注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

朝コーヒーは眠気覚ましになるが飲み方に注意が必要です

朝のコーヒー1杯が眠気覚ましになる!という方は多いのでは?

夜にコーヒーを飲むと眠れなくなるという話があるほど、コーヒーに覚醒作用があることは有名ですが、朝に飲むコーヒーでも本当に眠気を覚ます効果があるのでしょうか。

朝コーヒーの効果や飲み方について調べました。
コーヒーの効果には個人差があります。自分に合った飲み方を探しましょう。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

屋台は進化!祭りで人気の食べ物!そのワケと新しい種類とは

屋台といえば夏祭りはもちろん、花火大会やお花見会場でも見かけることがありますね。 定番の焼きそ...

ケーキの食べ方で性格がわかる!おもしろ性格診断をご紹介します

占いや性格診断が好きなあなたに、ケーキの食べ方でわかる性格診断についてご紹介します。 自分で診...

りんごが変色!食べれる?無駄にしない食べ方や予防方法

一年を通して気軽に食べている果物・りんご。みずみずしいサクサクとした食感はもちろん、栄養豊富なのも嬉...

【人参の栄養】生で食べるのはNG?人参の食べ方と効果的な調理

色々な料理で大活躍してくれる食材の人参。人参にはβカロテンという栄養が豊富に含まれています。 ...

エビはどのくらい冷凍保存できる?冷凍の期限の目安とは

新鮮なうちに食べたいエビなどの魚介類ですが、食べきれないときなどは冷凍保存すれば、しばらくは美味しく...

コロッケを上手に揚げたい!最適な温度と時間について

みんな大好きホクホクのコロッケ。手作りコロッケも美味しいですが、最近は冷凍食品のコロッケも美味しいと...

停電で冷蔵庫の中の食品はどうなる?卵や牛乳は注意しよう

台風や地震などの災害によって停電が起こることも考えられますよね。そこで心配になるのが冷蔵庫の中に入っ...

台湾の食事は日本人には合わない?その特徴について徹底解説

東京から約4時間で行くことができる人気の海外旅行先の台湾。食事は比較的おいしいと言われていますが、中...

トマトの黄色い品種はリコピンなどの栄養素が特に高い事が判明!

トマトに豊富に含まれているリコピンは抗酸化作用があるため食べると美肌になるといわれています。 ...

家の屋上でのバーベキューは最高です!その魅力とは

アウトドアが好きな人は、自宅でバーベキューをする方も多いですね。 家族や仲間と開くバーベキュー...

目玉焼きを作る時はフライパンの蓋はする?しない?作り方を紹介

あなたは目玉焼きを作る時、フライパンの蓋をしますか?それともしませんか? 蓋をしないで作ると、黄身...

手作りパンは冷凍出来ます! 美味しい解凍の仕方も紹介します

毎日パンを食べる、手作りパンが趣味という人も多いですね。 自宅で手作りパンを作っていて余りそう...

日本の寿司で外国人に人気のネタは?外国人に人気の日本の料理

日本を訪れている外国人に「日本料理といえば?」という質問をすると「寿司!」という答えが返ってくること...

冷凍のエビフライは解凍してから揚げるのはNG!上手な揚げ方

エビフライが好きな人も多いですよね! またお弁当にも大人気ですね。 でも毎回つくるのはちょっ...

居酒屋のお通しは拒否できる?お通しの役割と断ることについて

居酒屋に行くと、お酒を注文した時に一緒にお通しが出されることがほとんどです。このお通し、自分が頼んで...

スポンサーリンク

朝コーヒーを飲むと眠気を覚ますことができるの?

コーヒーに含まれるカフェインには覚醒作用があり、眠気覚ましとして飲むという人は多いでしょう。

眠気を覚ますために飲むコーヒーは、コップ一杯ほどの量で充分ということになります。

ただし、目が覚めたと感じるようになるのは、コーヒーを飲んだ30分後からなのです。
コーヒーを飲んだはずなのに目が覚めないと感じたら、それはまだカフェインが脳に届いていないからではないでしょうか。コーヒーを飲んだからといってすぐに眠気がなくなるわけではないのです。

朝コーヒーのメリットは?眠気を覚まし脂肪燃焼させるその効果とは

コーヒーの覚醒作用と、向上する注意力・記憶力

朝、ぼんやりとした寝起きに気持ちをシャキっとさせてくれるコーヒーはありがたいですよね。目覚めから2~3時間のうちにコーヒーを飲むと、カフェインの刺激で脳も覚醒します。

頭痛の軽減にも効果があるとされているので、朝の寝覚めが良くない人はコーヒーがいいかもしれません。でも、体質的にコーヒーが合わないといった場合には、逆にコーヒーを飲むと頭痛がするという人もいるので、自分に合わせた飲み方をしましょう。

コーヒーは中枢神経系を刺激するので、1日2杯程度にとどめるのが理想。だからといって巨大なマグカップで2杯は飲みすぎですのでご注意を。

眠気覚ましに朝コーヒーは欠かせない人が注意したいことは?

コーヒーは朝食の後に飲むこと

目覚めてすぐにコーヒーを飲むと、カフェインが胃酸の分泌を促して空っぽの胃を荒れさせてしまうというデメリットがあります。「朝にコーヒーを飲むと胃の調子が良くない」という人がいるのは、このせいもあるでしょう。

朝にコーヒーを飲むなら、朝食を摂った後に飲むようにして下さい。

食後のコーヒーは胃酸の分泌を良くして消化を助けることになり、デメリットをメリットに変えられるのです。

また、朝のコーヒーはカフェラテのようなミルクたっぷりのコーヒーの方が、胃に優しくておすすめです。

コーヒー以外で眠気覚ましに効果的なものとは?

眠気覚ましといえば手軽に飲めるコーヒー(カフェイン)が思いつきますが、飲みすぎると胃の調子が悪くなったり、神経が興奮してあとから眠れなくなったりといった弊害も起こりがちです。

では、眠気覚ましの方法としては他にどんなことが考えられるでしょうか。

冷たい水

冷水は交感神経を活発にして眠気覚ましになります。冷水を飲んだり、冷たい水で顔を洗うのも気持ちからシャキッとできます。

笑う・話す

人と会話することや、笑うことも脳の活性化になり目が覚めます。仕事中には使いにくい方法ですが、一旦休憩室などで誰かと会話して眠気を覚ましてから仕事を再開すると仕事の効率が良くなると思いますよ。

コーヒーを眠気覚ましにする場合も、量やタイミングを正しく知り、他の方法と併用することで、より効果的に使うことができるでしょう。