注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

靴のサイズで失敗した場合の対処法と失敗しない上手な靴選びとは

最近はネット通販などで色んなタイプの靴が低価格で手に入り、オシャレの幅も広がりますね!

ですがサイズが合っているはずなのに履いてみると、キツイ・ゆるいなど靴のサイズ選びで失敗するケースも多くみられます。

靴は実際に履いて合わせてみるのが一番なのですが、家に帰って履いてみると何か違うということもありますね。

サイズが合わない靴もこれで大丈夫!色んな対処の方法と、失敗しない靴選びのポイントをご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

寝る前にチーズを食べると太る?おやすみ前に小腹が空いたとき

寝る前に小腹が空いた時はどんなものを口にしたらいいのでしょうか?何も食べないほうがいいのはわかってい...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

子犬のトイレトレーニングの方法は?共働きでも成功させる方法

共働きで家を留守にする時間が多いご家庭でも、犬を飼いたいと考える人もいるのではないでしょうか。共働き...

電車のトラブルに巻き込まれたときの対処法や予防方法をご紹介

電車のトラブルに巻き込まれないようにするにはどんな対処法があるのでしょうか? トラブルが起きな...

鍋の焦げ付きを取る方法!鍋の素材に合わせた効果的な落とし方

うっかり鍋を焦がしてしまったという時には、しばらくお湯に付けておいてから洗いますが、それでもこびりつ...

洗濯機が脱水するとガタガタ揺れる原因と対策について

洗濯機の脱水をするとガタガタと揺れることありませんか? 購入してから年数が経つともう古くなった...

30分間歩くと距離はどのくらい?ダイエット効果を上げる方法

徒歩30分とはどのくらいの距離を言うのでしょうか?30分歩くというのはけっこうな 距離を歩きますよね...

ポリエステルは静電気が起きやすい!タイツや洋服に出来る対策

寒い時期になると、タイツの出番が多くなりますね。 タイツを履くと、スカートやズボンが足にピッタ...

アルバムを収納する際は押し入れの下段手前がベスト

アルバムの収納場所で多い押し入れですが、適当に置いたりダンボールに入れっぱなしにして、いざ見たい時に...

アスファルトの工事は雨の日でもOK?天気との関係性について

自宅の駐車場などのアスファルト舗装工事を依頼する場合、梅雨のシーズンなど雨の多い時期は問題ないのか気...

エアコンの暖房は扇風機の併用で節約に!効率的な使い方を紹介

エアコンで室内を温める時は、扇風機も一緒に使うといいって知っていますか? 扇風機は夏のイメージ...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

スカートの裏地が静電気でくっつく時の対処法と溜めない方法

静電気が原因でスカートの裏地がくっつくことってありますよね。歩く時に邪魔になるし、何よりも見た目もよ...

スカートのチャックが壊れたときは?直し方をご紹介!

スカートのチャックが動かなくなってしまったときって焦りますよね。 では、チャックが壊れてしまったと...

スポンサーリンク

靴のサイズが合わなくて失敗した場合の対処法

靴のサイズが合わないときは中敷を変える

少し大きなサイズなら中敷は厚みがあるものに、少し小さいものなら中敷を薄いものにするとサイズが合わなくて失敗と思われた靴も、傷みがなく履くことが可能になります。

また靴屋さんでは、元々付いていた中敷の下に、さらに中敷を加えてくれるので見た目の違和感もありません。

これなら靴を脱ぐ場面が来た時も、恥ずかしくないですよね。

もし靴がスニーカーのようにカジュアルな靴ならば、靴下で調整するという方法もあります。

靴と足のサイズの違いは、履いている時には大きなものに感じますが、意外とほんの少しの事が多く靴下で調整できる場合があります。

スニーカーが少し大きいくらいなら、いつもよりも厚手の靴下を履くだけで調整ができることも!

まずは手軽な方法から試してみてください。

靴のサイズ選びで失敗しない為に

少しのサイズの違いなら調整が可能です!とお話しましたが、購入する時にジャストサイズを選ぶ事ができるのがベストですよね。

ではどうすると靴を購入する時に失敗せずに、ピッタリな靴を選ぶ事ができるのか?

靴を購入する時間帯に注目

これはよく言われていますよね!靴を購入する時は夕方に買うべき。なぜ夕方に購入するのが良いのか?というと、だんだんと足がむくんでいくので、午前中に靴を選んでピッタリなサイズを購入すると、夕方にはきつくなってしまうからです。

また必ず片方だけではなく、両方ためし履きをする事、少し歩いてみることも必要です。

右足と左足、微妙に違いがあって同じサイズでも、メーカーや靴のデザインによってはどちらかがきついという場合もあります。必ず両方履いて履き心地を確認してください。

次に歩いた時に確認をする点ですが、つま先部分に足が移動してかかとに隙間ができてしまうと大きすぎる証拠です。

履いた時にかかと部分に指が入るかどうか確認をする事も大切ですよ。

失敗したくないの靴のサイズ選びのポイント

失敗しないための靴選びとして、かかとに指が入るかどうかが大切だとお話しましたが、ではどの位の隙間が適当なのでしょうか?

つま先立ちをしてかかとを下ろしたときに、小指の第一関節が入る程度、このくらいの隙間がかかと部分にあると適当です。

靴に余裕がなさ過ぎても、ありすぎても靴擦れの原因となりますので、必ず購入する際には確認をしてくださいね。

次に靴にくるぶしが当たっていないかどうかもチェックのポイントです。

ここは意外と見逃しがち!でもくるぶしに靴が当たると歩くたびに痛みを感じてしまいます。

キチンとフィットしていない靴を買うと、こんなところにもしわ寄せがやってきます。

また履き心地の良さも靴選びにプラスするのなら、土踏まずのフィット感も大切になってきます。

自分の土踏まずにあっていると疲れにくく、履きやすいのであなたのお気に入りの一足になることでしょう。

靴のサイズ選びをするときには、これらのポイントに注意をしてみてくださいね。

靴の幅が狭い!足に合わない場合の対処法

足の形や靴の形によって、縦のサイズはピッタリなのに横幅が窮屈に感じることもあります。

本来なら横幅も自分の足にあったものを買うのが良いのですが、足の形によってはなかなか見つからなかったり、履いた感じはよくてもデザインが気に入らない事があります。

そんな時は靴を伸ばして、自分の足の形に合わせてしまいましょう。

履いているうちに自分の足の形に馴染むのではなく、強制的に馴染ませるようにしてしまうのです。

そこで便利なのがシューキーパー!これを靴の中に入れて広げれば、だんだんと靴のサイズが大きくなっていきます。

大きくなるといってもわずかですから、もともとのサイズが合っていることが大前提ですよ。

小さくて全然履けない靴を、履けるまで伸ばすことは無理がありますし、靴を傷めてしまったり、デザインが変わってしまったりするので、少しだけ靴を伸ばしたい!そんな時に利用をしてくださいね。

靴のサイズがあっていないと靴擦れの原因になりますよ

自分の足に合っていない靴を履き続けるとどうなるか?皆さんもご存知の通り、靴擦れを起こします。

またそんな靴を履き続けると靴擦れを通り越して、マメができてしまったり、足の形が変わってしまう可能性もあります。

サイズや形の合った靴を履いてください。

また多少の違いがある場合にはシューキーパーを利用したり、中敷を使って自分にあった靴を作ることも重要です。

ピッタリだと思って購入した靴も履いているうちに、だんだんと革が延びて緩くなる事もあります。

そんな時は無理をして履かずに、まず調節を行いましょう。滑り止めのジェルなどを利用して靴を履けば、靴擦れ防止にも役立ちますよ。

合わない靴を履くことで足だけではなく、体の他の場所にも無理をかけてしまう事があります。靴のサイズをあわせることは体調管理にも繋がってきます!ご注意を。