注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

同棲のための部屋探しはいつから?早すぎるのはNGです

大好きな彼氏との同棲が決まると、ウキウキしちゃいますよね。

一番楽しみなのは一緒に住むことになる部屋探しですが、いつから探し始めればいいのでしょうか?同棲するなら何部屋がベスト?物件の情報収集は早ければ早い方がいい?

これから一緒に住む部屋は二人でしっかりと相談して決めよう!同棲のための部屋探しはいつから始めるべきなのか、そして注意するポイントについて詳しく説明します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

ヤモリは駆除せず、凍らせるスプレーで動きを止めて逃がそう

ヤモリは害虫を食べてくれる家の守り神とは言われているものの、実際に家に現れるとおどろきますよね。 ...

部屋6畳サイズでも大丈夫!広くオシャレに見せる工夫

進学や就職などで一人暮らしを始める方も多いと思います。 住む部屋6畳がサイズの場合、どうしても...

天中殺の過ごし方とは?仕事ではこのように立ち回ろう

天中殺はどのような過ごし方をしたらいいのでしょうか?これから仕事を始める、転職を考えている、異動を言...

アナログとデジタル時計のそれぞれの短所や長所と心理的効果

ビジネス用やプライベート用などで腕時計は必要ですね。購入を考えた時にアナログかデジタルかで悩んでしま...

ハイターの色落ちを戻す染め直しのコツや知っておきたい予防法

ハイターを洗濯に使用することで衣類の色落ちをしてしまったときは、戻すことはできるのでしょうか? ...

ウェットスーツの洗い方のコツと使用する洗剤を徹底解説!

サーフィンを始めたものの、ウェットスーツの洗い方がわからないと悩んでいませんか? 「海の中で着てい...

アパート2階に住む時に試したい騒音対策とは

アパート2階に住むと気になるのが、1階に響く音です。 子供の足音や椅子を引く音など、アパートの...

着る服がない!レディースファッションで悩む40代女性の服選び

「どんな服を着ればいいの?」大人レディースファッション悩む40代女性は多いのではないでしょうか。 ...

体の水分量を減らす方法とは?これが正しい情報です!

ダイエットをしている人は、体重を減らすために極力体の水分量を減らすようにしているのではないでしょうか...

本にシミができてしまう原因とは?キレイに落とす方法を教えます

読み終わって押入れや本棚に入れたままにしていた本を久しぶりに出してみると、「シミ」がついていることが...

古い通帳は処分すべき?その理由と処分する方法を教えます

通帳がいっぱいになって新しい通帳になりますが、気がつくと古い通帳が何冊も引き出しの中に入っていた…そ...

布を購入するときのサイズは何センチから?お店によって違います

布を購入するときにはどのくらいのサイズから買うことができるのでしょうか?私はずっと1メートルからしか...

上の階の騒音は直接言うより管理会社へ!それでもダメな時は

上の階の騒音で悩んでいる人も多いことでしょう。 騒音に耐えられなくなったからと言って、直接苦情...

メッキのサビ取りに使える裏技をご紹介!さっそく試してみよう

車やバイク、アクセサリーなどのメッキについたサビを取りたいと思っても、メッキが剥がれてしまわないか気...

食後の体重が戻るまでにするべき事・してはいけない事

食後に増えてしまった体重はどうしたら元に戻るのでしょうか? ついつい食べ過ぎてしまったときには...

スポンサーリンク

同棲する場合の部屋探しはいつから始めるべき?

来年の3月から結婚を考えている彼氏との同棲を始めようと思っています。住みたい物件も決まっていますが、いつ頃不動産屋に行けばいいのか迷っています。その物件は新築の3階だてのアパートで21部屋あり、まだ5部屋空いています。1月末~2月の初めに不動産屋さんに行こうと考えています。なるべくムダな家賃の支払いはしたくないのです。

管理会社や大家は賃貸契約は、入居希望日の半月程度前の契約を待ち限度としています。入居日よりも1ヶ月以上も前に「入居したい」と言っても、中には散々待たせておいて、ドタキャンしたり、より良い物件を見つけてそちらにする人もいるので、半月程度前の契約になるのです。

貸主は大きな収入源で、不動産屋は仲介手数料を得ることができるので、リスクが低く確実な契約を結びたいのです。立地や交通の便が良かったり、角部屋などの好条件の物件は人気があるので、何ヶ月先まで待ってくれることは少ないです。

3月入居を考えている場合は、2月の初め~中旬の契約になります。でも新築の場合満室になっている可能性もあるので、悩んでしまいますよね。どうしてもその物件に住みたい場合は不動産屋さんに行って、仮契約で手付金を支払う方法もあります。理解のある不動産屋さんなら仮押さえという形にしてくれることもあります。

同棲のための部屋探し、いつから始めるのがベストか

同棲するための部屋探しはいつから始めるのがいいのでしょうか。部屋探しはワクワクしますよね。時期は物件の見学を考えると大体2ヶ月前~遅くても1ヶ月前には始めたいです。

不動産屋さんとの契約はあまり時間がかかることはありません。家の条件や間取りにこだわりがない人は1ヶ月前から探してもいいです。こだわりの条件がある場合は、彼氏としっかり条件について話し合い、実際に物件を見てしっかり決めましょう。

ほとんどの人は、2ヶ月前から家の条件について2人で話し合い始め、インターネットなどを使いお互いのイメージに合う物件を探していきます。その中で気に入った物件を不動産屋に電話をして、実際に中を見せてもらいます。不動産屋と一緒に物件を見て回るのは1日に2~3件程度。少なくても7件ぐらいは見ておくといいです。ほとんどの不動産屋さんは車で物件まで連れて行ってくれることが多く、気に入る物件が見つかるまで探してくれる営業の人が多いです。

同棲するための部屋探し、情報収集は3ヶ月前

「早く家を探さないと、いい部屋がなくなってしまう」と不安になる人も多いですが、そんなことはないです。賃貸の物件を探す人が多い2月3月は、逆に退去する人も多い月になるのです。こだりが強くなければ希望する物件は見つかります。

ムダな家賃の支払いをしないためにも、入居を希望する1ヶ月前からの部屋探しでいい部屋が見つかります。

しかし情報収集は3ヶ月前から始めるようにしましょう。インターネットを使い自分が気に入った物件がどのくらいでなくなるのかを調べておくことも大切です。物件探しをすると、自分が住みたいエリアの家賃相場なども、わかるようになります。情報収取で物件を見る力をつけておくと、部屋を決める時の決断力にもなるのです。

同棲に向いている部屋の数は何部屋?

ワンルーム、1K、1DKの部屋は同棲には向いていません。理由は自分だけの部屋がないからです。好きだからいつも一緒に居たい気持ちも理解できますが、1人になりたい時も絶対に出てきます。友達と長電話したり、喧嘩をしてしまって顔も見たくない時もあります。彼氏に合わせてばかりで、自分の好きなことややりたいことを我慢していると同棲は長くは続きません。

部屋を探す時は、2K、2DK、2LDKの家を探すようにしましょう。私も同棲をしていましたが、2LDKの部屋にしました。リビングとキッチンが一緒の部屋が嫌だったからです。そしてやっぱりプライベートの部屋が欲しかったからです。いくら好きでも喧嘩することもあります。プライベートをしっかり確保することで、同棲は長続きすると思います。

同棲前に決めておいた方がいいルール

同棲を始める前に決めておいた方がいいことがあります。それは「財布をわけること」です。結婚もしていないのに、すべてのお金の管理を彼女、もしくは彼氏がすると問題が起きやすくなります。そして不満が募ります。爆発しないためにもお金はわけておくことをオススメします。生活費がお互いに出し合い、個人の買い物は自分のお財布から出すことです。はじめにきちんと話し合いをしておくことです。

家事は分担することです。細かく決めてしまうと、お互いが窮屈になってしまうので大きく分けることをオススメします。時間に余裕がある人が「私がする」「この間代わってくれたので次は私がする」というような形にしましょう。そして大切なことが相手の家事の方法に絶対に文句を言わないことが大切です。