注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

ハンドボールのコツが知りたい! ディフェンスの場合!

ハンドボールの競技人口は野球やサッカーに比べるとまだまだ少ないですが、バスケなどとは違った迫力や面白さがありますね!

中学や高校の部活からハンドボールを始めたという人も多いようです。

ハンドボールのディフェンスのポジションでコツがあったら知りたい!もっと上手くなりたい!と思いますよね。

練習のコツを紹介していきます。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バドミントンラケットのグリップサイズについて理解しよう!

初めてバドミントンラケットを購入する場合、グリップサイズについても理解しておかなくてはいけません。 ...

卓球の初心者がラリーを続けるには?ラリーのポイント

卓球初心者がラリーを続けるには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか? とにかくラリー...

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

バドミントン初心者必見!上達するための練習方法を教えます

バドミントンを始めたばかりの初心者は、まずは試合に出れるレベルになるのが目標ですよね。そのためにはど...

テニスはシングルスの戦略がわかればポイントは確実に取れる

テレビでテニスのシングルスの試合を見ていると、自分もあんなふうにポイントが取れたらいいなと感じますよ...

日本の野球が強い理由とは?日本野球を徹底研究!

日本の野球が強い、日本人であれば誰もが知っていることですが、どうして日本の野球がこれほどまでに強いの...

社交ダンス競技会を目指したい!初心者の方へアドバイス

テレビ番組でもよく見かける「社交ダンス」。 「私もあんなドレスを着て踊って見たい!」と趣味として始め...

プロ野球選手になりたい!入団テストの条件や受験方法について

プロ野球になりたい! プロ野球選手といえば『ドラフト』のイメージですが、入団テストにより入団す...

相撲では食事回数は少ないけど力士の太るワケと食事メニュー

相撲取りの食事回数は、一日何食かご存知でしょうか?あれだけ体が大きいのだから、一日に何回も食べている...

ボレーが上手くなりたい!テニスの練習方法をご紹介します

テニスの試合をする際、特にダブルスの場合はボレー技術が必ず必要になります。ボレーが上達する為には、ど...

【少年野球の指導方法】低学年は野球を楽しませることが大切です

少年野球の指導者にとって、低学年の子供たちに飽きないように野球を教えるのは大変なこと。 どんな...

空手の大会で子供が出る場合、前日の練習や気をつけたい事とは

子供が空手を習っていたら、大会に出場する機会もあるでしょう。 大会前は子供も親も緊張するでしょ...

逆立ちの練習を壁でするときのコツとは?逆立ちの練習方法

壁を使って逆立ちの練習をするときには、どのようなことに注意して行えばいいのでしょうか? 逆立ち...

スキー場のリフトが怖いと感じる時の対処法『初心者向け』

スキーやスノーボードを始めるとコースの上に行くためには、リフトに乗る必要があります。 しかし、初心...

ソフトテニス初心者におすすめの練習メニューとポイント!

ソフトテニスを中学校から始めたという学生もいるのでは? ソフトテニス初心者だからこそ実践したい練習...

スポンサーリンク

上手くなりたい!ハンドボールでディフェンスの場合のコツ

ディフェンスは速攻のチャンス

ディフェンスで相手の攻撃を抑え、その一瞬に速攻を仕掛けられたらゲームを有利に運べます。

短時間に何度もシュートを決められてしまうのは、ディフェンスの戻りに課題があるのかもしれません。味方がシュートを打ったら、すぐに自陣に戻りましたか?リバウンドを奪うのが厳しいと判断したら、相手の速攻を封じるディフェンスに全力で当たりましょう。

今打ったシュートが決まるか決まらないかに関わらず、戻りながらボールと味方の位置を確認。相手が速攻に来るパスをカットして自陣のポジション固めまでの時間稼ぎをするのもディフェンスの仕事。

「シュートからの戻り」は常に意識して練習しましょう。

ディフェンスを磨くには筋トレやスタミナ増強も必要

ディフェンス力の向上のために必要なことは、基本的な構えを無意識にできるようになること。がむしゃらに動いても的確なディフェンスはできません。

肩幅に広げた両足。低く腰を落としても前かがみにならず背筋は伸ばす。両手を広げて相手の進行方向の足を少し前へ。

腰を落としてフットワークが効く状態を試合の間キープするには、筋トレや持久力の強化がカギです。技術面だけでなく、基礎的な持久力や筋力の向上も重要なのです。

ハンドボールのディフェンスのコツ!マークチエンジの連携ミスを減らす

ディフェンスにおけるマークチェンジに連携ミスはありませんか?試合中、ポストを絡めた2対2では、1人が前に出たらもう1人は後方に下がり、位置関係が平行にならないことです。

2人が揃って前に出る、もしくは後ろに下がってしまっては意味がありません。ディフェンダーは自分と対面する相手をマークしなければなりません。

2人の距離が遠すぎてもスムーズにマークチェンジはできません。下のDFがブロックされて前に進めなくとも、そのまま守り次のチャンスを待ちます。

しかし、上に出られる隙があれば逃さずにマークチェンジしてもいいでしょう。クロスでオフェンスが入って来る場合や、前のDFにポストがブロックをかけてくるようなシーンではチェンジで対応していきます。

ただ、上のDFは下の現状を掴みにくいので後方から声をかけ続けましょう。相手側が切ってきたらゴールキーパーが声をかけることでディフェンスが慌てずに対応できます。

基本的には「そのまま」か「チェンジ」の2通りですから、「2対2」の守りを確実に理解すると、さまざまなディフェンスの場面で対応できるようになります。

ハンドボールでディフェンスのコツは?まずはしっかり守る!

確実にディフェンスができれば、基礎に忠実なシュートだけでも試合に勝つことはできます。

極端に言ってしまえば、セットオフェンスが弱く、得点できなかったとしても守りを固めて速攻で簡単なシュートを決めれば勝利への道はあるのです。

ハンドボールを高校生になってから始める人は、中学からの経験者に比べて不利だと思うことでしょう。

しかし、ディフェンスは比較的差が出にくいものなのです。もちろん中学から経験があるほうが、初めはディフェンス・オフェンスのどちらも大きな差を感じるでしょう。しかし、ディフェンスはオフェンスよりも上達が早いものなのです。

オフェンスのシュート・パス・フェイントといった技術には、これまでの経験の積み重ねがスキルとして身についています。

しかし、ディフェンスの基本はバスケットやサッカーと共通している部分も多く、オフェンスよりも早く上達することができるのです。

ハンドボールのディフェンスの練習を紹介!

ハンドボールのディフェンスは難しいと思われがちです。オフェンスとディフェンスがかなり近い距離でプレイし、攻撃を止めるためには激しいコンタクトが必要な上、ルールも多いからです。

ルールを守った上で相手が嫌がるディフェンスをして得点させないようにする。そのための練習方法を2つ紹介しましょう。

ディフェンスの練習、ボール無しで行う

ハンドボールでは1対1で向きあう場面が多くあります。2人ひと組でオフェンス・ディフェンスを決めます。腕を伸ばし、相手に触れそうな間合いを作ります。

オフェンスは歩数無制限でディフェンスを抜く。ディフェンスは強く当たって相手を押し出す。慣れてきたら、オフェンスはどちら側から抜くかディフェンスに伝えて練習します。

ボールを使った練習のコツ

次にボールを使って実際のポジションで1対1で行います。6mのライン上に目印を置き、範囲を決めます。オフェンスはそのエリアで抜き切り、ディフェンスはそこから相手を押し出すようにするのです。

ディフェンスの陣形により、1対1の形にこだわるよりも守備範囲から押し出すことが守りに効果的な場合もあるのです。

ハンドボールってこんなスポーツ

ハンドボールは、1チーム14名で構成され、コートでプレイするのは7名。残りの7名は補欠で、うち1人はゴールキーパーです。

ゴールキーパーとコートプレーヤーのユニフォームは異なるデザインの物を着ます。ただし、キーパーもコートプレーヤーの服装に着替えれば、コートプレーヤーとしてプレーができます。このとき服装を交換するのは、自分のチームの交代場所で行います。

プレーヤーのうち1人はキャプテンを定めることが必要です。

ゲームスタートはスローオフです。コイントスの結果、ボールを選んだチームがスローオフをしてゲームが始まります。

先に攻撃するチームの1人が、センターラインに片足を置き、審判の笛から3秒以内にボールを投げます。

試合は前半・後半に分かれ、そこで決着が付かなければ延長戦になります。

後半戦は、前半戦とゴールを変え、また、スローオフも逆になります。

延長戦はコイントスから始め、それでも決着が付かない場合には2回目の延長戦を行います。