注目キーワード
  1. キレイ
  2. スポーツ
  3. 生活
  4. 恋愛
  5. 仕事

春デニムは薄い色で決まり!そのコーデ術とは

デニムと一言でいっても、その形や色は様々。

中でも薄い色のデニムは人気がありますが、薄い色なだけにどんなコーディネートにしたらいいのか迷ってしまうものです。

そこで今回は、薄い色のデニムコーデ術についてご紹介します!

あなたが今持っている薄い色のデニムも、このコーデ術を参考にすればおしゃれに決まります!参考にしてみては?

スポンサーリンク

関連のおすすめ記事

女性がタトゥーを入れる理由は?タトゥーを入れる理由を調査!

自分の体にタトゥーを入れている女性もいますよね。タトゥーを入れていない人からしてみれば、どうして自分...

世界のカードが示す未来の恋愛!タロットの意味と恋愛アドバイス

自分の恋愛を占うとき、タロットカードで占いという人もいますよね。タロット占いで世界のカードが出たとき...

ペアリングは割り勘で買う?社会人カップルの指輪の買い方

お付き合いをしている彼氏とお揃いのペアリングをしたいと考えている女性もいるのではないでしょうか。 ...

スポンサーリンク

デニムは薄い色が狙い目?そのコーデ術とは

冬には濃紺のデニムをよく履きますが春になると爽やかな色合いの薄い色のデニムを履く機会が増えますよね。
薄い色のデニムは上手に着こなせばおしゃれになりますが、一歩間違うととても野暮ったくなってしまうので着こなしにはコツがいるんです。

まずはどのようなタイプのものがあるのかをご紹介します。

ダメージジーンズで春コーデ

冬にダメージは似合わないですが、春頃からはダメージジーンズも大活躍の季節となります。ダメージジーンズの場合、これだけでインパクトがあるのでそのほかのトップスなどはとにかくシンプルな無地のTシャツなどを合わせるのがお勧めです。

スキニーはコーデの幅が広がる

お勧めですっかりと定番化してきたのがスキニーデニムです。デニムで太目のタイプのものを選ぶとどうしてもカジュアルになり過ぎてしまいますが、スキニーの場合は綺麗目で女性らしく着ることが出来てとてもコーディネートの幅が広がるアイテムだと思います。

デニムは薄い色の方がコーデが決まる!おしゃれに見せるテクニックとは

薄い色のデニムと相性抜群なのが「白」です。

清潔感溢れる綺麗な着こなしをしたいのなら白いトップスと白いスニーカーを合わせてみると良いでしょう。

服自体がシンプルなのであとは小物で華やかさをプラス。アクセサリーやバッグでコーディネートにアクセントを加えてみると良いのではないでしょうか。

また薄い色のデニムはカジュアルになりすぎる傾向があるため、あえてカジュアルにならない様に大人っぽい着こなしをするとおしゃれに見えます。

合わせるトップスもブラウスやシャツ、足元もスニーカーではなく綺麗目のサンダルやパンプスを合わせる事で同じデニムでもまったく違う着こなしが出来ると思います。

また薄い色同士を合わせるのではなく濃淡をつけるために合えて濃い色と着るという方法もあります。

濃い色の割合を少なめにしつつ取り入れてみるとバランスよくコーデが決まるのではないでしょうか。

おしゃれに自信がない人は薄い色よりも濃い色のデニムの方がコーデしやすい

薄い色のデニムはおしゃれに着こなすのが難しかったりもします。何をどうあわせたら良いのかに悩む人は濃い色のデニムを着てみてはいかがでしょうか。

濃い色のデニムと言えば、濃紺または黒ですよね。出来れば濃紺の方がデニムらしくて良いです。

おしゃれな人はコーディネートには「ドレス7・カジュアル3」と言ったバランスを意識して取り入れていると言います。

ファッションでドレス的なアイテムと言えばジャケットやシャツなどのきれいめのアイテムです。カジュアルと言えばトレーナーやデニム、スニーカーなどではないでしょうか。
ここに薄い色のデニムを着るとカジュアル度がぐっとましてしまうため、カジュアル度を下げてくれる効果のある濃紺のデニムを着たほうがおしゃれに決まる確立が高いのです。薄い色のデニムに挑戦する前に、まずは濃紺のデニムで上手な着こなし方法を習得していきましょう。

どんなコーデにも対応するデニム、自分に合ったデニムを選ぶには?

自分に合ったデニムを探すなら自分の体型をよく理解しておく事も大事です。
どんなにその年に流行るアイテムであっても自分自身に似合わないのであれば取り入れる必要はありません。

稀に流行のアイテムで全身コーデをしているけれどひどいありさまな人を見かけますよね?無理に取り入れず自分に合う服を着こなすほうがずっとおしゃれです。

まず自分にあったデニムを探すときはレングスを確認しましょう。
レングスのサイズにより、全体の雰囲気はかなり変わるもの。

せっかく裾におしゃれな加工を施されているデニムや、色落ちの度合いがちょうど良いデニムがあったとしても自分の長さにカットしたらその良さが失われてしまいシルエットも変わってしまっているというパターンはよくあることです。

裾上げは自分の足の長さに合わせる事は出来るけれど全体的なシルエットを崩してしまうというデメリットがあるものなのです。

大人デニムコーデのポイント!

デニムを大人っぽく着こなしたいのなら、太めでだぼっとしたデザインのものは避けましょう。またどんな服でも長身の人が着るときまるけれど、身長の低い人が着るとおかしなことになるのはよくあることで、服には全体のバランスを見るという部分がとても大切になってくるのです。

大人っぽくデニムを着こなしたいのであればチュニックとは合わせない、トレーナーなどのカジュアルなものとは合わせないよう注意してアイテムを選ぶようにしていきましょう。

また選ぶデニムは「落ち着いた色合いのブルーでちょうど良い色落ち感」を重点に自分の体型に合うデニムを探すようにしていきましょう。

お勧めのコーデとしてはテーパードデニムパンツにネイビーのジャケットを合わせるコーデ。
または濃紺デニムにレースのブラウスを合わせるコーデ。

またコーディネイトで大切なのは服もそうですが小物もかなり重要な割合を占めるもの。
同じ服を着ても合わせる小物次第でがらりと雰囲気を変える事が出来ますから、クローゼットには服よりもバッグや靴、アクセサリーや帽子などの小物を充実させる事でコーデの幅が広がるものなのではないでしょうか。