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

普通はホールケーキは均等に切り分け、三角形になったケーキを食べることが多いですよね。

そんな煩わしいことなんてしないで、そのままフォークでがっつきたい!!と考えたことありませんか?

子どもの頃はお小遣いもそれなりなので、ホールケーキに費やすのは難しいですが、大人になり自分で稼ぐようになると、そんな夢はすぐに叶えることができます。

ただ、問題はホールケーキのサイズです。

ホールケーキと聞いて思い浮かぶのは、やっぱりクリスマスなどのイベントごとの時ですよね。

お店には色とりどりのホールケーキが並び、選ぶ方も迷います。

一般的なホールケーキのサイズは5号です。

5号というケーキのサイズは直径が15cmで、食べる人数の目安は4~6名となっています。

ひとつ小さいサイズの4号は直径が12cm、人数の目安は2~4名です。

ホールケーキのひとり占めをしてみたい人は、自分が飽きずに食べられそうなサイズを選ぶということも大事ですね。

ワンホールのケーキを1人で食べたらカロリーはどのくらい?

ホールケーキを1人で全部食べた時に、気になるのがカロリーです。

ケーキ1切れのカロリー×目安の人数分という計算になるので、必然的に大きければそれだけカロリーも多くなります。

ケーキの種類によっても変わりますが、あっさりのシフォンケーキやベイクドチーズケーキなどは比較的カロリーは低く、チョコレートや生クリームを使ったケーキはカロリーが高くなります。

シフォンケーキではワンホールあたり約1400キロカロリー、濃厚なチョコレートを使ったザッハトルテは約4000キロカロリー(!)と驚きの数値が出ています。

普通のデコレーションケーキでは5号サイズで2000キロカロリー、6号では3000キロカロリーが一般的です。

生ケーキの賞味期限は、原則当日となっていることが多いですね。

これは生のフルーツや生クリームを使用していることが原因です。

ガトーショコラなど、作る過程ですでに火が通っているようなケーキであれば、食べきれない場合は冷蔵庫で4~5日間は保存可能です。

生ケーキを保存する場合には、2日前後を目安に食べきるようにしましょう。

1人でワンホールケーキを食べるなら自分で作っちゃおう!

太ってもいいから、絶対に食べたいホールケーキがある場合は別ですが、特にこだわりがなく、何でもいいからホールケーキを食べてみたいという場合は、自分で作ってみるという方法もおすすめです。

ケーキは一般的に太りやすいと言われていますが、原因はケーキに含まれる糖分や脂質にあります。

特に生クリームやバター、チョコレートが多く使われているケーキはカロリーも高いので太りやすいと言われています。

生デコレーションケーキを食べるなら、フルーツがふんだんに乗ったタルトの方が断然カロリーは低くなります。

タルト系のケーキには生クリームではなく、カスタードクリームが使われていて、これは卵を原料をしているため生クリームよりもカロリーが低くなります。
見た目も、色とりどりのフルーツが乗っていて豪華ですし、食べごたえもありますね。

大人向けのデザートとして人気のティラミスも、材料にマスカルポーネチーズが使われているため、生デコレーションケーキよりは断然ヘルシーなケーキと言えます。

また、自分で作るのも簡単なシフォンケーキも低カロリーなケーキです。

生クリームを乗せてしまうとカロリーが一気に増えるので、プレーンな味を楽しむか、クルミなどトッピングを変えて味を楽しむということもおすすめです。

お1人様で食べるワンホールケーキ!おすすめはガトーショコラ

作る手順も簡単で、比較的カロリーも少ないケーキとしておすすめなのが、「ガトーショコラ」です。

ガトーショコラは、フランス語でガトー=焼く、ショコラ=チョコレートという意味があり、合わせると焼いたチョコレートという意味合いになります。

同じチョコレートケーキにブラウニーというものもありますが、これはアメリカが発祥のチョコレートケーキで、ガトーショコラとは作り方に違いがあります。

ガトーショコラは、卵の白身と黄身を分けて、白身をメレンゲにして生地に混ぜますが、ブラウニーは全卵をそのまま生地に入れます。

どちらもチョコレートの味が充分に楽しめて、食感も楽しめます。

ガトーショコラの材料は、卵、チョコレート、薄力粉、無塩バター、砂糖が一般的です。
もっとカロリーを低くしたい時は、卵とチョコレートだけでも作ることが出来ます。

ポイントは、白身でメレンゲを作る時、ツノが立つまでしっかり泡立てることです。

濃厚なチョコレートケーキが失敗なく作ることが出来ます。

1人でケーキのワンホールを食べるならロールケーキがおすすめ

生クリームや生フルーツが入ったロールケーキは食べごたえもあり、見栄えも良いことから手土産に選んだりすることも多い人気のケーキです。

生クリームが入っていることからカロリーの高さが気になりますが、デコレーションはシンプルなことが多いので、1カットあたり200キロカロリー前後と、思うほどカロリーは高くありません。

フルーツが入っていることで、カロリーも少なくなるので、フルーツがたくさん入っているロールケーキはカロリーを気にする人にもおすすめのケーキです。

シフォンケーキもシンプルで優しい味わいが人気のケーキですが、卵が多く使われていることからカロリーは低めです。

あとは、スフレのような軽めのチーズケーキもヘルシーなケーキです。

カロリーを気にするあまり、ケーキを避けるより、小さめにして食べたり、カロリーの低いケーキを選ぶなど、我慢しすぎず、上手にケーキを付き合うのが理想的ではないでしょうか。