注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

先生の服装〔女性編〕日常から修学旅行時などの服装ポイント

春から先生として教壇に立つ人はたくさんいますが、意外と悩んでしまうのが、学校に行く時どんな服装で行くべきなのかということ。

特に小学校の先生ともなるとジャージの印象が強いですが、女性ならファッションも楽しみたいのが本音です。

先生の服装で女性の場合は普段どんな服装が多いのでしょうか。

修学旅行時や卒業式の服装ポイントもご紹介します!

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

プロ野球選手を引退!不安が拭えないその後の人生

プロ野球選手になれる確率は、どのくらいだか知っていますか? 一説では0.03%の確率とも言われてい...

夫婦のベッドは別々が常識?質の良い睡眠をとろう

夫婦はベッドが別々のほうが上手くいく?年齢とともにベッドが別々になってくる夫婦が多いようです。 ...

合宿がある部活が辛いと感じる前に経験は宝物!乗り切る方法も

体育会系でも文化系でも部活をやっていると、合宿がありますね。 そんな部活の合宿は、辛いと感じて...

女性公務員の服装は基本的には自由!ただし注意点があります

女性公務員としてこれから働く時、どんな服装にすべきかでまず悩みます。 最初はスーツを着ていくべきか...

講習会の服装は夏の時期何を着ていくべきなのか

講習会に参加する場合、「服装は自由です」と言われることがあります。 自由だからといって普段着で行こ...

免許の取得日の調べ方を資格免許から運転免許まで詳しく解説!

免許の取得日がわからず、調べ方について困っていませんか? 履歴書に免許の資格取得日を記入しなくては...

就活にネクタイピンは必要?就活でつける場合のポイントと注意点

男性が就活をしている時、ネクタイピンは必要なのか悩むこともありますよね。就活で有利になるのであればネ...

解散するバンドの主な理由とは?解散するにはワケがある!

好きなバンドが解散してしまうのはとても悲しいものです。 そもそも一緒に音楽をやっていこうと頑張...

スカートを履かない女性の心理や性格、デートの時の本音とは

スカートを履かない女性の心理を知りたくありませんか? 職場で気になる女性がスカートを履かないでいつ...

絹と木綿のどちらが麻婆豆腐に向いている?その違いについて

麻婆豆腐を作ろうとレシピを検索してみると豆腐の種類がそのレシピによって「絹」だったり「木綿」だったり...

カジュアルなスタイルで会社へ通勤するときの服装について

会社によっては、ドレスコードや服装規定がなくカジュアルな服装での出勤が許されているところもありますね...

イギリスの文化・歴史を徹底調査!国名の由来について

紳士的な国といったイメージが強い「イギリス」。イギリスにはどんな文化や歴史があるのか、なんだか興味を...

就活の第一志望に落ちたら何をしたらいい?対処方法について

就活で第一志望に落ちたらいったい何を目指せばいいのでしょうか?誰もが第一志望に受かるわけではありませ...

学会の服装、冬に参加する場合の注意点とポイントを解説!

学会に参加すると決まったら、次に考えるのは「服装」のことではないでしょうか? スーツが無難だと...

スポンサーリンク

先生の服装で女性の場合はどんな服装が多いの?

先生と言っても小学校と高校では先生の服装は少し違ってきます。それでも基本的には華美な格好はせずに、動きやすく真面目で堅実な印象を与えるコンサバな服装をする先生が多いです。

アイテムで言えば、シャツやブラウス、カーディガン、アンサンブル、セーター、チノパン、丈が短すぎず長すぎないスカートです。色は着回ししやすい定番カラーで、柄物を選ぶ場合は大柄ではなく小さい柄で控えめな印象のデザインを選びましょう。

ただし、学校ごとに先生の服装の規定や暗黙のルールがある場合もあります。例えば、女性の先生でもスカートを禁止している場合や自分的には控えめにしたつもりでも先輩の先生からするとふさわしくない服装と思われてしまうこともあります。学校の他の先生の格好を見て判断するようにするのが確実でしょう。

先生は毎日私服で過ごすことになりますが、「仕事用」と区別して手持ちのアイテムを制服化してしまえば、毎日のコーディネートにも困りません。

小学校の女性の先生の理想的な服装は?

小学校の先生の場合は、小学生の予想外の行動にも対応出来る動きやすい服装をする事がポイントになります。小学校では体を使う動きも多く、休み時間に生徒と一緒に遊んだり、危ない事をしている生徒を制止することもありますので、動きやすさを重視しましょう。

また、自分では気を付けていても生徒に絵具や泥の付いて汚れた手で触られることもあるので、汚れても惜しくない服を揃えましょう。

動きやすさと汚れても良い服装となると、ジャージをイメージしてしまいますが、小学校のうちは何かと保護者と顔を合わせる機会が多いので、きちんと感や清潔感にも意識することも大切です。「どうせまたすぐ汚れるし」と汚れが付いたままの服を着ていると保護者からの信頼に影響しかねません。汚れても惜しくないプチプラなショップで動きやすく、ある程度きちんと感のある服を選ぶのがおすすめです。

先生の服装は女性と男性とでは違いがあるの?

男性の先生は、大体チノパンとポロシャツかワイシャツ、セーター、ジャケットのきちんと系かジャージの2タイプに分かれます。体育の先生や小学校の先生などは一日中ジャージということも珍しくありません。

女性の先生は、チノパンかスカート、ブラウス、カーディガン、ジャケットのきちんと派が多く、一日ジャージで過ごす先生は少なめです。小学校の先生の場合は、女性でも一日ジャージで過ごす先生もいますが、中学、高校になると担当教科があるため、一日ジャージで過ごす先生は体育の先生位になってきます。

男女ともに、ジャケットなどの羽織物として上だけジャージを羽織っている先生も結構います。ジャケットは他のトップスに比べると手入れが大変なので、汚れやすい小学校の先生などはジャケットの代わりにジャージの上を羽織っているようです。

女性の先生の服装で注意したい修学旅行、NGな服装とは?

修学旅行はいつもと違う場所に行くためいつもより少しだけおしゃれしたいと思う人もいるでしょう。若い教員なら尚更まだ普段からおしゃれしたいと思っていると思います。修学旅行は非日常のため、いつもの学校では履かないヒールやアクセサリー、学校では着ないおしゃれな私服で行きたくなる気持ちも分かります。多少はいつもよりおしゃれすることは構わないでしょう。

しかし、「先生」という立場を忘れてはいけません。例えば、短いスカートや胸元が開いた服が好みで、休日はそういう服を着ている場合、修学旅行なら少し位と思ってしまいますが修学旅行であっても露出の多い服はNGです。

特に中学校や高校の先生の場合は、多感な年ごろの男子生徒の視線が集まってしまう可能性があります。先生は生徒の服装を注意することもありますが、先生が油断すると女子生徒の服装を注意しても説得力がなくなり、示しがつかなくなります。

先生にとって修学旅行は、あくまでも仕事です。非日常で浮かれた生徒を見張っていなければいけません。怪我や体調不良、はぐれる生徒など不測の事態にも対応しなければいけませんので、動きやすさも求められます。ヒールの高い靴や歩きにくい靴、派手なアクセサリーも控えましょう。

卒業式の時に着る女性の先生の服装は?

卒業式に着る服装はフォーマルです。ちなみに、フォーマルには格がありますが、校長、教頭、卒業生の担任、その他の先生の順になっています。

卒業生の担任の場合は、袴かフォーマルなスーツです。袴を選ぶ場合は、独身であっても着物の袖の長さが短い小袖を着ましょう。派手ではない色で無地や小さい柄の着物と落ち着いた色の袴を組み合わせるのがおすすめです。派手な振袖と袴だと大学の卒業式のようになってしまうので注意しましょう。

スーツというとビジネススーツをイメージしてしまいますが、卒業式はおめでたい席なので華やかなセレモニースーツがおすすめです。イメージするなら、小学校の入学式で保護者が着ていそうな感じのものです。ベージュやネイビー、ブラックなど落ち着いた色味で、コサージュやパールのネックレスで華やかさを出しましょう。

卒業式の主役は生徒です。生徒よりも目立たず、しかし華やかさは忘れないようにします。