注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

パンプスの中でストッキングがすべる原因と対処法~不快を解消

パンプスを履くときにはストッキングやタイツを履くという場合が多いと思います。

しかし、ストッキングでパンプスを履くと靴の中で足がすべるということはありませんか?

普通に歩くのも歩きにくいですし、階段なんかはとても上りにくいですよね。

そして、足がすべると靴のかかとがパカパカとして見た目もカッコ悪くなります。

パンプスの中で足が滑る原因や、対処法についてご紹介します。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

イヤリングの片耳だけなくす女性は多かった!活用方法を紹介

イヤリングはピアスと違って外れやすい場合があるので、気がついたら片方なくなっていたという悲しい経験は...

マスカラ下地の効果が凄かった!ボリュームまつ毛の作り方

マスカラのベースに使うマスカラの下地をご存知ですか? マスカラを使っている方は多いと思いますが、こ...

BBクリームとリキッドファンデを重ねるメリットとは

BBクリームやリキッドファンデなど、毛穴といった肌の悩みをカバーしてくれる化粧品がありますが、どちら...

下地とパウダーだけでキレイが作れるポイントと仕上げるコツ

メイクをするときには、化粧下地の上にファンデーションをのせるという人が多いかもしれません。 し...

校則が厳しいけどおしゃれをする!髪型やメイクについて

校則ってキビシイですよね! だから、校則なんだけど、ポイントメイクや束ねただけの髪型で、学校に行く...

黒染めとファッションカラーの違いは?美容院がオススメの理由

皆さん黒染めとファッションカラーの違いを知っていますか?髪を黒くしたいときには黒染めが手軽だと感じて...

女子のネックレスの長さは色々あります!体型やシーンにあわせて

女子ならではの首元のオシャレアイテム、ネックレスには様々な長さや呼び方があるのを知っていますか? ...

グレー?それともキャメル?コートの色で迷ったら

コートが恋しくなる冬。店頭には様々な色のコートが並んでおり、何を選んでいいのか色選びに迷ってしまいま...

太ももが太いとお悩みの方へ!着やせコーディネートレッスン

女性に体型コンプレックスをたずねたら、必ず上位にくる「太ももが太い」というお悩み。 下半身にボリュ...

80キロの女性の体型とは?成功するダイエットのヒント

80キロの体型。どうにかしたいけれど、どんなダイエットをしたらいいのでしょうか? 女性の場合は...

おしゃれな服の合わせ方!レディースファッションについて

着る服の合わせ方に毎朝頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?着たい服はあるけどどうやって合わ...

爪が小さい人でもジェルネイルは工夫次第で楽しめる!

おしゃれなジェルネイルを楽しみたいけど爪が小さい、短いとコンプレックスを抱く女性もいることでしょう。...

服が好きな人の心理!おしゃれがもたらす効果と買いすぎる理由

おしゃれが好きで服をたくさん持っている人もいますよね。流行に敏感でいつも流行りの洋服を着ていたり、自...

背が高い女性の洋服選び!高身長に似合うファッションとは

最近は背の高い女性も増えてきましたよね。 背が高い女性の洋服選びは、どのような点に気をつければ良い...

肩くらいの長さの髪型がおすすめ!40代に似合う髪型

40代になると、どんな髪型にしたらいいのか迷ってしまう人が多いようです。髪質を考えると、短くしてしま...

スポンサーリンク

ストッキングを履くとパンプスがすべる….。足にぴったり合ったサイズを

パンプスに靴下!とってもおしゃれな人は履きこなしますが、大抵の方はパンプスにストッキングを着用されているのではないでしょうか。

そんな時に気になるのが足のすべり、歩いているとどんどんと前のほうに足が詰まっていきます。

しかしこれは、ストッキングのせいではなくパンプスのサイズが原因で起こっている場合があるんです。

もしかして自分に合ったサイズが売り切れだったけど、デザインがとっても気に入ったからといってワンサイズ大きなパンプスを購入しませんでしたか?

またいつもと同じサイズでも、靴のつくりによっては少しゆとりがある場合もありますよね。

自分の足のサイズよりも大きなパンプスを履くと、どうしても足が前のめりに滑ってしまうんです。

足がすべる事が気になる場合は、まずは自分の足のサイズにあったパンプスを選ぶこと!これが大前提です。

そしてかかとが高すぎるパンプスも足がすべる原因のひとつになりますので、足が滑って痛みが出る場合などは、少しかかとの低いものを選んでみてください。

パンプスの中でストッキングがすべる不快なズレの対処法

パンプスの中でなるべく足が滑らない靴の選び方をご紹介しましたが、今ある靴はどうしたらよいのか?もう履けなくなってしまうのはイヤですよね。そこで対処方法をご紹介します。

まずはストッキングにパンプスを履くと、足が滑ってしまうのは靴の大きさの問題がありました。それを解消するには、靴のサイズを自分の足とピッタリにしてしまいましょう。

そのために使うのが中敷!靴屋さんでも少し大きい靴を購入する際に、中敷を入れて調節をして見てはどうですか?と勧められます。

中敷を入れることで、靴と足との間にあった空間が少し埋まりますので、ストッキングをはいても足がパンプスの中で滑ることを防いでくれます。

次にシューズバンドを使用する方法です。シューズバンドって知っていますか?初めて耳にする方もいらっしゃるのではないでしょうか?

シューズバンドは靴のそこから足の甲にかけて使用するバンドです。シューズバンドをすることによって、足がパンプスの中で滑ることとを防いでくれたり、パカパカと脱げることも防止してくれます。

パンプスのデザインを邪魔しない、透明なもの、カワイイデザインのものと様々な種類が販売されていますので、靴に合わせて選んでみるといいですね。

これらの方法ならストッキングをはいていても、パンプスの中での足すべりを解消する事が出来ますね。

ストッキングですべるパンプスに耐震マットを貼る方法

靴擦れ防止用のジェルマットが販売されているのをご存知ですか?靴擦れは元々足が靴の中で動いてしまうことで、足と靴がすれて皮が剥けてしまいますよね。なので靴擦れ防止グッズを使えば、ストキングを履いていてもすべりを防ぐことができるんです。

もちろん販売されている専用のジェルマットを使用してもいいですが、お家にもし耐震用のジェルマットがあるのなら、そちらを利用して構いません。

使い方は取っても簡単!パンプスのかかとの手前底部分に耐震マットを貼り付けます。靴擦れ防止ではなく、滑り止めのために使用するので底部分に貼り付けてください。

これで足がつま先部分へ向かってすべる事が軽減されます。耐震マットは色がついているものを思い浮かべる方も多いと思いますが、透明なものも販売されていますので、靴を脱いだ時に目立つのでは?と心配な方はそちらを選ぶと良いですね。

パンプスを履くと気になるムレの問題

ストッキングとパンプスの組み合わせ、すべり以外にもムレ問題が気になります。また汗をかきすぎると、その汗がパンプスの中で足を滑らせる原因になっている事もあります。

一日中パンプスを履いているという方は、足を休ませるパンプスを履かない時間を作ることをオススメします。

オフィス内では足がムレない靴に履き替える、そんな工夫が出来れば足を休ませることも出来ますし、随分とムレも軽減できますよ。

それが無理ならばオフィスの机に座っている間だけでも、パンプスを脱ぐという方法を試してみてください。短時間だってムレをなくする事が出来るのは嬉しいですよね。

もし外回りが業務の中心でパンプスを脱ぐ事が出来ないという方なら、足用の制汗剤を使用したり、パンプスからはみ出さない小さな靴下を履くのもムレ防止に役立ちます。

小さな靴下は脱げて靴の中で邪魔になるのでは?と思ってしますが、靴下にもしっかりと滑り止めがついていて、脱げにくくなっているものがありますので心配後無用です!

一日の大半パンプスを履くという方なら、ムレを諦めずに上記の対策を試してみてください。きっとあなたの足にあった対策が見つかるはずです!

ストッキングの臭いが気になる…。ストッキングの臭い対策

足がムレてしまうと、気になるのは臭い!ムレと臭いは一緒にやってくる嫌な問題です。

このにおいの原因は雑菌の繁殖です。靴の中は適度な温度とムレてしまうことで湿気が発生しますよね。そして皮脂などの栄養の3つが揃って雑菌の繁殖を進めるのです。

雑菌の繁殖を抑えるためには殺菌をする事!家に帰ったら石鹸を使用して、まずは足をキレイに洗ってください。足だけは殺菌効果が強い石鹸を使うなどの工夫をするとさらに良いです。

また汚れが落ちにくい場所は丹念に洗う必要があります。特に指と指の間、つめに入り込んだ汚れもキチンと落として雑菌の繁殖を防いでください。

汚れを落ちやすくするためには、足をお湯につけて汚れを浮き上がらせることが重要です。なので、シャワーを利用する時も頭を洗っている間などを利用して、足を洗面器などに浸して汚れを落ちやすくしておきましょう。

そして洗顔をするときと同じように細かな泡を作って、皮膚の汚れに石鹸が入り込むようにします。汚れが気になる時には爪用のブラシなどを利用すると良いですよ。

ちなみに丁寧に足を洗っているのに、臭いが取れないという方は、角質が厚くなっていないか確認をしてみてください。

角質処理をしていないと、角質がどんどん厚くなりにおいもそこに溜まってしまうことがあるんです。かかとの角質チェックも重要なんです!