注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

黒染めとファッションカラーの違いは?美容院がオススメの理由

皆さん黒染めとファッションカラーの違いを知っていますか?髪を黒くしたいときには黒染めが手軽だと感じている方も多いと思いますが、少し注意が必要です!

また美容室で行うか?自分で行うかについても迷うところですよね!どちらで行うのがいいのか?そのメリットについてもご紹介いたします。

髪を黒くしたいというアナタ!ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

和装の髪飾りはやっぱり生花が素敵!生花のヘッドドレスについて

和装の髪飾りに生花を選ぶ方は少なくないのではないでしょうか。やっぱり生花は着物の柄にまけない豪華さが...

試供品の化粧品には使用期限があります!期間と使い方を紹介

化粧品の試供品をつい貰って、そのまま使わずに溜まっていることがありますよね。 いつ貰った試供品だろ...

黒髪で色白な人に似合うメイクを大特集!変身してみよう

黒髪にする女性が増えていますが、色白な人が黒髪にしようとするとどんなメイクをすればいいのか悩んでしま...

おしゃれな服の合わせ方!レディースファッションについて

着る服の合わせ方に毎朝頭を悩ませている人も多いのではないでしょうか?着たい服はあるけどどうやって合わ...

背が高い女性の洋服選び!高身長に似合うファッションとは

最近は背の高い女性も増えてきましたよね。 背が高い女性の洋服選びは、どのような点に気をつければ良い...

足が太い人のスカート選び!スッキリ見せてスタイルアップ

女性の体型の悩みで、足が太いというお悩みは多くの方が抱えていると思います。 足が太いからとスカート...

雨の日でも前髪は崩れない!そんな最強の方法を教えます

雨の日は、せっかくセットした前髪もぺた~となってしまいますよね。しかも梅雨の時期だと毎日のように雨が...

下地とパウダーだけでキレイが作れるポイントと仕上げるコツ

メイクをするときには、化粧下地の上にファンデーションをのせるという人が多いかもしれません。 し...

女子のネックレスの長さは色々あります!体型やシーンにあわせて

女子ならではの首元のオシャレアイテム、ネックレスには様々な長さや呼び方があるのを知っていますか? ...

太ももが太いとお悩みの方へ!着やせコーディネートレッスン

女性に体型コンプレックスをたずねたら、必ず上位にくる「太ももが太い」というお悩み。 下半身にボリュ...

高身長でもヒールは高さがあるのがオススメな理由と選び方

高身長の女性の場合、ヒールのある靴を履くのことを控えたり、ヒールの高さを気にする傾向がありますよね。...

bbクリームの基本的な使い方とカバー方法~時短で美肌メイク

忙しい女性におすすめなのがbbクリームです。 最近では、時短コスメとしても人気が定着してきまし...

80キロの女性の体型とは?成功するダイエットのヒント

80キロの体型。どうにかしたいけれど、どんなダイエットをしたらいいのでしょうか? 女性の場合は...

クマを消す方法がある!メイクで目元スッキリ美人に!

昨夜眠れなかった、仕事が忙しい、疲れている。そんな時に鏡をみると目の下にくっきりとしたクマが! ...

薄着する女性について。隠されたその心理とは

薄着の女性っていますよね? 季節を問わず、薄着かつ露出度が高い洋服を着る女性の心理について考えてみ...

スポンサーリンク

黒染めとカラーの違い?まずは黒染めについて

黒染めはファッションカラーと違って、ブリーチしないで黒く染めるものになります。

そのため、人工的な黒色が髪の芯まで入りますので、仕上がりが真っ黒になってしまう事がほとんどです。
自然な黒色の色合いではない事を認識しておいてください。

ファッションカラーの場合は仕上がりに合わせて、色味や品質を選ぶ事ができるので、暗い髪色でもイメージ通りの仕上がりにする事ができます。

黒染めよりも料金は高くなってしまいますが、失敗するリスクは少ないでしょう。

そして、黒染めした後にはファッションカラーの色は入りづらくなってしまい、もしカラーリングをしてもまばらに染まったり染まりにくくなるので、注意が必要でしょう。

髪への影響としては、黒染めはブリーチをしないので、その分ダメージは軽減する事がいえます。

黒染めとカラーには違いがある!ファッションカラーとは?

先ほども述べたように、黒染めはブリーチをせず、ファッションカラーはブリーチをしてから髪に色を入れていきます。

髪色を定期的に変えたい場合には、ファッションカラーで髪の毛を染める事をお勧めします。

暗い髪色を明るくしたい、今流行りの色味に染めたいと言う場合は黒染めした後では難しいので注意しましょう。

ダーク系の色合いでも、自分のイメージにあわせたい色に近づける事ができます。

ちなみに白髪染めもファッションカラーと同じになります。

髪への影響ですが、やはりいちどブリーチしてから髪の毛に色を入れますので、どうしても痛みやすくはなってしまいます。

髪を染めた後はしっかりトリートメントをして髪の毛の栄養を補ってあげるなどの工夫が必要でしょう。

黒染めとカラー、黒染めをするなら美容室がいい?その違いは?

美容院でしてもらうプロの黒染めは、ダメージが少ない上に、もしも茶色に戻したいと思ったときに、サラッと茶色に戻せるように出来るようにします。

黒染めは綺麗な黒に染めるというよりも、はがす事を視野に入れた黒染めを行うことのほうが大切なのです。

もちろん黒染めした後にカラーを入れるのは難しくなってしまいますが、自宅で市販の薬剤を使って黒染めを行うよりは良いでしょう。

市販の薬剤で雑に髪染めをしてしまうと、後々茶色に戻したいというときにほぼほぼ不可能に近くなってしまうのです。

ずっと黒髪のままでよいと言うのであれば否定はしませんが、もし軽いノリで黒染めを行うようでしたら辞めた方が良いでしょう。

イメージにまったく合わない仕上がりになってしまっても、直すことすら不可能になってしまうので、本当に悲しい思いをしてしまうでしょう。

市販の黒染めを使用するときの注意点

もし自宅で市販の薬剤を使って黒染めをする場合は、以下の注意点を頭に入れておきましょう。

  • 髪を明るくすると赤みが強く出てくる
    黒染め用の市販の薬剤は、誰でも簡単に黒くする事ができるようになっています。

そのため、「青」「赤」「黄」の色素がたくさん含まれているのです。
しかし、時間が経つにつれ「青」色が抜けていき、結果髪色は赤色になっていきます。

  • 髪みが痛む
    黒染め用の市販の薬剤は誰でも簡単に黒くする事ができるため、その分薬剤のパワーもかなり強いものがいいです。

黒染めだとダメージが分かりにくくみえますが、実は髪の毛が強く痛んでしまっているのです。

  • 髪を明るくするのが難しくなる
    自分で黒染めをした後は、次に髪の毛を染める時にとても苦労してきます。

素人が髪の毛を染めると、均等に薬剤を塗るのは難しくついついムラが出来てしまうのです。

そのため、そのムラが次カラーリングをする際にかなりの影響を与えるので、綺麗に染めることが難しくなってきてしまいます。

髪色を黒くする方法は、まだ他にもあります

髪の毛を黒くする方法としては以下のようなものもあります。

  • カラースプレー
    単発で髪の毛を黒く染めたいときはカラースプレーで髪の毛を黒くする事ができます。
    あくまで一時的なものなので、髪色は洗うと落ちるように出来ているものがほとんどでしょう。
    染まり具合もムラが出来てしまうので慣れないと難しいです。

そして、スプレーする際には回りに色が飛び散らないように注意するようにしましょう。
黒く染めた後でも、スプレーの色は色移りしやすいですから、首周りや襟元に黒い色がついてしまわないように気をつけましょう。

  • ヘアマニキュア
    ヘアマニキュアはブリーチしないで、髪の表面に色をつけるものです。
    そのため、髪の毛に大きなダメージを与えないのが特徴です。

髪の毛を傷むことなく自然な髪色に出来るのが利点ですが、シャンプーするたびに色落ちして長続きしないという特徴もあります。

そしてさらに髪の毛が痛んでいると色が染まりずらく、色落ちしやすくなってしまうようです。

自分の髪の毛の傷み具合が気になるようでしたら、美容室でトリートメントをしてもらうのも良いでしょう。