注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

おしゃれやダサいファッションをしている女性の特徴とは

ダサいよりも、やっぱりおしゃれなファッションの女性の方が魅力的だと感じますよね。おしゃれな女性が心がけていることとはどんなことなのでしょうか?

また、ダサい女性に共通する部分とは?

一方で、おしゃれ過ぎるファッションは男性に理解されず、少しダサいくらいの方が良いなんていう意見もあります。

おしゃれ・ダサいファッションの特徴について調べてみました!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

高身長でもヒールは高さがあるのがオススメな理由と選び方

高身長の女性の場合、ヒールのある靴を履くのことを控えたり、ヒールの高さを気にする傾向がありますよね。...

化粧下地の塗り方の基本を紹介!洗顔から仕上がりまでの手順

毎日のメイクの時に化粧下地を使っていますか? 化粧下地には、ファンデーションの持ちを良くしてくれた...

イヤリングの片耳だけなくす女性は多かった!活用方法を紹介

イヤリングはピアスと違って外れやすい場合があるので、気がついたら片方なくなっていたという悲しい経験は...

黒髪で色白な人に似合うメイクを大特集!変身してみよう

黒髪にする女性が増えていますが、色白な人が黒髪にしようとするとどんなメイクをすればいいのか悩んでしま...

爪が小さい人でもジェルネイルは工夫次第で楽しめる!

おしゃれなジェルネイルを楽しみたいけど爪が小さい、短いとコンプレックスを抱く女性もいることでしょう。...

BBクリームとリキッドファンデを重ねるメリットとは

BBクリームやリキッドファンデなど、毛穴といった肌の悩みをカバーしてくれる化粧品がありますが、どちら...

校則が厳しいけどおしゃれをする!髪型やメイクについて

校則ってキビシイですよね! だから、校則なんだけど、ポイントメイクや束ねただけの髪型で、学校に行く...

マスカラ下地の効果が凄かった!ボリュームまつ毛の作り方

マスカラのベースに使うマスカラの下地をご存知ですか? マスカラを使っている方は多いと思いますが、こ...

薄着する女性について。隠されたその心理とは

薄着の女性っていますよね? 季節を問わず、薄着かつ露出度が高い洋服を着る女性の心理について考えてみ...

女性の肩幅が狭いお悩みにはこのファッションコーデがおすすめ

女性の肩幅が狭いのは、男子が守りたくなるような可愛らしいイメージですが実際はコンプレックスの人も多い...

下地とパウダーだけでキレイが作れるポイントと仕上げるコツ

メイクをするときには、化粧下地の上にファンデーションをのせるという人が多いかもしれません。 し...

メガネVSコンタクト!女子はどっちの方がモテるのか徹底調査!

メガネが似合う女子がモテると言われていますが、本当にそうなのか気になるところですよね。 確かに...

太ももが太い私!どんなファッションならすっきり着こなせるのか

全身の印象は太っていないのに、太ももが太い、上半身は華奢なのに太ももは太いと言ったように、太もものサ...

タイツに靴下?それとも靴下にパンプス?組み合わせのコツ

タイツにパンプスを合わせるのではなく、靴下にパンプスを合わせるコーデも流行っていますよね。 ま...

化粧の基本ファンデーションのやり方やコツをタイプ別でご紹介

化粧のベースとなるファンデーション。 ファンデーションにも種類があり、リキッドファンデーションやパ...

スポンサーリンク

おしゃれとは程遠い!ダサい感じる女性の特徴

女性のファッションにも、おしゃれな女性とダサい女性っていますよね。

では、ダサいと思われる女性の特徴とはどんなところなのでしょうか?

例えば、トップスとボトムスのバランスが悪いとやはりダサいと思われてしまうでしょう。

どんなに流行りのアイテムを取り入れたとしても、バランスが悪かったり、流行りのバランスになっていないとダサく見えてしまいますよ。

また、あまりに奇抜な色や個性的な色使いをしていると、ちぐはぐ過ぎてダサいと評価されてしまうでしょう。

柄物を選ぶときにも、要注意です。

昔に流行った柄や流行りとはずれた柄を選んでしまうと、ダサいと評価されますので、気をつけましょう。

それから、季節感のない服装だったり、着古した感がすごい服を着ていると、どうしちゃったんだろとダサいと思われてしまいますよ。

他にも、場をわきまえていない、TPOを間違っている服装もダサいと思われやすいので、気をつけてくださいね。

おしゃれな女性になるには?こんな服の選び方をしているとダサいファッションな印象に

では、おしゃれな女性になるには、どうしたらいいのでしょうか?

もしかして、こんな服の選び方はしてませんか?

例えば、つい自分が好みだからと服を選んでいませんか?

でも、実際に着てみると自分に合っていなかったり、持っている服と合わせにくい、なんてこともありますよね。

それから、つい無難に着やすいようにと、シンプルなデザインの服ばかりを選んではいないでしょうか?

もちろん、組み合わせには困らないかもしれませんが、いつも同じような印象になりがちです。

たまには、少し冒険を加えてみるのもいいですよ。

また、年齢が進むとどうしても気になるのが体型のくずれです。

この体型のくずれをカバーするために、つい大きめのサイズばかり選んでいませんか?

しかし、自分の体型に合っていないサイズを着ていると、余計に老けてみえてしまいますよ。

なので、おしゃれな女性になるためには、このような服の選び方に気をつけましょう!

おしゃれよりも、ダサい女性の方がモテる?その理由とは

女性は、やはりおしゃれな女性に憧れますよね。

でも、実は男性にはおしゃれな女性よりも、少しダサい女性の方がモテるってご存知でしたか?

例えば、流行りのブランドものをすぐに取り入れるような女性っていますよね。

おしゃれな人は流行に敏感です。

しかし、男性からすると、ブランド物が好きな女性はお金がかかりそうと思われるようです。

もちろん、ブランド物でなくても、自分らしくセンスよく着こなす女性も多いです。

また、少しダサい女性は、おしゃれな女性よりもちょっとずれてるところにギャップを感じるそうです。

そんなギャップを可愛らしく感じる男性も多いのです。

それから、自分もファッションにあまり興味がない男性にとっては、少しダサい女性の方が付き合いやすいそうです。

彼女にあまりにおしゃれにバッチリ決められても、疲れてしまうという意見もあるみたいですよ。

おしゃれな女性がファッションで心がけていることとは?

では、おしゃれな女性がファッションで心がけていることとはどんなことでしょうか?

まず、おしゃれな女性というのは、常に清潔感に気をつけています。

もしも、高級なブラウスやコートを持っていたとしても、それをお手入れしないままでは、どこか違った印象が残ってしまうかもしれません。

なので、清潔感を少し気をつけるだけでも、オシャレ感はでるんです。

気をつけましょう!

それから、おしゃれな女性というのは、小物にこそこだわりをもちます。

小物とは、その日のコーディネートのアクセントにもなり、そのおかげでさらにファッションが引き立ちます。

なので、靴とバッグなどの小物をスパイスとして取り入れましょう。

また、おしゃれな女性は、ファッションに合わせたヘアスタイルをします。

例えば、襟付きのブラウスのときは髪をアップにしたり、首が大きくあいた服のときは髪をおろしたりして、その日のファッションのバランスにヘアスタイルを合わせているのです。

これこそ、おしゃれのポイントですよね。

ぜひ参考にしてみてくださいね。

おしゃれすぎるのもNG!少しダサいくらいファッションの方が男性ウケがいい

女性の間では流行っていても、男性からすると理解できないファッションがありますよね。

どこが可愛いのか理解に苦しむ、意味不明なアイテムが流行したりします。

そんなファッションに対しては、褒めたくても褒める言葉も出てきません。

どうしてこんな服装が流行っているのかと。

むしろ、男性は少しくらいダサい女性の方が好きなのです。

だから、もしあなたがハイセンスな持ち主だとしても、男性からはそれが理解されていないかもしれませんよ。

なので、もしも男性ウケを狙うのであれば、少しダサいくらいの服装で抜け感を作ってみましょう。

きっと可愛らしいと思われるでしょう。

ぜひ試してみてくださいね。