注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

お昼ご飯にパンは何個食べるか聞いてみた!オススメな食べ方とは

パンが好き!という方は毎日食べても飽きないですね!
甘いパンや惣菜パン、菓子パンやサンドイッチなど色んな美味しいパンがたくさんあって、何にしようか迷ってしまいますね。

お昼ご飯にパンを食べることもありますね。
色んなパンを食べたいけれど何個も食べると太りそう。でも1個じゃ足りない。

みんなは何個食べているのか聞いてみました。

2個という意見が多かったのですが、食べ方やパンの種類についても調べてみました。

パンはご飯よりも太るのでしょうか?オススメな食べ方を紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

手作りパンは冷凍出来ます! 美味しい解凍の仕方も紹介します

毎日パンを食べる、手作りパンが趣味という人も多いですね。 自宅で手作りパンを作っていて余りそう...

秋の北海道の味覚といえば? おすすめな食べ物をご紹介

美味しい食べ物が多い北海道ですが、秋の味覚でおすすめなものとはどんなものなのでしょうか? 秋の...

イカを締めると白くなる?その理由とイカの締めかた

イカを締めると白くなるのはどんな理由? イカを釣ったときには、鮮度を保つために締めたほうがいい...

フレンチのコース料理の気になるカロリーと太らないための食べ方

彼氏と一緒にフレンチのコース料理を食べるとなると、カロリーが気になるもの。特にダイエット中の人は「全...

家の屋上でのバーベキューは最高です!その魅力とは

アウトドアが好きな人は、自宅でバーベキューをする方も多いですね。 家族や仲間と開くバーベキュー...

赤ワインは冷蔵庫で保存?常温で保存?ワインを保存する方法

家にワインセラーがない人や普段からあまりワインを飲まない人はワインをどのように保存するのが良いかわか...

ケーキの食べ方で性格がわかる!おもしろ性格診断をご紹介します

占いや性格診断が好きなあなたに、ケーキの食べ方でわかる性格診断についてご紹介します。 自分で診...

キャベツのサラダでもう1品!忙しいママに時短・簡単レシピ

キャベツはサラダとしても食べることが多い食材ですよね。 忙しい夕食の準備で、あと1品欲しいとい...

【人参の栄養】生で食べるのはNG?人参の食べ方と効果的な調理

色々な料理で大活躍してくれる食材の人参。人参にはβカロテンという栄養が豊富に含まれています。 ...

屋台は進化!祭りで人気の食べ物!そのワケと新しい種類とは

屋台といえば夏祭りはもちろん、花火大会やお花見会場でも見かけることがありますね。 定番の焼きそ...

スーパーの惣菜を冷凍するのはありかなしか。冷凍の方法を紹介

夕方や閉店の時間が近くなると、スーパーでは惣菜が値引きされていますね。 2割引きや3割引き、半...

台湾の食事は日本人には合わない?その特徴について徹底解説

東京から約4時間で行くことができる人気の海外旅行先の台湾。食事は比較的おいしいと言われていますが、中...

エビはどのくらい冷凍保存できる?冷凍の期限の目安とは

新鮮なうちに食べたいエビなどの魚介類ですが、食べきれないときなどは冷凍保存すれば、しばらくは美味しく...

キャンプで定番のカレー!鍋の片付け方やオススメのレシピを紹介

家族と友人と仲間と一人でも、キャンプは楽しいものですね! キャンプでは食事も楽しみの一つ。バー...

冷凍のエビフライは解凍してから揚げるのはNG!上手な揚げ方

エビフライが好きな人も多いですよね! またお弁当にも大人気ですね。 でも毎回つくるのはちょっ...

スポンサーリンク

お昼ご飯がパンだったら何個たべますか?こんな物をプラス

パンには本当に色々な種類があるので、毎日食べたって飽きないという人もいますよね。忙しい朝ご飯にはもちろん、お昼ご飯としても簡単に食べやすいのがパンです。

とっても美味しくて軽いので何個でも食べることができるような気がしてしまいますが、カロリーなども気になることろです。いくら軽くて美味しくても、パンの原料は小麦やバターなど、意外にカロリーたっぷりです。

お昼ご飯にパンを食べるときは、カロリーや栄養のバランスも考えてサラダやスープを一緒に食べるようにして、パンは2個くらいで押さえるようにしましょう。

サラダやスープを合わせて用意するのが難しいという人は、2つのうち1つは野菜が入ったお惣菜パンなどを選びましょう。お腹もふくれますし、栄養バランスにも気を配えるのでおすすめです。

お昼ご飯にパンは何個食べているか聞いてみました

意外にカロリーの高いパン。お昼ご飯に何個も食べたいという気持ちはとっても良くわかりますが、ここはぐっと我慢して2個程度で押さえておきましょう。

もっちりした食感のパンを選べば、お昼ご飯にパンが1つでも十分足ります。身体を動かすことが多い日なら、もう1つプラスしても良いでしょう。それ以上食べたいときは、サラダやスープなどの飲み物を増やしましょう。蒸しパンなども満足感があっておすすめです。

惣菜パンならどっしりとして食べ応えもあって、色々な栄養素が摂れるところがおすすめです。やっぱり単純にお昼ご飯にパンだけだと栄養が偏ってしまうのが心配ですからね。

お昼ご飯がパンだと最低でも3個は食べるし、その上カップラーメンまで食べてしまうという人も。育ち盛りを過ぎた人にはあまりおすすめできませんが、中にはそういう人もいるようですね。

お昼ご飯にパンを何個も食べると太る?ダイエット中ならフランスパン

カロリーの高さから、お昼ご飯に食べるパンの量は2つ程度がおすすめだという話をしてきました。では、実際にパンはどのくらいカロリーが高いのか気になりますよね。

パンのカロリーはご飯を上回ります。その上ご飯よりも噛む回数が少なくて済むので、ご飯よりもパクパク食べることができてしまいます。そのため、脳が満腹感を覚えるまで時間がかかり、その分ついたくさん食べてしまいます。

そのため、お昼ご飯のパンは何個でも食べられると感じるのですね。

つまり単純にカロリーを気にするだけではなく、良く噛むことも重要だということです。ダイエット中にお昼ご飯にパンを食べるなら、フランスパンなどの固いパンがおすすめです。たくさん噛むことで、満腹中枢を刺激してより早く満腹感を感じることが期待できます。

また、ライ麦パンもお昼ご飯にはおすすめのパンです。食物繊維をたくさん含むライ麦パンは、小麦粉よりも血糖値が上がりにくいためです。鉄分などの栄養価も高いので、栄養バランスを考えた上でも大変おすすめです。

太らないパンの選び方とは

太らないパンの選び方を身に着けるには、パンの特性を知ることが大切です。

そもそもなぜパンがご飯よりも太りやすいかというと、単純にカロリーの高さだけではありません。脂質のみを比べると、お茶碗1膳分のご飯が0.4gなのに対し、食パン1枚分の脂質は2.0gです。大差ありませんね。

しかし問題はそこではありません。ご飯は他のおかずと一緒に食べるため、栄養バランスも自然と整います。しかしお昼ご飯のパンはパン単体で食べることが多く、更に食パンならマーガリンやジャムなどを塗って食べますよね。それらを塗ると脂質は一気に5~8gは増えてしまいます。

また、GI値にも注目してみましょう。GI値とは血液の中を流れる糖質の量の上がり具合を数字で表したものです。GI値が高い食材は太りやすく、低い食材は太りにくいというわけです。

パンのGI値はご飯よりも高く、その点でもご飯よりもパンの方が太りやすいと言えます。

お昼ご飯にパンを食べる場合は、GI値の高い食材を使った惣菜パンよりも、低い食材を使った惣菜パンを選ぶことを少し意識してみましょう。

ランチのパンは少なめで野菜やたんぱく質を!

カロリーや栄養バランスを意識するなら、お昼ご飯に食べるパンは1つ、多くても2つが良いでしょう。しかしそれだけではお腹も空いてしまいますし、栄養バランスも心配です。

お昼ご飯にパンを食べたいときは、パンの他にも副菜やスープを食べるようにしましょう。意識して食べるべきなのは、パンに不足しがちな野菜やたんぱく質です。

今はコンビニなどにも野菜がたくさん入ったスープが売られていますね。食物繊維を多く含むひじきや大根などのおかずも、意外とパンと相性が良くおすすめです。

しかし忙しい仕事のお昼休みに、パン屋さん意外にもあちこちのお店を回る時間がないという人も多いはず。そんな人におすすめなのが、自宅で食べた晩御飯の残りのおかずを持参するという方法です。

手作りで身体にも優しい点も嬉しいですね。