注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

陸上部ならスパイクピンの本数や素材にもこだわろう!

陸上部にとって大切なスパイク。
スパイクと同様、実はスパイクのピンもとても大切で、合うものを選ばないとスパイクの能力が半減してしまうとも言われています。

陸上部のスパイクピンにはどんな種類があるの?スパイクピンの長さは?陸上部はスパイクピンにもこだわるべき?

今回はスパイクピンについて調べました。陸上部必見です!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

バスケが上手くなる方法と上達のポイント【初心者向け】

バスケを始めたばかりの初心者は、まずボールに慣れることが必要です。 早くカッコよくシュートを決めた...

バレーの練習を少人数でするときのコツやポイントを紹介

バレーの練習をしたいけれど、人数が集まらなくて練習にならない・・・。少人数で練習をするときには、どの...

夜のジム通い。夜ご飯を摂るタイミングと食べるものについて

夜、仕事帰りにジムへ通う時、夜ご飯はどのタイミングで食べたらいいんだ?と悩んでしまいますよね? ...

水泳のクロールのキックはどう動かす?キックのポイント

水泳のクロールが泳げるとかっこいいですよね。しかし、なかなか思うように進まない、一生懸命足を動かして...

【少年野球の指導方法】低学年は野球を楽しませることが大切です

少年野球の指導者にとって、低学年の子供たちに飽きないように野球を教えるのは大変なこと。 どんな...

バドミントンラケットのグリップサイズについて理解しよう!

初めてバドミントンラケットを購入する場合、グリップサイズについても理解しておかなくてはいけません。 ...

逆立ちの練習を壁でするときのコツとは?逆立ちの練習方法

壁を使って逆立ちの練習をするときには、どのようなことに注意して行えばいいのでしょうか? 逆立ち...

テニスはシングルスの戦略がわかればポイントは確実に取れる

テレビでテニスのシングルスの試合を見ていると、自分もあんなふうにポイントが取れたらいいなと感じますよ...

プロ野球選手になりたい!入団テストの条件や受験方法について

プロ野球になりたい! プロ野球選手といえば『ドラフト』のイメージですが、入団テストにより入団す...

社交ダンス競技会を目指したい!初心者の方へアドバイス

テレビ番組でもよく見かける「社交ダンス」。 「私もあんなドレスを着て踊って見たい!」と趣味として始め...

空手の大会で子供が出る場合、前日の練習や気をつけたい事とは

子供が空手を習っていたら、大会に出場する機会もあるでしょう。 大会前は子供も親も緊張するでしょ...

柔道で強くなるためのトレーニングには【ロープ】が効果的!

柔道をしている人にとって筋力トレーニングは当たり前のことですが、ロープを使ったトレーニングも有効だと...

相撲では食事回数は少ないけど力士の太るワケと食事メニュー

相撲取りの食事回数は、一日何食かご存知でしょうか?あれだけ体が大きいのだから、一日に何回も食べている...

大人こそバレエを始めよう!バレエ初心者の教室の選び方

大人からバレエを始めるのは遅い?いえいえ、そんなことはありません。むしろ大人こそバレエがおすすめなん...

スキー場のリフトが怖いと感じる時の対処法『初心者向け』

スキーやスノーボードを始めるとコースの上に行くためには、リフトに乗る必要があります。 しかし、初心...

スポンサーリンク

陸上部のスパイクピンにはどんな種類があるの?

陸上を始める方はどのようなスパイクを買ったらよいのか、迷ってしまいますね。

スパイクでピンが付いているなら、どんなものでも良いというわけではありません。

使用する場所や競技によって違いがあるので注意をしましょう。

といっても大きく分けるとスパイクのピンは2種類です。

スパイクピンの種類

平行ピンと針ピン(土ピン)です。

平行ピンはピンの先が平らになっているのが特徴で、試合用のタータントラックで使用されます。

二段並行、三段並行、四段並行になっているものもあり、シューズのメーカーによって違いがあります。

またこれらは二段なら反発力!三段ならグリップ力があるなどの特徴もあります。

次に針ピンですが、その名の通りピンの先が針のようにとがっているのが特徴です。針ピンは土トラックでの使用に適しています。

針ピンはアタッチメントをつけて使用するため、並行ピンとはねじ山の長さが違ってきます。

陸上部のスパイクピンの長さは?

使用するスパイクピンの長さはルールでは9ミリ以下と決まっています。

しかし走り高跳び、槍投げは11ミリ以下です。

ピンを交換する場合には、購入した時と同じピンを選ぶと間違いがありません。またピン回しはスパイクに付属されていますので、なくさないように保存をしておきましょう。

上記したように、スパイクのピンは大きく並行ピンと針ピンの2種類に分かれていて、長さが違います。

これは土ピンにはアタッチメントを付けて使用するためです。アタッチメントはピンの突き上げ感を軽くしてくれます。

またシューズを保護する役割もあるために、アタッチメントをつけずに使用してしまうとスパイクが壊れてしまいます。

ちなみにオールウェザー用には土ピンがそもそもつけられるような設計にはなっていません。そのためアタッチメントもつけられないのです。

陸上部で使うスパイクピン、交換時期は?

スパイクのピンは使っていくうちに磨り減っていきます。そのため交換が必要となってきます。

ではどのようになったら交換しなければいけないのか?それは、やはりピン先が丸くなってしまうとスパイクのピンとしての役割を十分に果たせなくなりますので、交換が必要となってきます。

でも交換時期を延ばす方法、ピンを長持ちさせる方法があります。

それはズバリ、スパイクのピンでコンクリートの上を歩かない!これに限ります。でも競技をしていると、コンクリートの上だけ他のシューズに変えることもできないし、シューズについてきたピン用のゴムをいちいちはめるのも面倒です。

そこでポイントになるのが歩き方、コンクリートの上をスパイクで歩く時にはなるべくピンがコンクリートに当たらないように、かかとを付けてつま先を浮かせるようにして歩きます。

こんなちょっとしたことですが、コンクリートにじかにピンをこすり付けるよりも良いので、スパイクのピンをいつもよりも長持ちさせる事が出来ますよ。

陸上部はスパイクピンにもこだわるべき?

オールウェザー用のスパイクピンには交換ができるものと、そうでないものの二種類があります。

交換ができるとピンが磨り減った時に、ピンだけを替える事ができるので経済的ですよね。

では交換できないスパイクのメリットはどこなのでしょうか?それは重さにあります。交換できるスパイクピンはねじ山が付いています。

しかし交換できないスパイクピンはというと、そのねじ山が付いていません。その分スパイクが軽くなるというわけです。

スパイクピンの本数が多くなれば、その分軽くなりますよね。

また固定ピンは、通常のスパイクピンよりも細くなっていることも、固定ピンのスパイクが軽い理由の一つになります。

ピンが軽くなれば、その分当たり前ですがスパイクが軽くなる、そうなるとタイムに繋がっていきます。

コンマ何秒の世界で競い合う競技ですから、チョットしたスパイクピンの重さも気になるところです。

陸上部で始めてスパイクを選ぶ際の注意点とは?

まずは自分がやっている競技に合ったスパイクを選ぶこと!そしてどの靴にも共通しますが、はきやすさを重視しましょう。

見た目がカッコ良いと、つい手が伸びてしまいます。しかし自分の足の形に合わないという場合があります。

見た目にこだわり、足に合わないスパイクを履いているとタイムが伸びないばかりではなく怪我の原因の一つにもなります。

また上級者モデルを初心者が無理をしてはくのも、足への負担が考えられます。

スパイクを購入する際には、必ず両足ためし履きをして自分の足にしっくり来るものを選びましょう。

これはいつも履いている履きなれたメーカーについても同じです。同じメーカーでもスパイクとアップシューズでは履き心地が違ってきます。その他にも履いているとスパイクが伸びて足の形になっていく事もあり、新品とは履き心地が違う場合もあります。

このようなことから、ためし履きは絶対必要!納得のいくスパイクを選んで下さいね。