注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

冷凍のエビフライは解凍してから揚げるのはNG!上手な揚げ方

エビフライが好きな人も多いですよね!
またお弁当にも大人気ですね。

でも毎回つくるのはちょっと面倒と感じてしまいますよね。そこでエビフライを多めに作って冷凍保存しましょう!

冷凍したエビフライは解凍してから揚げるの?そのまま揚げるの?

冷凍のエビフライは解凍しないで凍ったまま揚げるのが正解です!その理由とは?

また多めに作ったエビフライは揚げる前に冷凍する?揚げても冷凍出来る?その結果は・・・。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

停電で冷蔵庫の中の食品はどうなる?卵や牛乳は注意しよう

台風や地震などの災害によって停電が起こることも考えられますよね。そこで心配になるのが冷蔵庫の中に入っ...

イカを締めると白くなる?その理由とイカの締めかた

イカを締めると白くなるのはどんな理由? イカを釣ったときには、鮮度を保つために締めたほうがいい...

手作りパンは冷凍出来ます! 美味しい解凍の仕方も紹介します

毎日パンを食べる、手作りパンが趣味という人も多いですね。 自宅で手作りパンを作っていて余りそう...

キャベツのサラダでもう1品!忙しいママに時短・簡単レシピ

キャベツはサラダとしても食べることが多い食材ですよね。 忙しい夕食の準備で、あと1品欲しいとい...

お昼ご飯にパンは何個食べるか聞いてみた!オススメな食べ方とは

パンが好き!という方は毎日食べても飽きないですね! 甘いパンや惣菜パン、菓子パンやサンドイッチなど...

冷蔵庫に野菜を保存するときのポイントやコツをご紹介

野菜はどのように保存するのが正解なのでしょうか?冷蔵庫で保存しないほうがいい野菜とは? 比較的...

赤ワインは冷蔵庫で保存?常温で保存?ワインを保存する方法

家にワインセラーがない人や普段からあまりワインを飲まない人はワインをどのように保存するのが良いかわか...

家の屋上でのバーベキューは最高です!その魅力とは

アウトドアが好きな人は、自宅でバーベキューをする方も多いですね。 家族や仲間と開くバーベキュー...

ケーキの食べ方で性格がわかる!おもしろ性格診断をご紹介します

占いや性格診断が好きなあなたに、ケーキの食べ方でわかる性格診断についてご紹介します。 自分で診...

屋台は進化!祭りで人気の食べ物!そのワケと新しい種類とは

屋台といえば夏祭りはもちろん、花火大会やお花見会場でも見かけることがありますね。 定番の焼きそ...

秋の北海道の味覚といえば? おすすめな食べ物をご紹介

美味しい食べ物が多い北海道ですが、秋の味覚でおすすめなものとはどんなものなのでしょうか? 秋の...

おでんのだしは万能!こんなにリメイクできます!

おでんはたくさん作りすぎて、余ってしまうことありませんか? でも、そこで捨てないで下さい!おで...

シチューが市販のルーでも隠し味一つでプロの味に!

シチューを作るときは市販のルーを使っているという方少なくはないですよね~。でもそのままではなく隠し味...

エビはどのくらい冷凍保存できる?冷凍の期限の目安とは

新鮮なうちに食べたいエビなどの魚介類ですが、食べきれないときなどは冷凍保存すれば、しばらくは美味しく...

居酒屋のお通しは拒否できる?お通しの役割と断ることについて

居酒屋に行くと、お酒を注文した時に一緒にお通しが出されることがほとんどです。このお通し、自分が頼んで...

スポンサーリンク

エビフライなどの冷凍フライは解凍しないで揚げるのがオススメ

エビフライなどの冷凍のフライは、揚げる時は解凍しない方がいいですよ。

「どうして?解凍してから揚げたほうが短い時間で揚げる事ができるのでは?」

と、思ってしまいますが、解凍しないで冷凍のまま揚げた方がいい理由があるのです。

それは、解凍するとパン粉が水分を吸収してしまうからです。
パン粉が水分を吸収したら、揚げる時にパンクして中身が飛び出してしまう事があります。そして、油はねをする事もあるのです。

油はねは、解凍だけではなく、冷凍した食材に霜がついていたら起こりやすくなってしまうでしょう。

また、解凍しないで冷凍のまま揚げたほうがいい理由は、解凍すると肉や魚からドリップが出てきてしまうからです。

ドリップが出でしまうと、風味が落ちて、型崩れもしやすく、そして油を吸収しずぎてしまう事もありますよ。

このような理由があるので、解凍しないで冷凍のまま揚げた方がいいのです。

一回揚げたエビフライは冷凍出来る?みんなはどうしてるの?解凍は?

子供のお弁当に入れると喜ばれるエビフライですが、これは一度にたくさん作って冷凍しておく事はできるのでしょうか?

冷凍しておいて、使いたい時にその分だけ解凍しお弁当に入れる事ができたら便利ですよね!

お弁当のおかずで人気のエビフライですが、冷凍できますよ!
たくさん作った時に、1尾ずつラップします。それをジップロックで冷凍保存しましょう。

解凍方法は、使用する分だけ取り出して、電子レンジで30秒加熱します。それから、オーブントースターでアルミホイルをひいて5~10分加熱しましょう。
これでカラッとしたエビフライになりますよ!

冷凍する時には、1回に使用するのがだいたい2尾の場合が多いと思うので、2尾ずつ冷凍しても良いでしょう。

手作りしたエビフライを冷凍して、お弁当に活用してくださいね!

エビフライなどの揚げ物は冷凍するのは揚げてから?揚げる前?

お弁当だけではなく、食卓のおかずにあると喜ばれるエビフライですが、作るには下ごしらえもあり、時間がかかってしまうでしょう。
手間がかかるので、自宅ではあまり作らないなんて人もいるのではないでしょうか?

揚げ物を作るのはめんどくさいから…と思っている人は、一度に下ごしらえして冷凍保存してみませんか?

下ごしらえしてあるので、あとは油で揚げるだけです。

では、冷凍する場合は揚げてからの方がいいのか、それともあげる前でもいいのか、どっちがいいのか気になりませんか?

揚げものは、揚げたてが絶対美味しい!という人は、パン粉などをつけて、後は揚げるだけという状態で冷凍保存してください。

また、ご家庭に一度揚げたものをカラッと温めることができる調理家電があるのなら、揚げてから冷凍保存しても美味しく食べる事ができるでしょう。
もし、この調理家電がなくても、先ほども紹介したオーブントースターでもカラッと温めることできますよ!

あなたのお好みで、揚げてから冷凍しても、揚げる前に冷凍しても、どちらでも良いのです。

冷凍したエビをプリプリに解凍する方法

冷凍したエビを解凍して、人気のおかずのエビフライやエビチリなど作るには、美味しく、そしてプリプリとした状態に解凍したいですよね!

美味しく、そしてプリプリになるエビの解凍方法を紹介しますよ!

使用するものは、重曹と塩です。

手順は、まず重曹大さじ2と、塩大さじ1、そして水500ccをボールに入れて、冷凍したエビを浸します。

そして、解凍されるまでそのまま放置するだけです。
時間はだいたい20分ぐらいでしょう。

この解凍方法で、安いエビでも、高級感があるプリプリのエビになりますよ!

解凍する時に、真水を使用すると、浸透圧の関係で旨みや水分が逃げてしまうでしょう。なので、塩水で解凍する事で、旨みを閉じ込めます。

そして、重曹を使用するのは、エビはたんぱく質でできているので、そのたんぱく質を重曹のアルカリ成分で固くなる性質を利用して、プリプリとした食感にしているのです。

この方法を試さなきゃ損ですよ!

肉が安売りしていたら冷凍して保存しよう!そのポイントを紹介します

肉がお店で安売りしていたら、ついついたくさん購入してしまうなんて人も多いのではないでしょうか?

たくさん購入した肉の、1番良い保存方法を紹介します!

それは冷凍保存です。
冷凍保存をすると、肉の品質を守って、日持ちさせる事ができます。
そして、冷凍するので、細菌の繁殖や酸化を抑える事もできるからです。
保存期間は2週間~1ヶ月ぐらいでしょう。

肉を冷凍保存する時は、なるべく新鮮な肉を選んでくださいね。
お店で購入する時は、ドリップが出ていないかチェックしましょう。
その日に使わない場合は冷凍保存してください。

また、冷凍する時は、トレーに入ったまま冷凍するのではなく、空気に触れると酸化してしまうので、クッキングペーパーで肉の水分をふき取り、真空になるようにラップで包んでください。そしてジップロックに入れて冷凍しましょう。