注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけない事

テフロン加工のフライパンが焦げるようになってきたと感じることはありませんか?

長く使っていると、テフロン加工のフライパンでも料理が焦げ付きます。

焦げ付いた場合には、金タワシや金属製のヘラは傷がつきますので使わずに、こんな方法で落としてください。
また毎日の洗い方も紹介します。

フライパン選びに困ったら、こんなフライパンがオススメですよ!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

本についたシミやカビを諦めない!キレイにする方法とやり方とは

長い期間しまっておいた本を見たら、カビやシミがびっしりついていた!ということはありませんか? ...

寝る前にチーズを食べると太る?おやすみ前に小腹が空いたとき

寝る前に小腹が空いた時はどんなものを口にしたらいいのでしょうか?何も食べないほうがいいのはわかってい...

カブトムシの虫かごの掃除方法とマット交換のタイミング

夏は虫の季節!子供がカブトムシを虫かごに入れてきて、飼いたいと言い出す季節になりました。 カブ...

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

サッカースパイクの洗い方は?注意点や臭い対策も

サッカーのスパイクって雨の日などには泥だらけに汚れてしまいますよね。 では、サッカーをする上で...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

布団の干す時間は冬ならこの時間帯がオススメ!効果的な干し方

布団を干すとお日様の匂いがしてフカフカで気持ちの良いものですよね。 暖かい季節は積極的に干して...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

部屋の湿度を適正に保つ方法とは?過ごしやすい空間にするコツ

部屋の湿度の適正は何パーセントなのでしょうか?季節によってかなり変化が激しい湿度ですが、実際にどのく...

アルミシートの保温性が高いのはどっち側?アルミシートの使い方

アルミシートはどのようにして使うと保温性が高まるのでしょうか?使い方を変えると、一年中使うことができ...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

タイルの目地を白くする方法は家庭にある物でも出来る!防止法も

梅雨の時期はあっという間にカビが生えてしまうのがタイルの目地ですね。 タイルの目地の汚れは、拭...

鶏肉を冷凍して解凍する方法や解凍後の保存方法と再冷凍について

手軽にタンパク質を摂取できる鶏肉。 この鶏肉を冷凍した場合、解凍する方法を知っていますか? ...

車の騒音で通報する時の方法と注意点!騒音対策もご紹介

車の騒音に困っていませんか? いつも決まった時間になると爆音を響かせている車。夜もゆっくりできずど...

満員電車ではリュックが迷惑?持ち方や電車のマナーについて

満員電車ではどのように荷物を持てばいいのでしょうか?とくにリュックのような大きなカバンは周りの人にか...

スポンサーリンク

テフロン加工のフライパンが焦げ付きます。使い方が問題かも

テフロン加工のフライパンの魅力は焦げ付かないので、手軽に使用できるところですよね。

しかしテフロン加工なのに焦げ付きが出てしまう場合もあります。

ちなみに私はいつも、1年程度で焦げ付きが出てしまうんですよね。そこで皆さんはどの位でテフロン加工がダメになってしまうのかを調べてみました。

そうすると、私みたいに1年程度でダメになってしまう。という方がいる一方、長年愛用しているという方もいらっしゃいます。

では、その差は何か?が気になりますよね。それは、やはり使い方やお手入れ方法に違いがあるようです。

私の場合、使いやすいフライパンはそればかりを使ってしまいます。まずは用途や目的にあったフライパンを使わずにハードに使い回しをしていたこと、そして洗い方なども問題があったようです。

次に、洗い方や使い方などの詳しい注意点についてご紹介していきますね。

テフロン加工のフライパンの焦げ付きにやってはいけないこと

テフロン加工がされていても、タレつきのお肉などを炒める際には焦げ付きが生じてしまいます。

しかし、注意点を守って使用をしていれば、それが通常の焦げ付きに繋がることは少なくなっていきます。

まず焦げ付きが生じたときにフライパンを洗いますが、そのときに金だわしなどを利用して、ゴシゴシと擦ってはいけません。

焦げと一緒にフライパンのテフロン加工も、擦り取ってしまうからです。

また洗剤として優秀な重曹ですが、テフロン加工に使用する場合には直接振りかけて、擦ったりせず重曹を溶かしたお湯につけておくなどの、浸け置き洗いがオススメです。

そしてフライパンを洗った後にも注意をしてください。

洗った後は、つい火にかけて水分を飛ばしたくなってしまいますが、空焚きをしてしまうとテフロン加工がダメになってしまいます。

また強火で使用することも、テフロン加工を炒める原因になってしまうため、調理をする際にも注意を中火以上にならないように気をつけてください。

テフロン加工のフライパンの焦げ付きを落とす方法

ゴシゴシと擦ってはテフロン加工が台無しに!というお話をしましたが、ではどのようにして焦げ付きを落とすと良いのかをご紹介していきます。

焦げ付きを綺麗にする方法

テフロンに重曹を使う場合

まずは上記したように重曹を使う場合は水と重曹を溶かし加熱します。沸騰したら一度冷まして焦げ部分の浸けおき洗いを行ってください。

洗剤を使わないで焦げ付きを落とす方法

テフロン加工は汚れが落ちやすい特徴がありますから、洗剤を使用せずにフライパンにお湯を入れて沸騰させ、しばらく放置をすると汚れや焦げがスルリと落とす事が出来ます。
大抵は、この方法で落とす事が出来るのですが、まだ焦げ付きが残っている場合は、お湯をフライパンに入れて沸騰させる際に、玉ねぎの皮を入れてください。玉ねぎの皮は外側の茶色い部分を使用してくださいね。

日光を利用して焦げ付きを取り除く方法

時間があるときは焦げ部分を日光に当てて、天日干しを行ってください。数日しっかりと天日干しを行った後は、割り箸や木べらなどを利用して、優しく焦げを取り除いてください。決して金属製のへらなどは使用しないでください。

天日干しは日光だけで焦げ付きを落とせる便利な方法ですが、数日間晴れる日が無くてはいけない事、また天日干しをしている最中には、フランパンを使用できないという難点があります。

テフロン加工のフライパンの洗い方を紹介します

フライパンの素材

鉄のフライパンなら洗剤を使わずに洗う場合がありますが、テフロン加工のフライパンなら食器用の中性洗剤を利用して、油をしっかりと落とす事が必要です。

洗剤を使わずにフライパンを洗っておいておくと、表面に残った油が酸化をしてしまいますよ。

鉄のフライパンと違い、油を馴染ませておかなくても、テフロンという加工がされていますので、油分をしっかりと落としても焦げ付く心配はありません。

洗剤を使用してフライパンを洗う際には、金だわしなど傷がつくような物は使わずにスポンジで汚れを取り除いてください。

これで汚れが落ちない場合も無理にゴシゴシせずに、上記の焦げ付きを落とす方法を試してみてください。

汚れは放置して置くと落としづらくなりますので、使用後はまず汚れをキッチンペーパーなどで取り除き、熱が冷めたら洗剤を使用してお湯で洗い流すのがポイントです。

フライパンの選び方を知っておこう

フライパンは本当なら用途によって使い分けると、長く使用する事が可能です。

しかし使い勝手が良いフライパンはつい、使用頻度が多くなってしまいます。そのような場合はお手入れ方法に気をつけていても、テフロン加工が剥がれてしまったり、加工がはがれているところが見当たらなくても、徐々にフライパン全体が黒っぽく焼けてしまって焦げ付くようになってきます。

このような場合は寿命だと考えて、フランパンを交換するのがオススメです。

消耗品ですので、いつかダメになってしまうときは訪れます。一生物ではないので、そこを割り切って自分の使いやすいもの、サイズを選ぶといいですよ。

軽さ重視にしたり、沢山フライパンを置く場所がないという方はサイズを重視したり、自分が譲れないポイントを大切にしてみてください。