注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

お腹の筋肉がつる原因とは?つったときの対処方法

お腹の筋肉や足の筋肉、背中の筋肉などこんな場所がつることあるの?と年齢を感じることはありませんか?

筋肉がつる原因にはどんなものがあるのでしょうか?運動をしていなくても、つりやすいですし激しい運動をしたときもつりやすいですよね。

筋肉がつる人とつりにくい人は何が違うのでしょうか?運動をする前や後のケアをすることで筋肉がつるのを改善できるようです。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

自治会への挨拶は引っ越し後必ず必要なのか

引っ越しをしたときは、粗品を持って近所に挨拶回りを行いますが、自治体にも挨拶が必要なのか迷ったことあ...

アパートのドアの隙間を防ぐ対処法で寒さや虫の対策をしよう

アパートのドアに隙間があると、風が部屋の中に入り込むのでとても寒くなってしまいます。ドアの隙間を塞い...

手帳に10月始まりがあるのはなぜ?手帳の種類とおすすめの手帳

たくさんの種類の手帳が発売されている現代ですが、その中には10月始まりのものもあります。なぜ10月始...

アイデアを募集している企業を利用してアイデアを売り込むコツ

スマホで「アイデア 募集」と検察すると、様々な企業がアイデアを募集しているのがわかります。 これだ...

靴磨きクリームの基本の使い方や手順、ポイントを簡単解説!

普段履いている革靴。大切にお手入れしていますか? しっかり靴磨きをすることで、自分の足に馴染ん...

アメリカのセレブ生活は桁違い!その実態をご紹介します

テレビでアメリカ人のセレブを見ていると、羨ましいと感じてしまうもの。 しかし、実際どんな生活を...

服を買うことが苦手な人のための洋服の買い方を教えます!

少しでもおしゃれな服を着たいと思っていはいるものの、服を買うことが苦手という女性もたくさんいると言わ...

願書や証明写真での上手な写り方と髪型などの身だしなみについて

大学の願書やいろいろな証明写真、髪型で気を付けなければいけない点はあるのでしょうか? いつも証...

ボーナスについて!ボーナスが30万ならその使い道は

ボーナスの時期が近づくと何に使おうか、いくら貰えるのかとワクワクしますね! 皆さんどのくらいボ...

編み物の棒針は難しい?初心者でも作れる作品やおすすめグッズ

編み物を始めたいと思っている方、棒針だと少し敷居が高いと感じていませんか?編み物には一般的に棒針とか...

平日休みの過ごし方。メリットを最大限に生かして休みを満喫!

平日休みの過ごし方。 土曜・日曜が休みの働き方の人は、約7割だそうです。 だから土日はど...

洗濯機が脱水時にガタガタうるさいのはなぜ?異音の原因と対策

洗濯機の脱水時にガタガタうるさいと、何が原因なのか、もしかして故障!?と気になります。 洗濯機は高...

ボールペンの水性か油性の見分け方と特徴!メリット・デメリット

ボールペンは大きく2つに分けると水性と油性に分かれます。なんとなく違いはわかると思いますが、それぞれ...

スライムを手作り!洗濯糊がない時に代用可能な物について

子供がお家でスライムを作りたいといい出したら、何が必要でしょうか?洗濯糊やホウ砂が必要となりますが、...

洋服を通販で買うときのポイント 40代女性の服の選び方

40代女性が洋服を通販で買うときには、どのようなことに気をつけたらいいのでしょうか?20代の頃の服で...

スポンサーリンク

お腹の筋肉がつるときはどうしたらいい?

お腹の筋肉がなにかの拍子につってしまったときはどう対処すればいいのでしょうか?

そもそも、筋肉がつるということは筋肉が痙攣している状態のことを言うのです。
関節を動かすと筋肉は伸びたり縮んだりするのです。

筋肉が冷えていたり、硬くなった状態で無理に伸ばそうとすると反射的に縮もうとします。
このとき神経から「筋肉を収縮しなさい!」という命令が過剰に伝達されるため、筋肉が一気に硬くなってしまい激痛を伴うのです。
これが筋肉がつった状態です。

普段よりもよく歩いたり、運動したりして足が疲れたときにつった、無理な体勢をとったときにお腹がつったなど、筋肉疲労が原因でつることがあります。
運動不足などで筋肉が硬くなってしまい、血流などの流れが悪くなると神経系などの流れも悪くなってしまい、脳からの伝達が上手く伝わらなくなってしまい筋肉がつってしまうこともあります。

お腹や背中がつったときは少しずつつったところを伸ばすようにすることで治りますよ。

お腹の筋肉がつるのはどうして?つってしまう原因

筋肉がつってしまう原因には上記で説明した筋肉疲労、運動不足のほかに、加齢や脱水症状もあるのです。

普段から必要以上の筋肉を使っていないと、筋力が衰えて血流が低下してしまい足がつります。
妊娠してからこむら返りを経験する方が多いのも、運動不足が原因になっています。

加齢は筋肉が衰えてしまったり血流の低下を招くので足がつる原因になっているのです。

足がつる何よりの原因となっているのが脱水症状なのです。
体内に水分やナトリウムなどの電解質が不足している状態ですが、足がつるという以外にも頭痛やめまい、酷くなると意識障害を起こすこともある大変危険な症状です。

脱水症状は夏に起こしやすいと思われがちですが、寒さで水分補給を控えてしまう冬も気をつけなければいけません。

お腹の筋肉がつるのはこんな理由かもれません

お腹の筋肉がつってしまうのは運動不足などのほかにも、下記のような原因がかんがえられます。

女性は特に多い血行不良ですが、筋肉量が少ないことに加え冷え性だと筋肉疲労を招くのです。

食生活が乱れている方や汗をたくさんかく方は栄養不足に注意です。
ミネラル分には筋肉の収縮を調節する働きがあり、これが不足してしまうと筋肉が痙攣する原因になってしまいます。

妊娠している方に多いのがホルモンバランスの乱れですが、これにより筋肉の痙攣を起こしてしまいます。
生活リズムが乱れている方やストレスをたくさん感じている方は自律神経の不調によりホルモンバランスを乱す原因となってしまうのです。

急に激しく運動した後は血流を急激に増やそうと脾臓が収縮し、左わき腹がつったように痛むこともあります。

筋肉がつるのは改善できる?運動する前にできること

日常生活で筋肉がつってしまうとしばらく痛みを感じたり、伸ばしたり安静にしていてもなかなか治らずに辛い思いをした…という方もいるかと思いますが、筋肉がつってしまうのは改善できるのでしょうか?

●こまめに水分を補給する

ジョギングやスポーツなど、大量に汗をかく場面ではこまめに電解質を含んだ水分を補給するようにしましょう。

●ビタミンやミネラルを食事からも摂取する

日ごろからビタミンやミネラルを摂取することも筋痙攣を予防するために重要なことです。
豆乳は栄養が豊富なためおすすめですが、偏った食事は良くないので偏り無く食事をすることが大切です。

●運動の前や後にストレッチをする

運動を開始する前にストレッチをすることで血流が良くなり、筋痙攣の防止になります。
また、運動することで特定の筋肉に負荷がかかり続けると、その部分の血流が低下してしまいます。
運動後に改めてストレッチをすることで血流を改善できるのです。

睡眠中に筋痙攣を起こしてしまうという方は就寝前にストレッチをすることで防ぐことができます。

●ゆっくりお風呂に浸かる

冷え性によって血流障害や筋肉疲労を起こしてしまう場合は、ゆっくり湯船に浸かって体を芯からあたためるようにするとよいです。
このとき一緒にマッサージをすることでより効果的になりますよ。

腹や背中の筋肉がつってしまったときには急に伸ばさないようにしよう

背中がつってしまったときは急なストレッチはせずに、安静にしましょう。
痛みを感じない姿勢になり、しばらくその姿勢を維持します。
その後、筋肉を伸ばす姿勢をとりますが、このときゆっくりと優しく行ってください。

収縮、痙攣から筋肉を正常な状態に戻すようにします。
息をするのも苦しいとは思いますが、ゆっくりと深呼吸をして行うとよいです。

痛みが引いたら筋肉の異常な収縮、痙攣は解消されているはずですが、もしも痛みが長引いていたり強くなったりする場合は専門医を受診するようにしましょう。
背中のつり予防には急な運動を避けて適度に運動すること、水分やミネラルを摂取するように心がけてください。

運動不足でも背中がつってしまうので、普段から適度な運動をしておくことが健康を維持するためには大切なことです。
運動するときは水分やミネラルが不足してしまうので、こまめに補給することをわすれないでください。