注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

学会の服装、冬に参加する場合の注意点とポイントを解説!

学会に参加すると決まったら、次に考えるのは「服装」のことではないでしょうか?

スーツが無難だとは思うけど、スカートの方がいいのかパンツの方がいいのか、冬に参加する場合は暖かい素材のものの方がいいのか、女性なら特に悩んでしまいますよね。

学会に来ていく服装の選び方と冬に参加する場合の注意点について説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イギリスの文化・歴史を徹底調査!国名の由来について

紳士的な国といったイメージが強い「イギリス」。イギリスにはどんな文化や歴史があるのか、なんだか興味を...

解散するバンドの主な理由とは?解散するにはワケがある!

好きなバンドが解散してしまうのはとても悲しいものです。 そもそも一緒に音楽をやっていこうと頑張...

絹と木綿のどちらが麻婆豆腐に向いている?その違いについて

麻婆豆腐を作ろうとレシピを検索してみると豆腐の種類がそのレシピによって「絹」だったり「木綿」だったり...

カジュアルなスタイルで会社へ通勤するときの服装について

会社によっては、ドレスコードや服装規定がなくカジュアルな服装での出勤が許されているところもありますね...

講習会の服装は夏の時期何を着ていくべきなのか

講習会に参加する場合、「服装は自由です」と言われることがあります。 自由だからといって普段着で行こ...

スカートを履かない女性の心理や性格、デートの時の本音とは

スカートを履かない女性の心理を知りたくありませんか? 職場で気になる女性がスカートを履かないでいつ...

免許の取得日の調べ方を資格免許から運転免許まで詳しく解説!

免許の取得日がわからず、調べ方について困っていませんか? 履歴書に免許の資格取得日を記入しなくては...

先生の服装〔女性編〕日常から修学旅行時などの服装ポイント

春から先生として教壇に立つ人はたくさんいますが、意外と悩んでしまうのが、学校に行く時どんな服装で行く...

合宿がある部活が辛いと感じる前に経験は宝物!乗り切る方法も

体育会系でも文化系でも部活をやっていると、合宿がありますね。 そんな部活の合宿は、辛いと感じて...

就活にネクタイピンは必要?就活でつける場合のポイントと注意点

男性が就活をしている時、ネクタイピンは必要なのか悩むこともありますよね。就活で有利になるのであればネ...

プロ野球選手を引退!不安が拭えないその後の人生

プロ野球選手になれる確率は、どのくらいだか知っていますか? 一説では0.03%の確率とも言われてい...

就活の第一志望に落ちたら何をしたらいい?対処方法について

就活で第一志望に落ちたらいったい何を目指せばいいのでしょうか?誰もが第一志望に受かるわけではありませ...

夫婦のベッドは別々が常識?質の良い睡眠をとろう

夫婦はベッドが別々のほうが上手くいく?年齢とともにベッドが別々になってくる夫婦が多いようです。 ...

女性公務員の服装は基本的には自由!ただし注意点があります

女性公務員としてこれから働く時、どんな服装にすべきかでまず悩みます。 最初はスーツを着ていくべきか...

スポンサーリンク

冬の学会に参加する場合の服装の注意点!

ほとんどの場所では、冷暖房が完備されている事の方が多いようですが、地域によって、また、季節によっても服装が違ってきます。

  • 発表する人
    夏の暑い日でも、基本的には長袖のスーツを着ていく方が間違いないです。
  • 発表しない人
    カジュアルっぽいスーツや、柄があるようなものでも大丈夫な事が多いです。

冷暖房などによって、外との気温がだいぶ違う事も多いですので、ジャケットなどを脱ぐ事も想定した服装にしましょう。

学会の服装で気をつける事

  • 露出が多くならないようにする
  • カジュアルすぎないようにする
  • 清潔感や誠実さを大切にする
  • フォーマル感を出す

ジャケットを着用しているだけでも、ピシッとした印象になりますが、暑くて脱いだ時などに、カジュアル過ぎてしまったり、露出が多くなってしまったりしてしまって印象がガラリと変わってしまう事がありますので気をつけましょう。

雪が多い地域の冬の学会にはどんな服装で参加すればいい?

冬に学会に参加する時の服装は、学会がある会場の地域によって全く違ってきます。

北海道や東北の、寒くて雪もあるような場所でしたら、雪に慣れていない地域の人が参加する事になったら、気をつけないといけないところがたくさんあります。

北海道や東北地方は、外は寒くて雪も降り、道路も歩きにくいですが、室内は、建物自体の設備も防寒対策していたり、暖房もよくきいていて暖かく温度差が激しい事に注意しましょう。

冬用の厚めのコートがあるといいでしょう。
スーツでも、中に保温効果のあるインナーを着たり、カーディガンなどをジャケットの中に着る事をおすすめします。

室内では大丈夫ですが、そとは雪が積もっていたり凍っていたりする事があります。

冬でも滑らないように工夫されている冬用の革靴の準備や、防水対策を前もってしておきます。

雪がつもらない地域で市販されているものですと、雪国で市販されているような滑り止めの靴底のものが見つからない事もありますし、急に決まって用意が出来ない場合は、空港などにも滑り止めが置いているそうです。

冬に開催される学会であっても、服装は動きやすいものにしよう

色々な学会があって、その学会によってもだいぶ違ってきますが、基本的にはスーツが無難です。

通常のスーツを着ていれば、悪目立ちすることもなく、一番失敗も少ないでしょう。

しかし、個性を重視するようなクリエイティブな分野でしたらまた違ってくるようです。
何度か学会に参加をして、周りを観察し、慣れて来たら、その学会の分野によってお洒落さを出したり工夫していきましょう。

もちろん一緒に行く人がいたら、その人たちと服装を合わせる事もおすすめです。

ほとんどの学会には参加費が必要ですし、せっかくの時間ですので、質問したい事は聞いたり、人脈を広げたりしましょう。

また、なれない場所での疲れを少なくするためにも快適に動けるような服装を心がけましょう。

スーツも、動きやすい素材や、季節によって色々な工夫がされているものが殆どですので、そういった事をふまえて選ぶようにするといいですね。

学会にはジャケットとパンツで参加してみませんか?

ジャケットにパンツを合わせるコーデもお勧めです。

学会にジャケットを着ていく

ジャケットは1枚はおるだけで、ピシッと引きしめてくれる効果があり、ちゃんとしている印象でお勧めです。

スーツよりカッチリしすぎたくない場合は、カジュアルになり過ぎないようにジャケットをはおりましょう。

ちょっとカジュアルよりなものにも、ナチュラルなものにも、ジャケットを合わせるコーデがあります。

ナチュラルなものだと、様々な学会にも対応できて、中に着るものなども更に合わせやすいと思います。

学会では動きやすいパンツで参加するのがおすすめ

スカートは女性らしさが出ますが、動きにくかったり、座ったりする時などの動きに丈が気になったりしてデメリットが多いです。

足が長く見えるようなパンツスタイルで、スタイルも良く見せ、格好良くする事で、しっかりした印象もあたえます。

参加する学会の分野によっても服装は違う?

基本的にはしっかりとした印象の服装の学会が多いですが、やはりその学会の分野ごとに、どのような服装の人が多いのかも違ってきます。
もちろん、同じ分野でも、その学会によっても違ってきますので、参考にしながらも周りに行った事がある人がいれば聞いてみたり、一緒に行く人とも話して見て下さい。

学会の分野別の特徴

  • 農学系学会の場合

農学系学会でも、通常のスーツが基本である事が多いそうです。
中にはノーネクタイでも大丈夫なところもあるそうです。

  • 物理系学会の場合

物理系学会だと、カジュアルよりな服装での参加する人の方が多くなってくるようです。
中にはデニムなどとラフな人もいるようで、スーツを着ている人の方が少ない印象です。

  • 化学系学会の場合

化学系学会だと、スーツを着ている人が多くなり、基本的にはスーツとなっているようです。

  • 医学系学会の場合

医学系学会でも、スーツを着ている人が多く、基本的にスーツのようです。