注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

スノーボードのターン練習のコツやポイントについて

スノーボードのターンが怖くてなかなかできない。どんな練習方法でターンに慣れていけばいいのでしょうか?

スノーボードの上手い人を見ると、とにかくブレていない!上半身も下半身も安定していますよね。

初心者と上手い人の違いはどこにあるのでしょうか?スノーボードのターンはこの練習をすれば上達しやすいようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

マラソンの腹痛対策!腹痛の場所によって原因が違う腹痛の対処法

マラソンをしている時に腹痛を感じた経験がある人もいますよね。走っている時にお腹が痛くなると困ってしま...

バドミントンのスマッシュを速くする方法とは?練習のポイント

バドミントンのスマッシュを速く打つにはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? バドミントン...

水泳長距離の泳ぎ方のコツや練習のポイント

運動やダイエット目的で水泳を始める方も多いでしょう。 有酸素運動をする場合は最低でも30分以上...

グローブの手入れ方法を知って、長持ちさせよう!

少年野球でも、学校の部活でも、社会人でも野球をやっている人はいますね。 野球人にとって、グロー...

社交ダンス競技会を目指したい!初心者の方へアドバイス

テレビ番組でもよく見かける「社交ダンス」。 「私もあんなドレスを着て踊って見たい!」と趣味として始め...

逆立ちの練習を壁でするときのコツとは?逆立ちの練習方法

壁を使って逆立ちの練習をするときには、どのようなことに注意して行えばいいのでしょうか? 逆立ち...

足を筋トレで太くする方法とは?男らしい太ももを手に入れよう

上半身の筋トレだけでなく、足も筋トレで太くすることで男らしい体に近づくことができます。 今回は...

バドミントンの初心者に役立つおすすめの練習法はコレだ!

バドミントンの初心者に必要な練習法とはいったいどんなものなのでしょうか? バドミントンが上達...

ダンスを上手くなるコツ。それはひたすらに練習を積み重ねること

ダンスが上手くなるコツを知りたい! これさえすれば、あなたもダンス上級者! みたいなのって、正直...

子供へのスキーの教え方は?ポイントややってはいけないこと

子供に初めてスキーを教えるときはどんなことに気をつけたらいいのでしょうか? 子供にスキーを教え...

ロードバイクの選手に向いている体型について徹底解説!

世界的に有名なロードバイクの選手って細身の人が多いような気がしますよね。 自転車競技は体重が軽...

日本の野球が強い理由とは?日本野球を徹底研究!

日本の野球が強い、日本人であれば誰もが知っていることですが、どうして日本の野球がこれほどまでに強いの...

水泳【クロール】の息継ぎの仕方。コツやポイントを紹介

水泳のクロールではどのような息継ぎの仕方をすれば沈まないのでしょうか? 息継ぎをするときには、...

趣味がサイクリングの女性急増中!その魅力とは

最近は、サイクリングを趣味にする女性が増えてきているみたいです!運動不足解消や健康、ダイエットの為に...

相撲では食事回数は少ないけど力士の太るワケと食事メニュー

相撲取りの食事回数は、一日何食かご存知でしょうか?あれだけ体が大きいのだから、一日に何回も食べている...

スポンサーリンク

スノーボードのターンの練習はまずスケーティングから

まずは「ターン」習得

両足を固定して横へ動くような乗り物に乗る機会はあまりないですから、体重移動を上手に行なうのが難しく感じるかもしれません。

ターンを練習する時には、始めはスケーティングで練習しましょう。
いきなり坂で練習するよりもコツを掴みやすいです。

スケーティングは片足がバインディングに固定されていない状態で滑ることです。
固定されていないので、滑らないように注意しながら行ないましょう。

スケーティングして、進行方向側の腕を(右利きの人は左手)曲がりたい方向へ向けます。
腕と一緒に上半身も曲げましょう。
すると、腕の方へ向かって曲がるので、かかと側に体重を少しかけて止まります。

要領がつかめたら、両足を固定して坂で練習してみましょう。

逆方向に曲がる時も基本は一緒です。
止まるときには、つま先側へ体重をかけて止まります。

ポイントは、腕と上半身、そして視線を進みたい方向に向けることです。

スノーボードのターン練習ですることとは?

スノーボードのターンを練習する時には、つま先側のエッジで滑る練習をしましょう。

今まではかかと側のエッジを使っていたはずです。

しかし、ターンをするとエッジが切り替わってしまうので、つま先側のエッジで滑れるようにならなくては、ターンした後に滑り出せません。

コントロールが上手に出来ないと、引っかかって転倒してしまいます。

なので、曲がる練習の前に、かかと側とつま先側、どちらのエッジでも滑れるように練習しましょう。

木の葉すべりで練習すると良いでしょう。

山側を見ながら降りていくことになるので、体が進行方向を向いていないので不安になるかもしれません。

首をひねって、進行方向を確認しながら行ないましょう。
周りの人にも気を配ってくださいね。

つま先側のエッジを使う感覚がつかめるまで、しっかり練習しましょう。

スノーボードのターンを練習するときには邪魔にならないところでしよう!

スノーボードでターンを練習する時には、緩やかな坂で行ないましょう。
他の人の邪魔にならないように、コースの端で練習するのがマナーです。

スノーボードを両足はいて、しっかりとその場に立ちましょう。
始めは動いてしまうかもしれません。

かかと側のエッジを使って、しっかりと体重をかけると立つ事ができます。

始めは一緒に行った家族や友人に手伝ってもらうのもよいでしょう。

しっかりと膝は曲げで腰を落とします。
進行方向をみて、そこからゆっくりと滑り出します。
スピードは出なくて構いません。

曲がりたい方向へ腕と上半身を向け、視線も向けましょう。
すると、勝手に大きく曲がると思います。
曲がりきったら、少し山を登るような感じで勝手に止まりまると思います。

これを繰り返して、曲がる感覚をつかみましょう。

始めは大きなターンで練習します。

スノーボードのターン練習は転ぶのが怖い!痛い!という人へ

スノーボードで転ぶと、とても痛いですよね。
特にターンの練習をしていて失敗した時などは、耐え難い時があります。

スノーボートの練習をしている時に「危ない!」と思ったときには、自分から転びましょう。
スピードが出すぎてしまった時にも、止まれないなら転んで止まります。
お尻を地面につけば、ある程度引きずられても止まることができます。

ターンの練習でもっとも難しいのはエッジの感覚を掴むことです。
曲がる時にはエッジを食い込ませるようにして、その力で曲がって、曲がりきったところでエッジを雪からはなします。

何度やっても上手くいかないときや、エッジの感覚が良くわからないという時には、一度足を外して、スノーボードの板を曲げてみてください。

手で押してどうやって曲がるのかを体感したら、滑る時にもイメージしやすいかもしれません。

ターンは一度自転車と一緒で、一度コツをつかめば、必ずできるようになります。

諦めずに練習してくださいね。

スノーボードのターン練習ではココを意識してやってみよう!

スノーボードでターンをする時のポイントは、上半身と視線の方向です。

曲がりたい方向へ腕と上半身全体を向けましょう。
視線も曲がりたい方を見ます。

足元が気になって下を向いてしまうと、バランスを崩して転倒してしまいます。

視線は曲がりたい方向の、更に少し先を見るようにします。
他のスノーボーダーの動きも捉える事が出来れば、ぶつかる危険も防ぐことが出来ます。

ターンの練習は始めは大きく行ないます。
自然に曲がる感覚を掴むためです。

無理に小回りしようとすると、エッジを引っ掛けて転倒してしまいます。

エッジの感覚を体感するためにも、ゆっくりと大きく自然な形のターンから練習することをおすすめします。