注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか?

筋肉がつる原因にはどんなものがあるのでしょうか?運動をしていなくても、つりやすいですし激しい運動をしたときもつりやすいですよね。

筋肉がつる人とつりにくい人は何が違うのでしょうか?運動をする前や後のケアをすることで筋肉がつるのを改善できるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

記念日はコース料理を手作り!料理の順番やメニューをご紹介

記念日に有名レストランでコース料理を食べたいと思っても、その分値段は高くなってしまうもの。 そ...

ベンジャミンは剪定が必要!やり方や準備するものを紹介

お部屋のインテリアに観葉植物があると癒やされますね! なかでもベンジャミンは華やかで育てやすく人気...

家族が布団で寝る時の寝方、やっぱり川の字で広い布団で快適に

新婚時代は夫婦でダブルベッドというスタイルが多いでしょう。 子供が出来ると子供はどこに寝かそう...

合皮ソファーの劣化を防ぐポイント!長く使えるお手入れ方法

ソファーには布製や、本革、合皮などがありますよね。 本革のソファーよりもリーズナブルで、色もいろい...

名古屋の観光で子供向けのスポット!色んなジャンルが楽しめます

名古屋には観光スポットがたくさんありますが、動物園や水族館など子供向けの施設も以外とありますよ! ...

制服?私服?大学入試時の服装選びのポイントをご紹介!

大学入試の際の服装は、制服で行くべきなのか私服で行くべきなのか悩みますよね。 特に決まりはあり...

靴の消臭剤を手作りしよう!身近にあるもので簡単に手作り消臭剤

靴の臭いが気になることはありますよね。お気に入りの靴に嫌な臭いがついてしまうと、とてもショックをうけ...

寺や神社のお守りは複数持っていても大丈夫!神様は喧嘩しません

妊娠している時に「安産祈願」のお守りをたくさんもらった場合、これって全部持ち歩いてもいいのかな?と疑...

スカートとストッキングがくっつく原因は静電気!お手軽な対処法

スカートを履いて歩いているうちに、太ももにぴっちりとスカートが張り付いていることはないですか? ...

ボレロもショールもダサい?ダサくならない結婚式スタイル

結婚式に久々に招待をされると、服装が気になりますよね。昼間の結婚式は基本的に肌の露出が多いのはNGと...

アメリカではトイレの紙を流してもいい?アメリカのトイレ事情

アメリカのトイレでは紙を流せる?それとも流せない?国によって違うトイレ事情ですが、日本のつもりでトイ...

乳児と幼児の違いとは?保育園での過ごし方やタイミング

保育園に入れるなら、乳児のときから?それとも幼児になってからがいい?そもそも、保育園には何歳から入る...

氷が冷蔵庫の製氷室で固まる、そんな場合の解決方法!

水さえ入れれば冷蔵庫の製氷室で簡単に氷を作ることができますが、できた氷が固まってしまって捨ててしまっ...

父と息子が不仲の場合は?不仲の理由や対処方法について

父と息子が不仲のときには、お母さんはどのように対応したらいいのでしょうか? 男同士だから、その...

スポンサーリンク

お腹の筋肉がつるときはどうしたらいい?

お腹の筋肉がなにかの拍子につってしまったときはどう対処すればいいのでしょうか?

そもそも、筋肉がつるということは筋肉が痙攣している状態のことを言うのです。
関節を動かすと筋肉は伸びたり縮んだりするのです。

筋肉が冷えていたり、硬くなった状態で無理に伸ばそうとすると反射的に縮もうとします。
このとき神経から「筋肉を収縮しなさい!」という命令が過剰に伝達されるため、筋肉が一気に硬くなってしまい激痛を伴うのです。
これが筋肉がつった状態です。

普段よりもよく歩いたり、運動したりして足が疲れたときにつった、無理な体勢をとったときにお腹がつったなど、筋肉疲労が原因でつることがあります。
運動不足などで筋肉が硬くなってしまい、血流などの流れが悪くなると神経系などの流れも悪くなってしまい、脳からの伝達が上手く伝わらなくなってしまい筋肉がつってしまうこともあります。

お腹や背中がつったときは少しずつつったところを伸ばすようにすることで治りますよ。

お腹の筋肉がつるのはどうして?つってしまう原因

筋肉がつってしまう原因には上記で説明した筋肉疲労、運動不足のほかに、加齢や脱水症状もあるのです。

普段から必要以上の筋肉を使っていないと、筋力が衰えて血流が低下してしまい足がつります。
妊娠してからこむら返りを経験する方が多いのも、運動不足が原因になっています。

加齢は筋肉が衰えてしまったり血流の低下を招くので足がつる原因になっているのです。

足がつる何よりの原因となっているのが脱水症状なのです。
体内に水分やナトリウムなどの電解質が不足している状態ですが、足がつるという以外にも頭痛やめまい、酷くなると意識障害を起こすこともある大変危険な症状です。

脱水症状は夏に起こしやすいと思われがちですが、寒さで水分補給を控えてしまう冬も気をつけなければいけません。

お腹の筋肉がつるのはこんな理由かもれません

お腹の筋肉がつってしまうのは運動不足などのほかにも、下記のような原因がかんがえられます。

女性は特に多い血行不良ですが、筋肉量が少ないことに加え冷え性だと筋肉疲労を招くのです。

食生活が乱れている方や汗をたくさんかく方は栄養不足に注意です。
ミネラル分には筋肉の収縮を調節する働きがあり、これが不足してしまうと筋肉が痙攣する原因になってしまいます。

妊娠している方に多いのがホルモンバランスの乱れですが、これにより筋肉の痙攣を起こしてしまいます。
生活リズムが乱れている方やストレスをたくさん感じている方は自律神経の不調によりホルモンバランスを乱す原因となってしまうのです。

急に激しく運動した後は血流を急激に増やそうと脾臓が収縮し、左わき腹がつったように痛むこともあります。

筋肉がつるのは改善できる?運動する前にできること

日常生活で筋肉がつってしまうとしばらく痛みを感じたり、伸ばしたり安静にしていてもなかなか治らずに辛い思いをした…という方もいるかと思いますが、筋肉がつってしまうのは改善できるのでしょうか?

●こまめに水分を補給する

ジョギングやスポーツなど、大量に汗をかく場面ではこまめに電解質を含んだ水分を補給するようにしましょう。

●ビタミンやミネラルを食事からも摂取する

日ごろからビタミンやミネラルを摂取することも筋痙攣を予防するために重要なことです。
豆乳は栄養が豊富なためおすすめですが、偏った食事は良くないので偏り無く食事をすることが大切です。

●運動の前や後にストレッチをする

運動を開始する前にストレッチをすることで血流が良くなり、筋痙攣の防止になります。
また、運動することで特定の筋肉に負荷がかかり続けると、その部分の血流が低下してしまいます。
運動後に改めてストレッチをすることで血流を改善できるのです。

睡眠中に筋痙攣を起こしてしまうという方は就寝前にストレッチをすることで防ぐことができます。

●ゆっくりお風呂に浸かる

冷え性によって血流障害や筋肉疲労を起こしてしまう場合は、ゆっくり湯船に浸かって体を芯からあたためるようにするとよいです。
このとき一緒にマッサージをすることでより効果的になりますよ。

腹や背中の筋肉がつってしまったときには急に伸ばさないようにしよう

背中がつってしまったときは急なストレッチはせずに、安静にしましょう。
痛みを感じない姿勢になり、しばらくその姿勢を維持します。
その後、筋肉を伸ばす姿勢をとりますが、このときゆっくりと優しく行ってください。

収縮、痙攣から筋肉を正常な状態に戻すようにします。
息をするのも苦しいとは思いますが、ゆっくりと深呼吸をして行うとよいです。

痛みが引いたら筋肉の異常な収縮、痙攣は解消されているはずですが、もしも痛みが長引いていたり強くなったりする場合は専門医を受診するようにしましょう。
背中のつり予防には急な運動を避けて適度に運動すること、水分やミネラルを摂取するように心がけてください。

運動不足でも背中がつってしまうので、普段から適度な運動をしておくことが健康を維持するためには大切なことです。
運動するときは水分やミネラルが不足してしまうので、こまめに補給することをわすれないでください。